職権濫用企画ふたたび←もっとやってるだろ!

秋の展示会で性懲りもなく職権濫用を企画中( ̄∀ ̄)

打ち合わせで、ブース内で行うセミナーのイントロとエンディングのジングルを検討している時・・・

「猫さん、今年はジングルをオリジナルで作ってくださいよ」
「おお!やるやる!でも作ってる時間あるかなぁ…」
「あり物だとあまりいいのが無いんですよぉ」
「そうだよなぁ…」
「あ、Perfumeは勝手に使っちゃダメですよ!著作権がありますから!(`´)」
「うわ!(゜ロ゜ノ)ノ 何も言ってないじゃん!でもフェイキなんかいいんだけどなぁ」

ここで担当者にフェイキを聞かせる。

「こ、このイントロ、ヘビーすぎませんか(◎-◎;)」
「やっぱし?(≧ヘ≦)じゃあレーザービームは?」

担当者にレザビを聞かせる。

「・・・」
「だめ?」
「う~ん・・・医療・福祉業界の展示会で♪虹色のレーザービームですか?( ̄~ ̄;)」
「ほら、レーザーメスとかあるし(゚∀゚)!!」
「必死ですね(◎-◎;)」
「( ̄∀ ̄;)」
「もう猫さんはいいです。」
「そ、そういえばJASRACのHP見たら、意外と低料金で使用許可採れるみたいよ!」
「じゃあ調べてみます」


ということで報告がきました。

<条件>
・展示会にて使用
・ブース面積は500㎡以下
・プレゼンテーション(1日7回程度)のBGM
・曲はPerfumeの「レーザービーム」

<使用料>
・3,000円/日 ヽ(*´∪`)ノ゛
 ※使用料には楽曲使用料、申請手数料、証明書発行料が含まれる


めっちゃ安いじゃないですか!
それなら真剣にPerfumeの曲の中から選ぶぞーーヽ(´▽`)/

職権濫用企画は着々と進行中o(≧▽≦)o!!!!


仕事って楽しいですね~( ̄∀ ̄)v



どれにしよ~かな~♪




Crying Heroine

観客は数人だった。

でも来てくれたのが嬉しかった。
精一杯の笑顔で歌い踊る。
しかし、観客の気持ちが離れていくのがわかる。
携帯をいじりだす人もいる。
一曲がとても長く感じる。
「伝わって!」
願いも空しく、一人また一人と目の前から消えていく。
「お願い!待って!」
そう叫ぶと、眩しい光に包まれた。


光が消えると、また最初の場面に戻っている。
今度は観客が30人ほどいる。
さっきよりも無表情で、品定めするような目つき。
自分たちの声が、観客の頭の上を通り過ぎ、乾いた音でこだまする。
観客の表情がさらに固くなっていく。
「みんな、どうして怒ってるの?」
そこでまた眩しい光に包まれた。


テレビの横のぬいぐるみが見える。
カーテンの隙間から伸びる真っ白な棒が、彼女の目の上に横たわっている。
お気に入りのパジャマの襟首が汗で冷たい。
頬には幾筋も涙の跡が残っていた。

「またあの夢…まあ、現実なんだけどね」

二人の仲間を誘った責任も感じていた。
彼女たちのプライドを傷付けるから言えないけど…

伝える力。

表現者の真価はそれで決まる。
伝わらなければ共感も気づきも生まれない。
それは表現者として失格なのだ。

彼女は虚栄心からこの道を選んだわけではない。
自分の力で、たくさんの人に元気を与えるのが夢だった。

私たちに、そんな力はないのか?

