おいおい!(台湾速報)

詳細レポは後日上げますがまずは速報を。
P.T.A.に禁止されていますのでセトリの詳細がお知りになりたい方はdenno.neko@gmail.comに連絡をくだされば返信します(^^)/

台湾の方に近くで観てほしかったので最後方で盛り上げました!
客層は日本のファンと似ていました。
男女比も5:5くらい。
かわいいオニャノコが多かったな~(//∀//)←

ステージはGAMEツアーの再来でした。 
アレもやったしアレもやりました。
そしてあの曲とあの曲で泣きました(T_T)
MIKIKO先生も泣いていました。 

3人はとてもリラックスしていましたよ。
終始ニコニコ。
ゆかちゃんもニコニコ。
おまけにぷくゆか&ペロゆか炸裂で気を失いました凹○

グループ分けは思った通り「小・龍・包」
MCは大爆笑(。>_<)
これについては後日上げますね(^^)/

中国語のMCもありましたが・・・
台湾のお客さんは日本語が通じる!

あ「なんで日本語通じるの~!」

あまりのレスポンスの良さに、P.T.A.のコーナーであ~ちゃんが泣いてしまいました。
ライヴ後に日本語が堪能な台湾のファンに話し掛けられました。
あまりに日本語が上手いので「みなさん日本語がお上手ですね!」と言うと・・・

「Perfumeのファンになってから勉強しました!MCを楽しみたくて・・・」
「今日のファンはみんなそうだと思います」

その情熱に感服しました。

あと、台湾のファンはoioiが好きですね~
いろんな曲でoioiをやります。

国が変わればノリも違う。
いいじゃないですか!(`▽´)ノ
そうやって、いろんな国でいろんなノリで愛されてほしいですね。

ということで台湾は熱かったです!
日本のファンも負けてはおれませんよ~

台湾のファンのみなさん、とても楽しかったです。

WORLD TOUR 1st初日は・・・


大成功!(≧▽≦)o!!!!



(追記)
「それでは、Perfumeでした!」とアンコールが終わってから、台湾のファンがDream Fighterのサビを1コーラス分歌って、あ~ちゃんがステージ裏からマイクでお礼を言うシーンがありました。




wfc.png






4度目のデビュー

Perfumeにはデビューが4回あります。

2002年:広島ローカルデビュー(もみじレーベル)
2003年:インディーズデビュー(BEE-HIVEレコード)
2005年:メジャーデビュー(徳間ジャパン)
2012年:世界デビュー(ユミバーサルJ)

広島から東京へ。
東京から日本全国へ。
日本から世界へ。
次々と広い世界へ飛び出していった3人。

”飛び出していった”

この言葉の勢いは、メジャーデビューまでが相応しいですね。
Perfumeの勢いが衰えたということではありません。
今は「ガムシャラではない」という意味です。
「自分たち」と、「周り」がしっかり見えていますから。

”会いにいく”

Perfumeの世界デビューはやはりこの言葉ですね。
Perfumeを待っているたくさんの人に会いにいく。
それがたまたま日本ではないというだけのこと。
世界中の、Perfumeを必要としている人に!

耳が乾いている人!
目が乾いている人!
身体が乾いている人!
心が乾いてる人!

Perfumeに会いたかった人!
Perfumeのライヴをチョーチョーチョ~~楽しみにしてた人!

みんな!
みんな~!
みんな~~!


いよいよアジアのみんなに、Perfumeが会いに行きます。
愛と勇気を携えて。

Perfume初の海外ワンマンライヴ。
4度目のデビューがいよいよ明日動き出します!


僕も少しだけお手伝いしてきま~す(^^)/





ブログ存続の危機?

愛読しているブログが突然更新されなくなることがあります。
一時的ならいいのですが、そのまま放置されると寂しいものです。
その理由はさまざまでしょう。

記事を書きたい!という衝動が薄れて、他のものが優先されたり
理想が高すぎて存在意義を感じられなくなったり
仕事や家庭環境に変化があったり
病気になったり、事故や事件に巻き込まれていたり(>_<)

ブログにはブロガーさんの人柄が出ます。
長い間読み続けていると会ったことがなくてもリアルな知り合いのように感じます。
コメントのやり取りをしているとなおさらですね。
なので放置されるといろいろと心配にもなります。


そもそもファンブログを継続するのはなかなかパワーが要ります。
僕の場合でも・・・

Perfumeの情報はできるだけ追いかけて、自分なりに噛み砕いて記事にしたい。
いただいたコメントにはきちんとお返事したい。
それらの時間を作るために仕事の効率アップをしなければならない。
家族との時間も大切にしたい。
記事の内容は体調や精神状態に左右されるので心身のケアも大切。
記事の公開に伴う責任に耐える精神力も必要(笑)
知られたくない人に知られない努力とか( ̄∀ ̄;)

そんな数々の調整を取りながらの運営ですから、バランスが崩れると継続が難しくなります。
このブログもそんなタイトロープの上に成り立っているので~す( ̄∀ ̄)v

なぜそんな話をしているかというと・・・

先週、本社の廊下を歩いていると女性社員のMさんに声を掛けられました。

M「ブログ見てますよ!(`▽´)ノ」

猫「!(゚ω゚ノ)ノ」

M「( ̄∀ ̄) ニヤニヤ」

猫「あの・・・かなりぶっ壊れてますよね?(;^_^A」

M「ですね( ̄ー ̄) フッ 」

猫「あの・・・内緒だからね!」

M「了解です!(`∀´)」

はぁ~ビックリしました~( ̄∀ ̄;)
MさんはたぶんあのP.T.A.新入社員ちゃんに教えてもらったのでしょう。

ってことは・・・

MさんはPerfumeファンなにょ(゚∀゚)!?
ああ・・・あの時はテンパっていたので詳しく訊きませんでした(>_<)
今度尋問してみま~す(o≧∀≦)o


一方、新たな心配が出てきました。

Perfumeに関心のない社員がこのブログを読んだら・・・
気持ち悪すぎて僕は人格を疑われてしまうでしょう:*:・( ̄∀ ̄;)・:*:
Perfumeファンからも引かれているというのに(≧ω≦)
なので、社内では”そのあたりのご理解”がある人だけに教えています(笑)

