社長の粋 ~世界のために~

採用試験の一次面接は惨敗だった。
発想もスキルも自信がある。
でも、面接だけはどうも苦手だ。
というより、そもそも人が苦手なのだ。

人ほどいい加減なものはない。
物事を気分で語り、声の大きな人が優位に立つ。
どんなに立派な事を言ってても、最終的には自分に甘い。
そんな理不尽で不確かなものは、信じるに値しないではないか。

今日の面接にしてもそうだ。
なぜ、私の気持ちを説明させる必要があるのだ。
そんな、いくらでもねつ造できることになぜ固執するのか。
上手に嘘をつく人を入社させたいとでも言うのか。
私は、この会社が欲しているものをいくつも持っている。
それで十分じゃないか!

藤田友美はエレベーターを降りると、受付嬢から顔を隠すようにしてエントランスを出た。
くやし涙を見られたくなかったからだ。
魅力的な会社だけど…もう来ることはないわね…

「藤田さん!」

門のところで突然名前を呼ばれてビクッとした。
声を掛けたのは守衛だった。
朝は気づかなかったが、向かい合うだけでドキドキするほどのイケメンだった。

「あ、驚かせちゃいました?朝ここに名前を書いてもらいましたから」
「え!?今日の受験者だけでも50人は記名してますよね?」
「ここを通った人の顔は、頑張って覚えるようにしているんです。
  だって、一度会ったらもう知り合いれすかや…」

ときどき噛むところがかわいい。

「はは…私は残念ながらもうこれっきりみたいです」
「本気で願えば、夢は叶うんですよ!」
「いい加減なことを言わないでください!これで失礼します!」

友美はそう叫ぶと門を飛びだし、慣れない革靴をカツカツいわせて黙々と歩いた。
50mほど歩いてから振り返ってみると、あの守衛はまだこちらに向かって敬礼をしていた。
イラッとして、つい声を荒げてしまった。

「もう、放っといてください!」

すると、守衛は爽やかな大きな声でこう答えた。

「必ずまたお会いしましょうね!」

仮面を割られたような感覚だった。
こらえていた涙が溢れてくる。
なんなの?あの人…
勇気が沸き起こってくるような、この不思議な感じはなに?
友美はそこから逃げるように走り出したが、もう遅かった。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】