何度も自問したものの、答えを真剣に考えたくはなかった。
きっと、いつかは伝わる…
永遠に見えないかもしれない光。
真っ暗闇で、手に触れたものに必死でしがみ付き、なんとか支えた身体で勇気を振り絞って笑う日々。
こうして過ごした数年の経験は、大きなトラウマとなった。


ラス前の曲で、途中から雨が降り出した。
「みんなが濡れちゃうからもう少しだけ待って!」
そう天に願ったが、ラストの曲が始まると無情にも本降りになった。
「ああ…みんなごめんね」
間奏の後半から歌が入るまでのところで、いったん低音が消え音量が落ちる。
あの恐怖が蘇る。
ここで静けさに襲われたら…
Perfumeの名が知られるようになった今でも、いつも蘇るあの感覚。

そして…

爆音と入れ替わって彼女を包んだものは、会場を埋め尽くす「元気」だった。

キラキラと輝く目。
誰よりも高く!と突き上げられたたくさんの腕。
すでにガラガラ声の歓声。
大きく優しい拍手で彼女たちを促している。

「みんな…」

口がヘの字に歪み、ボロボロと大粒の涙が溢れた。
いつも通りのCrying Heroine。

私たちは、たくさんの人たちに元気を与えられているの?
いや、元気が欲しかったのは私自身だったのかもしれない。
みんなからこんなに元気をもらっちゃって…
涙が止まらないよ。

伝えたい気持ち。

私たちは同じなんだね。
繋がってるんだよね。

頭上で拍手をする腕が花道を飾り、みんなが私を待っている。
さあ、歌わなきゃ…

嗚咽と闘いながら笑顔で歌い踊る彼女に、たくさんの「ありがとう!」が浴びせられた。


日本とアジアのファンが入り混じった客席で、K-POPの戦友たちも目を潤ませている。
雨のソウルに清々しい風が吹き渡った。



3年目の韓国はすでにホームになっていた。




prfm bdk1





3Dインタラクティヴライヴへの期待

Perfumeのライヴ形態については、ブレイク後から頻繁に議論されてきました。
ライヴを観たい人が膨れ上がり、箱が大きくなるにつれて音響は悪化し、ステージは遠くなる…

キャパか距離か
キャパか音質か
新曲か旧曲か
都会か地方か
数か希少性か

一般的には、そういった要素の優先順位は、ターゲットによって決まり、それに合わせてライヴの形態も決まるのでしょうけど…
Perfumeの場合、ファンのバックボーンが雑多なことも特徴ですから、ターゲットを絞りきれない事情があります。
彼女たちは、そんな雑多なファンも全部含めて『Perfume』だと考えてくれているようですから、全ての観客を楽しませることを目指してきた。
大箱に挑戦し、ロックフェスに頻出し、ライヴハウスでFCツアーをやり、新曲旧曲をバランスよくセットし…
言わば中間守備。
それが、議論が尽きない理由のひとつとなっているように思います。

Perfumeらしさを効率よく伝え、雑多なファンを満足させられるようなライヴ形態はあるのでしょうか?
ここで、二者択一ではなく、相反する要望を叶える手段を考えてみたいと思います。


僕は以前より3Dライヴ中継に可能性を感じていますが、昨年の2月にソニーがシステムを構築し、日本初の3Dライヴ中継を成功させています。
ソニー、日本初の3Dライブ生中継を実施

レポにはこうあります。

SHIBUYA-AXの3D撮影映像を生中継し、ソニービルのOPUSの200インチスクリーンに上映。
OPUSでは80名の観客が専用の眼鏡を装着し、ライブ視聴した。

偏光メガネを利用した映像は自然な立体感が感じられ、しばらくするとメガネをかけていることを忘れるほど。
若干違和感を感じたのは、ONE☆DRAFTのメンバーが手を回し、客を煽った際に残像感を覚えた程度だった。
色の退色や変化もほとんど感じられず、ライブ中は3D、ライブの合間の司会者とのトークは2Dという構成となっていたたが、メガネをかけたままでも問題なくライブを楽しむことができた。


