父の計算尺

※今回の記事はPerfumeとは関係ありません。


先週『風立ちぬ』を観ました。
『もののけ姫』以降の宮崎駿監督作品で一番好きです。
最近の作品はテーマが大きすぎて収まりきらない感じでしたからね~
この映画は等身大で、スッキリ収まっています。

実在の人物をモデルにしたファンタジー。
一人の技術者の夢と大人の恋愛。
僕らが育った時代とは時代背景がまったく違うけどとても共感できる。

この映画を観ると、家族を大切に思えます。
隣です鼻をすすりながら観ている妻が愛おしくなる。
娘が元気でい続けるだけでいいと思える。
そして、父を思い出しました。

映画では計算尺が何度も出てきます。
職場でも、家でも、計算尺を手放さないエンジニアたち。
あの姿が、かつてとても身近なものだったことを思い出したんです。

僕の父は船を設計するエンジニアでした。
いつも計算尺を使っている姿は、映画の主人公の姿そのままでした。
計算尺は子供が見てもさっぱりわからないシロモノです。
でも、あの精密なメモリや細かい数字、滑らかに動く尺やカーソルに知的なカッコ良さを感じていました。
そして、いつかは自分もあれを使いこなすんだと憧れていました。

小学生の頃、父に計算尺の使い方を教えてもらったことがあります。
小学生にはまったく実用性がありませんでしたが。
でも、大人の世界に少し踏み込んだような気がしてとても嬉しかったのを覚えています。
父もなにか誇らしげだったように感じました。

後で知りましたが、日本製の計算尺は世界の80%ものシェアを持っていたそうです。
日本製は竹で作られていて、滑りがよく、変形しにくかったからです。
父は、世界に誇る日本製の計算尺を使って、世界と技術力を競っていたんです。

しかし、やがて日本の造船業界は衰退していきます。
船の需要が伸び悩んだことに加えて、海外のメーカーにコストで勝てなくなっていったようです。
同じころ電卓が一般化し、計算尺は世の中から消えていきました。

電卓は、正確な計算が早くできるようになった点で画期的です。
でも、なんとも味気ない。
父がその後も長い間計算尺を使っていたのにはそんな想いがあったような気がします。
技術者の魂や、誇りの代名詞。
当時のエンジニアにとって計算尺は、武士にとっての日本刀のようなものだったのかも知れません。


今では形見になっている父の計算尺を久々に引っ張り出してみました。



ksj1.jpg
ボロボロの箱



ksj2.jpg
ヘンミ計算尺No.259



ksj3.jpg
かなり汚れています



何十年も放置されている間にすっかりシミや黄ばみに覆われてしまいました。

あの頃、父はこれを使いながらどんな夢を見ていたのだろうか。
そんなことを考えながら、計算尺を磨きました。

そうすることで、父の生きざまを少しだけ感じることができるような気がしたから。





ksj4.jpg









永遠の夏休み

「夏休み」という言葉に郷愁を覚える。
それは「夏休み」が更新されていないからだろう。
社会人にとっての「夏休み」は子供の頃のそれとは別物であるからだ。

仕事量はいつもと変わらないのに強引に休みを入れる。
休み中は、詰め込まれたさまざまなイベントをこなしていく。
仕事の電話やメールに応対しながら・・・
休みが終わって出社すると、遅れを取り戻すべく山積みの業務をこなさねばならない。


小学生の頃は、7月に入るともう「夏休み」が待ちきれなくなったものだ。
僕は学校が大好きな子供だったから、長期の休みは寂しくもあった。
でも「夏休み」にはそれを上回る期待があった。
普段じゃできないことをやろう!
湧き上がる入道雲の白さと空の青のコントラストが眩しかった。
あの涼しい雲の上を端っこまで歩いて下を見下ろしてやろう!
溜りに溜まった冒険への憧れ。
「夏休み」は間違いなくそのはけ口となっていた。

中学生になると「夏休み」は部活一色になった。
球拾い、素振り、筋トレ、ランニング・・・
先輩たちのいじめにも耐えながらレギュラーの座を狙った。
アブラ蝉の声が時折嘲笑に聞こえて腹立たしかった。
隣のコートでは女子テニス部が練習をしている。
気になってチラチラとよそ見をしてはまた先輩に叱られた。
コート整備をしていると、ひぐらしが優しい声が慰めてくれた。

高校生の「夏休み」はバンド三昧だった。
音が漏れないように窓もカーテンも締め切った熱くて暗い視聴覚室。
そこを爆音で埋め尽くしては恍惚とするキチガイたち。
受験勉強よりも、ロックな生きざまが大切だと思っていた。
ロックな生きざまの意味も解ってないくせに。
文化祭ライヴであの娘に届け!なんてことばかり考えていたくせに。
窒息しそうになって窓を開けると、遠のく雷鳴をなだめるように美しい虹が掛かっていた。

大学生の「夏休み」は学年によって大きく内容が変わった。
実習とバイトで大忙しだった1~2年。
2か月半の休み中にバイトで60~70万円は稼いだ。
バブル期に便乗して鬼のように稼ぎまくった。
就活と卒論で忙しかった3~4年。
4年生の時には婚約までしてしまった。
焦燥と楽観。
社会人のイメージが持てない中途半端な日々。
舞い上がるほこり臭さの中で、夕立を待っていた。