でも、いつのまにか多くの社員に知られているようなキモしてきました(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
あんな変態を管理職にしておいていいのか!
左遷だ!降格だ!クビだ~!
そんなワードが頭に浮かんできます(T_T)


社長「猫さんちょっと来てください」

猫  「びくぅ!(゜ω゜ノ)ノ」

社長「どうしたんですか?」

猫  「ブブブブブログのことでしょうか?」

社長「猫さん、ブログで会社批判でもしてるんですか?」

猫  「まさか!あ、違う話なんですね。では今のは無しで・・・」

社長「いえ、なにか隠していそうですね」

猫  「いやその(∀ ̄;)(; ̄∀)」

社長「内部監査室長を呼びますので、今から一緒に猫さんのブログを検証しましょう」

猫  「ニャーーーーーーーー!ヽ(゚Д゚;)ノ゙  」



近日中にこのブログが突然放置されたら、そんな残念な理由だと思ってください( ̄∀ ̄;)





やさしい連鎖

この国に来るのは久しぶりだった。
今回も街の散策を楽しんだ。
海外へ来るとたくさん歩くことにしている。
その方が発見が多いし、その国のことがよくわかるからだ。

歩道の郵便ポストの投函口が、なぜ車道側にあるのかを考えながら屋台に入った。
アヤシイ香りの料理を慎重に口に運びながら、賑やかな会話に耳を傾ける。
この国の人は呆れるほどよくしゃべる。
電車やバスは小学校のように大騒ぎだし、タクシーの運転手は絶えず携帯でしゃべりながら運転している。
話している内容はあまり解らないが、喜怒哀楽は伝わってくる。
それでも十分楽しい。
いや、それくらいの方がいいのかも知れない。

街角の風景を撮りながら一日中歩き、落ちつけそうな公園を見つけた。
心地よい疲れを感じながら、花壇の脇に腰を下ろした。
夕食は何を食べようか・・・
少年たちがスケートボードの練習をしている。

気が付くと、すぐそばに30代半ばであろう男性が立っていた。
そしてニコニコしながら話し掛けてきた。

「アナタハ ニホンカラ キマシタカ?」



猫娘の気持ち

JK2の猫娘は毎朝7:20頃家を出て、駅で友達と合流してから電車で登校しています。
僕は7:30頃家を出て、駅でキモだちと合流することもなく電車で投降、いや通勤です。
たいていは僕が駅に着く頃、猫娘はもう電車に乗ってしまっています。

でも時々、友達が来るのが遅れて猫娘がまだ駅にいることがあります。
そんな時は父猫の目がキラーンと光ります( ̄ー+ ̄)

<父猫の気持ち>
・娘と「やあ、行ってくるよ!」と爽やかに挨拶をしてから改札を通りたい。
・でも、目が合わなかったらそっとしておこう。

<猫娘の気持ち>
・恥ずかしいから公衆の面前で父と関わりたくない。
・でも不自然だったら軽く手を振ってあげよう。

この戦いは「目が合うか否か」で決します。
目が合えば僕の勝ち。
目が合わなければ娘の勝ち。

遠くから娘をロックオンして向かっていく父猫。
猫娘が「友達まだかな~」って顔を挙げた瞬間が勝負なんですから!
無防備なその瞬間にバッチリと目が合えば、観念して軽く手を振ってくれます(*^_^*)
でも、視線がずれてるとそのまま気づかないフリをして逃げ切られちゃいます(T_T)
だからまばたきもせずに娘をガン見しながら歩いていくわけです。

<他のお客さんの気持ち>
・この猫、JKをガン見しすぎ( ̄□ ̄;)!!
・サイテー!ヘンターイ!タイーホ!

と、手を振ってもらえない時はただの犯罪者になり下がります( ̄∀ ̄;)

本来の僕のキャラからすると、当然声を掛けるのですが、
多感な時期の娘の気持ちを大事にしようと思っていまして・・・

娘に嫌われているわけじゃないですので大丈夫です。
父親とどう接すればいいのかが解らなくなる時期なんですよね。



さて、本日の妻との会話。

妻「最近、友達が洋楽を聴くようになってきたみたいよ」
猫「いいじゃん!」
妻「あの子も少し影響されて聴く音楽が増えてきたみたいで・・・」
猫「ふ~ん」
妻「昨日、何が好きか訊いてみたら、B'zとか・・・」
猫「へ~」
妻「Perfumeが好きだって」
猫「そ、そうなにょ(゚ω゚ノ)ノ」


以前、娘がPerfumeに興味があると言っていたので様子をみていましたが・・・
 以前の事件⇒【緊急報告】微かなヒカリ?

キタ━━━(゜∀゜)━━━!!
と思うと同時に・・・
なんで僕に直接言わないの~!という複雑な気持ちです(>_<)
僕がPerfumeファンなのを知っているのにぃぃ~(o≧д≦)o


娘よ!
父親とどう接すればいいかわからないだって?
な~に、簡単なことだよ・・・




一緒にゆかを転がればまろやかに解決じゃろ~~!o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o




※帰宅後CD&DVDを大量に貸し出しました♪ v(^_^)v 楽しみ~





 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】