僕はこのライヴを体験したわけではありませんが、「問題なく」という表現と、下の写真から、僕の期待にはまだまだ達していないと感じました。

3d1.png
観客の様子は、Perfumeライヴのそれとはかなりの温度差を感じます


ロックフェスでどの出演者よりも盛り上がるPerfumeのライヴを遠隔で再現するためには、やはりインタラクティヴでなければならないと考えています。

ちなみに、今年の6月にはLUNA SEAの「3Dシネマコンサート」が上映されましたが、これは収録ですので「ライヴ」ではありません。
LUNA SEA 3D in LOS ANGELES


映像でもライヴに参加しているような体験をするためには、やはりインタラクティヴ(双方向)の要素が不可欠です。
「ステージ⇒会場」と「会場⇒ステージ」の両方が揃うことが、Perfumeと観客の一体感を生み出すための最低条件でしょう。
遠隔でも近い距離感で”参加する”という選択肢としてアリだと思うのですが。


はたして、こんな記事を読む日が来るでしょうか…


2012年5月20日
Perfume、3Dインタラクティヴライヴハウスツアーがスタート!

昨日、Perfumeは日本初である「3D&インタラクティヴライヴハウスツアー」をスタートさせた。
Zepp東京を皮切りに、全国のライヴハウス20ヶ所30公演を行う。
このツアーで特徴的なのは、実際のライヴ会場以外に、毎回全国数ヶ所のライヴハウスで生中継による、3Dインタラクティヴライヴが開催されることだ。

Zepp東京では約2,500名の観客がPerfumeの熱いライヴを楽しんだが、同時に青森、長野、三重、鳥取、宮崎のライヴハウスでも約4,500名が同様に熱いライヴを体験した。
PerfumeとZepp東京の客席には、各地のライヴハウスの様子が大きくモニターされ、声援も届く。
この日、Perfumeのパフォーマンスはもちろん、「PTAのコーナー」と呼ばれるコール&レスポンスでは、全国の会場とのやり取りや煽り、遠隔でも披露された「客弄り」などで各会場を大いに沸かせた。
計6ヶ所の会場が張り合うように盛り上がる様子は壮観で、Perfumeの3人は何度も目を潤ませていた。

Perfumeは、最先端のテクノポップと圧巻のダンスパフォーマンス、そしてラフなMCが魅力だが、客席との距離が遠くならないようにこれまで配慮を重ねてきただけに、今回のシステムには大きな期待を寄せていた。

動員数は1日あたり7,000人、30ヶ所の公演で総動員数は25万人を超える。
3Dライヴの公演数を含めると、2ヶ月間で実に150都市以上でPerfumeのライヴを体験できることになる。
ライヴハウスならでは一体感で、この動員数を実現できたのは快挙であり、今後のライヴ形態に大きな影響を及ぼすことになるだろう。

zeppt2.png  



男子~! ⇒ おー!(`▽´)ノ
女子~! ⇒ おー!(o≧∀≦)o

青森~! ⇒ (青森)おおお!ヽ(´▽`)/
長野~! ⇒ (長野)おーー!(゜∀゜)/
三重~! ⇒ (三重)おお~~!(T_T)
鳥取~! ⇒ (鳥取)おおーー!ヽ(*´∪`)ノ゛
宮崎~! ⇒ (宮崎)おおおおお! (*´∪`*)




システムが完成したら、ぜひともPerfumeがまず活用してほしいですね!(*^_^*)

逝っちゃう? Asia Song Festival

「2011 Asia Song Festival」に出演決定!!

[開催日] 2011/10/15(土)
[開催場所] 大邱スタジアム(韓国)
[出演] Perfume/SUPER JUNIOR/少女時代/何潤東(ピーター・ホー)/古巨基(レオ・クー)/周筆暢(チョウ・ビーチャン)/タタ・ヤン他
[公式HP] 
http://asf.kofice.or.kr/
 ※詳細は「Asia Song Festival」公式HPをご覧下さい。



だそうで…
これで年内のツアーはますます厳しくなってきました(>_<)

それならば…


逝っちゃう?韓国に(笑)


ちょっと調べてみました。

<チケット情報>
アジアソングフェスティバルはアジア文化交流の増進を図るとともに、アジアの音楽ファンの方々とチャリティの意味を分かち合うために開催される非営利音楽イベントであり、入場券は無料です。
Asia Song Festival official sightより


入場無料ですって!(゜∀゜)
渡航費だけで観覧できるみたいですよ!

