スーちゃん、ありがとう!

元キャンディーズのスーちゃん(田中好子さん)が亡くなりました。

ショックです。
僕が初めて”アイドルと認識して”好きになったアイドルですから!
それ以前のアイドルは、仮面ライダーやウルトラマンと同じレベルです。

「年下の男の子」は強烈でした。
小学生だった僕は「年下の男の子=僕」と妄想しながら聴いたものです。
最終的にはお年玉などでシングルは全部買いました。

ドリフなどバラエティではコントにもたくさん挑戦して楽しませてくれました。
スーちゃんが一番元気だったように思います。
ちょっと前の記事でもご紹介しました。
 ⇒ハゲヅラ、いいんじゃない?

「やさしい悪魔」の黒い衣装にドキドキし、「暑中お見舞い申し上げます」の明るい青春に憧れてキュンキュンしていた、その絶頂期にあの日比谷野外音楽堂コンサートで「普通の女の子に戻りたい」宣言。
事務所の了承も得ずに解散宣言してしまうなんて・・・

でも、ファンは「裏切られた」とは思わず、「オリコンで一位を取ったことがないキャンディーズに一位を取らせたい!」と団結し、解散までの数ヶ月で人気がどんどん上がっていくのがわかりました。
そしてラストシングル「微笑がえし」が見事に一位獲得。
後楽園球場のお別れコンサートもTVで観て号泣しました。
当時、三重県に住んでいて、母に東京まで行きたいと懇願したのを覚えています。
その後半年くらいは「微笑がえし」を聴くと必ず涙が溢れていました。
これまでのシングルのタイトルが歌詞の中にたくさん出てくるところがニクかったです。


こうして振り返ると、やはり似てますね。
キャンディーズとPerfume。
キャンディーズとファンの姿と、Perfumeとファンの姿。
その絆。

昔から言われ続けている、今さらなことですが・・・
今日は、もう一度それを感じるのもいいかも知れません。

アミューズの大里会長がキャンディーズの元マネージャーだったことは有名ですが、やはり、Perfumeにもその血が受け継がれているように思えてなりません。


僕をアイドルの世界に引き込んだ張本人キャンディーズ。
その中でも一番好きだったスーちゃんの死によって、僕の中でひとつの時代が終りました。
でも、不思議と悲しくないのは、Perfumeの中にキャンディーズの遺伝子を見ているからかもしれません。


スーちゃん・・・
僕はあなたから生き甲斐をもらいました。
心より感謝しています。
僕はこれからもアイドルファンとして、この文化の一端を担っていきます。
どうか、安らかにお眠りください。

ありがとうございました!



微笑がえし ファイナル
「皆さんが一位にしてくださった曲、微笑がえし、心をこめて歌います!」



can.jpg
ミキ・ラン・スー




※ 寝オチと戦いながら必死に書きましたが、とりとめなくてすみませんm(_ _)m


ヤンソン世代

ムーミン世代と言う意味ではありません(笑)※ムーミンの作者はヤンソン
明星の付録「YOUNG SONG」のことです。
懐かしく思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?
僕はこの雑誌にずいぶんとお世話になりましたm(_ _)m


当時の明星はかなり幅広い歌手をフォローする月刊誌で、その付録のヤンソンが、小さいのになかなかの優れもので、僕はこのヤンソン欲しさに明星を買ってました。


どう優れものかというと・・・

・B5×130ページほどのボリュームに、話題の180曲くらいが掲載
全掲載曲がコード付き
40曲くらいは楽譜付き
人気曲はピアノアレンジスコア掲載
・アーティスト、アイドルの写真が満載
・国内外の新譜情報
・新人紹介
・特集が豊富
  話題のニューアルバム(全曲の歌詞がコード付きで掲載)
  ランキング、アワード、音楽祭の速報や解説
  アーティスト特集(節目のアーティストなどを特集)
  作詞作曲講座(素人の作品を公開添削し、優秀作はデビューの道も)
  楽器講座(アイドルがナビゲートする「キーボード料理法」なんていうのもありました^^)
・その他
  一時期、近田春夫の辛口な新曲寸評が掲載されていて面白かった
  ランキングに入っている間は何ヶ月も同じ曲が掲載された
  INDEXが歌手別と曲名別の両方があって検索しやすかった
  全掲載曲の下に、その歌手のファンレター送り先を掲載


すごいですね~。
この至れり尽くせりのボリュームで毎月発行されていたなんて!
しかも付録です(笑)


これ、うちに少し残っていて、今でも時々見ては、思わずキーボードで弾いたり、アーティストの若い写真に興奮したりして楽しんでいます^^


hyoshi.jpg 

ヤンソンの特集記事を書き出したら終われない(笑)ほど面白いので、時々記事にしたいと思いますが、 今回は近田春夫の辛口な新曲寸評を少しばかりご紹介します。
近田さん、主観的にもほどがある(笑)

(YOUNG SONG 明星1980年5月号付録 PERFECT NEW SONGより)

石川優子 『ラブ イズ ドリーム』
近田:今までの歌のなかでは、一番商業的な路線ですな。 まず感じたことは「オッ、太田裕美!」


因幡晃 『潮流(さだめ)』
近田:さだめって読むんでしょ? この手のに若い女はよわいのよ、商売がうまいねエ。


長渕剛 『春待気流』
近田:聴く前から、長渕剛なんていうと私は、キライ!そんな感じですが・・・


杏里 『風のジェラシー』
近田:この子はですねエ、すごーくイイカラダしてるのネ。 おしりなんて、たまんないっすよ。


谷山浩子 『カントリー・ガール』
近田:谷山浩子って病弱そうな人でしょ。 男にもてそうもないタイプの女の子だよね。


お、面白すぎる!(*´艸`)




 

ちょっと浮気

もうね、この土日はてってーてきにミーハーでキモくなるぞ!って決めたんです。
時々そういう時、ありません?
明日への活力(笑)

で、ちょっと浮気。
このSCANDALのアー写、やっべ~。

scandal a

            みんなナチュラルで、とてもcuteです(*^_^*)



MJダンス部のかわいい後輩たちSCANDALは、今日のMJで6/2リリースの新曲『太陽と君が描くSTORY』がTV初披露ですよ~^^




 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】