九州新幹線CM、カンヌで金賞受賞!

嬉しいニュースが舞い込みました!
以下、YAHOO!ニュースからの転載です。


九州新幹線全線開業記念「JR九州/祝!九州キャンペーン」CMが、「カンヌ国際広告祭」のアウトドア部門にて金賞、メディア部門にて銀賞を受賞した。

(中略)

九州全土に新幹線が開通する一大プロジェクトのために制作された同CMは、東日本大震災の影響でお蔵入りとなったものの、その映像が動画サイトYouTubeで話題となり、「元気をもらった」、「今の日本に必要なCM!」などの声が、動画サイトのコメント欄やSNSに寄せられ、口コミで広がった。
CMでは、鹿児島中央駅~福岡・博多駅間を走るなか、沿線の1万5000人以上が参加した壮大な“ウェーブ”を車内から撮影し、180秒のロングバージョンも制作されたほどの大作となった。

「カンヌ国際広告祭」は、広告賞のなかでも世界最大規模を誇り、毎年6月に南フランスのカンヌ市で開催され、全12部門あり、アウトドア部門は、看板、サインなどの屋外広告を対象とした部門で、最近ではゲリラ的なものやデジタルを利用したものなど、様々な作品を対象にしている。







僕はこのCMを、3月にブロとものぷなしめじさんの記事で知ったのですが、映像を観るうちに涙が溢れてきました。
鹿児島中央駅のホームには九州新幹線の全線開通を喜ぶ人たち。
やがて新幹線は出発し、車窓の風景に変わります。
沿線にはたくさんの人々が、身体全体を使って喜びを表現しています。
子供が、学生が、あらゆる職業の方が、奥さんが、おじいちゃんが、おばあちゃんが・・・
その光景はどんどん繋がっていきます。
やがて観ている人は気づきます。

これは、繋がることへの喜びなんだと。
そこには、人間愛が溢れていました。


この映像は、震災後の消沈する気持ちに勇気を与えてくれました。
人は離れていても繋がれる、ひとつになれるよ!
九州の人々の姿が、まるで被災地への応援メッセージのように感じられました。

きっと同じような想いでこの動画を観た人が多かったんですね。
今回の受賞も、海外から日本へのひとつの応援のカタチなのかも知れませんね。


応援する気持ち。
繋がることの喜び。
そこから生み出されるパワー。


僕は、Perfumeに同じものを見ています(^^)/


 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】