昨年までのチケット入手方法はこうです。
日本人は外国人特別席(アリーナ)での観覧です。

外国人の場合
1.国家名、英文名、住所、携帯番号、パスポートNo、メールアドレス、生年月日を記載の上、
  期限までにメールで申し込む。
2.予約が確定された方のみに確認メールが来る。
3.交換券をダウンロードし、プリントアウトして持参する。
4.当日、交換券と入場券を交換する。
5.チケットに関するお問い合わせは メールで受け付けている(日本語対応)

今年の詳細は近いうちにofficial sightにアップされるはずです。


<費用>
旅行会社各社が次のようなパッケージツアーをたくさん準備しています。
http://www.his-j.com/kix/grp/deg-asiasongfes/top.html

食事なしで4~5万円。
国内のフェスに遠征するより、少し高いくらいです。
全部自分で手配するか、他の格安ツアーを利用すればもっと安くできると思います。 
某青森のドS王子が、青森からモンバスに参戦した費用とあまり変わらないのでは?(笑)


<会場>
daegu_wc1[1] 
今回の会場は、韓国南部の大邱スタジアム


daegu_wc2[1]
収容人数は68,000人

これまでは、FIFAコンフェデレーションズカップ2001、2002 FIFAワールドカップ、2003年夏季ユニバーシアードなどが開催され、2011年世界陸上競技選手権大会の会場にもなっているスタジアムです。
韓国の南部にあり、釜山から車で2時間くらいのところのようです。


<Fesの雰囲気>
昨年出演したAKB48の動画がありました。

※昨年は会場が違います


<披露曲数>
AKB48は3曲やったようですね。
Perfumeもそれくらいやってくれるでしょう!


海外のステージに立つPerfumeを応援してみたいですよねヽ(*´∪`)ノ
海外の観客の反応を生で感じてみたいですよね。

このフェスに呼ばれた理由とか、その扱われ方とか…
先に国内ツアーだろとか、アルバムだろとか…
そんなことはどーでもいいんです。
Perfumeが立ちたいステージならそれでいいんです。
そして僕はPerfumeに会いたい(*^_^*)



さて、どなたかご一緒にいかがですか?(`▽´)ノ



しゅなさん?(笑)



MONSTER baSH 2011 (*´∪`*)ハニャ~ンなレポ

♪は~るばる~来たぜモ~ンバス~!

仕事に、手術に、震災と、いろいろあったので、Perfumeに会いにいけなかった9ヶ月。
このグギギ地獄をよくぞ乗り切ったと、自分を褒めたい(笑)
もう少しこの状態が続くと、悪いヤツになりそうでした( ̄∀ ̄;)
心を浄化すべく、モンバスに参戦です。
ドームぶりの生Perfumeですから久々のライヴレポです。
長いですが、臨場感が伝われば幸いです。
記憶があいまいなところもあるので、間違ってたらご指摘ください。
ちなみに、(*´∪`*)ハニャ~ン成分多目です(笑)←言わなくても知ってるよ
だって、今回のゆかちゃんは、情け容赦ないヤヴァさだったんですから!


今回は、先日映画デートをしたおとわしゅなさんとお泊りデートです(//∀//)←なぜ赤い
今年夏フェス3回目のしゅなさんがいたので心強かったです。


<ライヴ前>
久々にPerfumeに会えるので、前の晩は興奮して眠れないかも…
なんて思っていたのですが、何のことはない、飲みすぎでバタンキューでしたorz
朝、しゅなさんに電話で起こしてもらわなかったら大変なことになっていました。

岡山に前泊、朝から電車で琴平へ移動。
車内でうさTを2~3人確認。
座席でツイッターを見ると、参戦組からの各種報告に混じって、参戦できない方から「どうか雨が止みますように」というつぶやきがたくさんあって、いきなり涙腺が緩みました。
8:00頃、琴平に到着してみると、シャトルバス待ちの列はすでに1,000人くらい。
土砂降りの中、300m程の長蛇の最後尾へ。
ここでちょっと心温まることが…

昨晩、携帯の充電もせずにバタンキューだったポンコツ猫は、バス待ちをしゅなさんにお願いして、携帯の充電器探しに。
琴平のメイン通りでコンビニ探し。
早くから店を開けている土産屋さんの前でキョロキョロしていると…
「なにかお困りですか?」と、その店のおばあちゃんが声を掛けてくれました。
事情を話すと、コンビニはないけど電気屋があるから電話してあげるとのこと。
おお、ありがて~(TT)でも、まだ開店前だよな~…と思いながら待っていると…
充電器、あるそうじゃないですか!
おばあちゃんは「今からそっちへお客さんが行くから、店開けといてね」と言って電話を切りました。
丁寧に道を教えてもらい、お礼を言って電気屋さんへ。
ちょうどシャッターを開けていた奥さんがまたいい人で、ニコニコしながら対応してくれました。
その後、もう一回土産屋に寄って、おばあちゃんにお礼を言うとニコニコしながら「よかったですね~。ご丁寧にどうも」って。
琴平の人の温かさに触れて、なんだか今日はとてもいい日になる気がしてきました。

琴平でお土産を買うなら『山下 大黒屋』で!
http://www.mapion.co.jp/phonebook/M26031/37403/0877752322-001/

mb11ydy.png
山下 大黒屋

携帯充電器を買うなら『イケウチ電器』で!(笑)
http://www.mapion.co.jp/phonebook/M02011/37403/0877755191-001/


さて、1時間ほどでバスに乗れましたが、すでに服はずぶ濡れです。
バスで約15分、山を少し登ったところに国営讃岐まんのう公園はありました。
バスを降りるために渋滞、降りてからゲートまでがまた長蛇の列。
でも、オープニングアクトの演奏がガンガン聞こえてきてアガル~!

ゲートをくぐり、少し身支度をするとまっすぐ「ステージ空海」へ。
Perfumeの前に出演する『四星球』というバンドの公開リハがあまりに面白かったので、そのままモッシュゾーンで観覧。
圧縮でいきなり体力消耗(T_T)

次のPerfumeまで約45分。
かしゆかサイドの10列目くらいで待機。
ジワジワと増えてくる観客。
LSGはチラホラで、大部分は違うTシャツ。
途中、ブロンドのおねいさんが横から入ってきて僕の前に収まりました。
外国からPerfumeを観に?
カーズ2効果?
まさかね(笑)

ステージでは念入りにバミリ作業が行われています。
スタンドマイクがないからジェニーはなさそう。
水がなぜか4本用意されています。
サプライズゲストがクル!?
いや、まさかね(笑)

10分前くらいから周囲がソワソワしだします。
後ろのオニャノコ2人は「Perufme楽しみ~」とwktkしています。
ここで降ったり止んだりしていた雨が、ピタッと止みました。
BGMが消え、スクリーンにPerfumeの紹介が!
歓声と、拍手とともに、すでに圧縮がジワジワと…
そして…


<ライヴレポ>

うおおおおお!
『FAKE IT』キター
圧縮もキター
この圧縮はこれまでで一番激しい!
とても3人を万遍なく観るのは無理なので、ゆかちゃんを厚めに追いかけることに(^^)
ああ、ゆかちゃんが逆サイにいりゅ~
振りが見え~ん(T_T)
生フェイキは初めてなのに~(T_T)
あ、ゆかちゃんがこっちへキタ!
おおおおおお!
なんちゅう美しさ、なんちゅうかわいさ、なんちゅうニッコニコ、なんちゅう変態丈!

(*´∪`*)ハニャ~ン

初めて見る新生わけゆかの破壊力に気が遠くなっていると、僕の周りから「ヤヴェ~!!かしゆか、かわいすぎ!」という言葉が飛び交い、狂ったような圧縮が襲ってきます。
ニャ~!眼鏡が曇る~、その眼鏡がずれる~、帽子が脱げる~、足が地面に着かない~
最前から3~5列くらいを逝ったり来たり。
Perfumeの爆音に包まれて、3人を間近に見て「ゆっかちゅあ~ん」と「フェイキ!」を交互に叫んで、モッシュに揉まれている状況が、もう、嬉しくて嬉しくて、早くも涙が滲んできました。


続けて『レーザービーム』へ突入。
イメトレ通りの展開。
イントロでしゃがむ3人を大歓声が包み、この曲の人気をうかがわせます。
周囲からは「ヤヴェ~ヤヴェ~」の連呼。
僕は、この曲も生で観るのは初めて。
イントロで銃を構えるポーズを近くで観たかったのと、間奏でのっちの膝立て連射にズタズタにされたかったので、めっちゃテンションアガリます。
「虹色のラブビーム」のコールはデフォ?
みんなやってましたよ。
あれ?さっきのブロンドのおねいさんはどこに?
モッシュがキツイせいか、隣の兄ちゃも僕の耳元で「畜生…畜生…」と唸っています(笑)

イントロのポージングと、歌前の左右フリフリのところのゆかちゃんがもう…

(*´∪`*)ハニャ~ン

他の2人がクールにキメているところも、ゆかちゃんだけニッコニコ(笑)
客席にレーザービーム撃ち込みまくり!
でも、この曲はのっちコールが多かった!
「のっちハンパねぇ!」って声が飛び交います。
でもなにが?(笑)

そして、間奏がきました!
のっちが素早くしゃがんで、右から左へ「ダダダダダダダダダダダダ!」と連射!
カッケーーーーー!!o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o
もう何往復か撃って~!
僕はここで、のっちのちな皆さんの魂をぶつけてきましたよ。
「のっぢぃぃぃぃぃぃぃ!」


ここで短いMC
「Perfumeです!」の後、あ~ちゃんメインでベシャリ。
「今年最後の夏フェスです」
「後ろの方の人も楽しんでますか」
「みなさんビショビショだけど大丈夫ですか?」
ここでゆかちゃんがボソッと「ビショビショ」と…

(*´∪`*)ハニャ~ン

たしかここで水休憩。
水飲みながら井戸端会議みたいなgdgdに。
するとゆかちゃんがブラシを取り出し、髪を梳きだすじゃあ~りませんか!
髪がけっこう絡まるので、最近はブラシを用意してあると…
ステージ上手(向かって右)に向かって念入りに髪を梳くゆかちゃん。
そして、長い髪を左へひとまとめにした時の、う、うなじが(◎-◎;)

(*´∪`*)ハニャ~ン(*´∪`*)ハニャ~ン(*´∪`*)ハニャ~ン

あ~のちがステージ前方に戻っても、まだ髪を梳いているゆかちゃん。
あ~ちゃんが「今日は時間いっぱいに曲を詰め込んできました。落ち着ける曲も…」
っと言いながら後ろを振り返ると、ゆかちゃんはまだ髪梳き中。
「ゆかちゃんの髪待ちです」
一同失笑。
それを聞いたゆかちゃんがパタパタと走って戻ってきたと思ったら
「マイクと間違えてブラシを持って来ようとしとった(笑)」
会場爆笑。


そして、ゆかちゃんが戻ったのでこの曲が!

『微かなカオリ』
うおおおおおお!
これのどこが落ち着けるんじゃぁぁぁぁ!
さっきよりも圧縮がキツイじゃないですか(笑)
これも僕は初見です。
なんとフワッとしてるんでしょう。
丁寧で細やかな動きが優しい。
そして、間奏であ~ちゃんが二人にジェスチャーで促すと…
3人から投げキッスの乱れ撃ち!

(*´∪`*)ハニャ~ン

口を開けて待つ猫( ̄ー ̄*)
そして、ゆかちゃんの最後のキスをゲト!←ホントか!?
もう死んでもいい…と思ってると、3人がほっぺに指を当ててます。
お、お返しの催促~(゜∀゜)!!
お返しするするするする!でも圧縮で手の自由が利かないよ~!
必死にもがいて、横のヤツに肘テツ食らわせながら投げキッスを発射ぁ~!
ああ!
それをかわすかのように、3人がクルリと後ろを向いちゃったではありませんか(T_T)
遅かったのかorz
3人はそのまま一旦ステージ奥の方へ走って行き、手を繋いで、再び前方へ(*^_^*)
それがかわいくて、楽しげで、感動的なシーンなんですけど…
僕のキスは届きませんでした(T_T)

でも、投げキッスを乱れ撃ちする3人を見て「餅まき」を思い出したのは僕だけでしょうか(笑)


ここでPTAのコーナーです。
一通りやりました。
コール&レスポンスは、男子、女子、そうでない人、メガネ、コンタクト、裸眼、前、後ろ、こっち、こっち、Perfumeが好きな人、Perfumeのライヴを楽しみにしてた人、PerfumeのTシャツの人、モンバスのTシャツの人、他のフェスのTシャツの人、男子、女子、前、後ろ、みんな~、みんな~。
僕、このあ~ちゃんの「みんな~」を聞くといつも涙が滲んじゃうんです。
なんでだろ。

ウルトラソウル×4、歯磨きも客席はノリノリ。
その後にやってきたのが…
ズッキンドッキン!
もう、この辺はあ~ちゃんのワンマンって感じ(笑)
ズッキンドッキン講座を楽しそうにやるあ~ちゃんにズッキンドッキンでした(*^_^*)
ここで、ぴったんこな皆さんの魂をぶつけました。
「あ~~~ぢゃ~~~ん!」

そして3人揃って「渚のハイカラ人魚」を踊り、最後に真ん中に集まってかわいいポーズ。
これが、またヤヴァシ!
ゆかちゃんが両手で、足先からモモまでツ~って撫でるような仕草!
「ちょっとだけよ~ん♪」みたいなw
でも、その手が勢い付きすぎて、セルフスカートめくり的なwww
照れ笑いのゆかちゃんに、(*´∪`*)ハニャ~ン
噛みの子さんは目の前でやられて、鼻血ブーだったらしいです(笑)


そしてきたのが『ねぇ』
この曲も人気がありますね。
僕は手でねぇねぇやったんですが、みんなやってるじゃないですか。
これ、デフォなの?
でも、みんながねぇねぇやっている姿にまたウルウル。
だって、Perfumeやその楽曲がみんなに愛されているんだなぁって思うんだもん。
そして2コーラス目はもちろんクルクル(笑)
あの振りを考えたMIKIKOテンテーは、やっぱ天才だと思います(笑)

ここでちょっと笑えることが。
さっきモッシュに耐えながら「畜生…畜生…」と唸っていた兄ちゃんが、めぐりめぐってまた僕の隣に戻ってきました。
まだ「畜生…畜生…」って言ってるじゃないですか(笑)
それだけでも笑えるのによく聞くと「畜生…畜生!かわいいよ!」だって(笑)
そっちの畜生だったのかい( ̄∀ ̄)

でも、この曲で目撃情報があった「ぺろゆか」は僕には見えませんでした~(T_T)


そして、あ~ちゃんの「チョコレイト・ディスコ行くよ~!」的な叫びとともに、一気に沸騰する観客!


mb11od.jpg
これは少し後ろの方ですね


この曲の威力はやっぱハンパない。
楽しい、楽しすぎる!
周りは愛すべきアホばっか。
ファンだろうが、ファンじゃなかろうが、この曲がみんなをアホにしてしまう。
サビのダンスは、やっぱあ~ちゃんですね。
彼女が一番ダイナミックです。
ゆさゆさゆさのところの、腰の落とし方と手の感じが、タメが利いてて観ていてノレるんです。

でも、このあとポリがきて終わるんだなぁ…と少し寂しくもあり…


チョコが終わると、続けて『ポリリズム』
奇跡的に止んでいた雨ですが、このあたりからまた強い降りに…
この雨が、観客に火を着けます。
「こんな雨に負けてたまるか!」
鉄板ポリリズムの威力と、雨への対抗心。
ここまでで一番の盛り上がりを見せる観客たち。
モッシュゾーンは、みんなが歌っていました。
ファンだけとは思えません。
みんながポリを歌ってるんです。
みんながポリの歌詞を知っているんです!

僕はもうぐちゃぐちゃに泣いてしまいました。
あ~ちゃんも何度も顔をゆがめています。
のっちの煽り、ゆかちゃんの笑顔。
なんてカッコいい3人なんだ!


全曲が終わり深いお辞儀。
その後、拍手と声援に応えながらしばらくはにかむような3人。
「ありがとう~」の声があっちこっちから飛んできます。
もちろん僕も、心をこめて「ありがとう~!」。
風邪をひかないように、まだまだモンバスは続くので盛り上がっていってください的なことを言って…
「それでは、 Perfumeでした!」


朦朧とした意識の中で、はぐれたしゅなさんと再会。
お互いに、声を出すのも億劫な雰囲気。
会場を後にして売店へ向かう足取りの重いこと重いこと。

達成感と、充実感、そして疲労感ではなく”疲労”を身体中に感じながら、いつものように「来てよかった」と思うのでした。
あ~ちゃん、のっち、ゆかちゃん!
元気と勇気と愛をありがとう(^^)/


モンバスはいいフェスですね!
来年もPerfume出るかな~?

***

(おまけ しょの1)
その後、ブロとものにっし~さんと初対面。
年上だったのね(笑)
広島から7時間かけてスクーターで来たって…しゅごいです(^^;)
3人でうどん屋台へ。
並びながら僕が「最近噛みの子さんもDDだからなぁ」って言ったら、目の前に並んでいる人がクルリと振り返りました。
なになに!?このキモイ顔!
って、えーーー!噛みの子さん、本人じゃないですか!
おおお!なんという再会の仕方(笑)大爆笑でした(^^)
そしてアメブロの面々の基地へ連れてってもらい、はぜまるさんたちと合流。
青森から参戦しているキモすぎる北方さんがいい人ぶっているのを弄ったり(笑)、少しの間楽しく話せてよかったです。
なんか気持ちが高揚していたこともあり、最初にタイミングを逸して、全員ときちんとご挨拶できずに申し訳ありませんでしたm(_ _)m
その後、スカパラで一緒に盛り上がって、撤収となりました。

***

(おまけ しょの2)壊れゆくキモわしゅなさん
帰りのバスの中で「あ~ちゃんが泣いたのは僕の声援が聞こえたからなんですよ」と真顔で言うしゅなさん…
「はい、はい」って聞いていましたら、空港でもう1回、飛行機の中でもう1回、計3回も同じことを言ってました。
しゅなさん、大丈夫?(笑)

***

(おまけ しょの3)ハート&サムアップ
チョーさん、やりましたよ。
でもね…モッシュがキツくて、チョーさんのハートが歪んじゃいましたぁ( ̄∀ ̄;)

*** 

MONSTERbaSH 2011 SET LIST

01:FAKE IT
02:レーザービーム
 -MC-
03:微かなカオリ
 -PTAコーナー&渚のハイカラ人魚-
04:ねぇ
05:チョコレイト・ディスコ
06:ポリリズム

mb11pfm.jpg
ゆ、ゆかちゃん!(//∀//)



 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】