「夏休み」という言葉とともに思い出される風景。
その風景の多くは、今だって変わらない。
でも、あの風景はもう見えない。
「夏休み」は、当時の体験と共に封印され更新を停止してしまった。

そんな「夏休み」を魅力的にしていたツールが「宿題」だったと思う。
少し頑張らないと終わらない、あの絶妙なヴォリュームの宿題。
完全に自由にはしてくれない鬱陶しさ・・・
宿題があったからこそ、焦燥感を募らせ、外への期待感をより膨らませたのだと思う。

それは今も同じなのかもしれない。

社会から与えられた「宿題」。
そこに付随する期待や責任の重圧に押しつぶされないようにもがく日々。
あの圧力があるからこそ、自分を無くさないように外へ手を伸ばす。
その手の先を握ってくれたのがPerfumeだった。

僕らは、長い夏休みを送っているのかもしれない。
もしそうなのならば、この夏休みがいつまでも終わらないでほしい・・・


あの頃も毎年そう願ったことを思い出して可笑しくなってしまった。






笑わない男

Fはおでこを床にこすり付けていた。
担当をしていた部下の主張がクライアントを怒らせてしまったのだ。
クライアントの要求通りに作ることは簡単なことだった。
しかし、要求よりもハイスペックにしなければ先方の技術を活かしきれなかったのだ。

Fが土下座をしたのは、部下の失態を謝罪するためではなかった。
部下の主張を通すためだった。
事情を再度説明し、誠心誠意お願いした。
しかし、クライアントの理解は得られず、別の業者に乗換えられることとなった。

Fは憮然とした表情で事務所に帰ってきた。
職場の空気は凍り付いていた。
彼は眉も動かさずに言った。

「大したことじゃない・・・」

職場の空気が少し動いた。

「俺はいくらだって頭を下げてやる。みんな信じたことを思う存分やれ!」

社員たちの目が潤んだ。


Fは社員にいつも言っていることがあった。

「妥協をするな」
「仕事を選ぶな」
「夢中になれないならやめちまえ!」

それは自分にも言い聞かせていた。
そうしないと、くじけてしまいそうだから・・・

Fは純粋で誠実だった。
しかし不器用でもあった。
材料費や人件費を自社で負担してでも納得のいくものを作るような男だった。

高透過率、低反射率、超薄型、高強度・・・
あらゆる要求に応えてきたため、驚くべき技術力を持っていた。
大手のような量産やコスト低減はできない代わりに、カスタムに近い自由度があった。
しかし、その技術を複合的に活かせるクライアントはいなかった。
ロースペックな要求で価格を叩かれる日々だった。

それでも、ユーザーが喜ぶ顔を想像しながら製品に愛情を注ぎ込んできた。
儲けが小さくとも、発言力が小さくとも、胸を張って仕事をしてきた。

そんな気を張った日々が、Fを笑わない男にしてしまった。


ある日、一人の男が会社を訪ねてきた。

「ちょっと噂に聞きましてね。こちらのフィルムを見せてほしいんですが・・・」

長めの髪、髭、メガネ、中肉中背の男だった。
獲物を狙うような目が印象的だった。
ピンクと黒の、シャカシャカと音がするウインドブレイカーを着ていた。
Fは興奮を隠せなかった。

「あの・・・もしかしてMさん・・・ですか!?」
「そうですが・・・どこかでお会いしてました?」
「いえ、Mさんは有名人ですから!」

MはPerfumeとテクノロジーを結び付けた立役者だった。
PerfumeファンのFにとって、憧れの人だった。
しばらくして、実験室から声が挙がった

「これ・・・これですよ!」

Mの目が悪戯っ子のように光った。


12月7日。
京セラドーム大阪。
いよいよPerfume初の2大ドームツアーが始まる。

満員の客席。
恒例の手拍子がドームを揺らしていた。
客席からステージは遠い。
3人は豆粒のようにしか見えないだろう。
しかし、そんなことを気にする観客はいなかった。
みんなPerfumeにも楽しんでもらいたいと願っていた。

Fは2人の部下と一緒に客席にいた。
もう何年も前からPerfumeのファンだったが、ライヴに来るのは初めてだった。
なんとなく、自分はこの客席に相応しくないと感じていたからだった。
実際、笑顔でいっぱいの客席の中で、Fはいつものように憮然としていた。
しかし、今回は誰かに手を引っ張られているような気がしてここへ来てしまったのだ。

客電が落ちた。
悲鳴が挙がる。

ドーン!

ドーン!

ドーン!

爆発音のような大きな音がゆっくりと間をとって3回鳴った。
いったん静まる会場。
空気がいっそう濃縮される。

絶妙の間の後に1曲目のイントロがかかった。
それはまさかの『Twinkle Snow Powdery Snow』だった。
客席が沸騰した。

Fには、サブステージの真ん中でステップを踏む3人が人形のように見えた。
本物のPerfumeのはずなのに、夢を見ているような不思議な感覚だった。

Fは瞬きもせずに凝視していた。
Perfumeには心から共感する。
彼女たちの仕事に対する姿勢に、その努力に!
それはこのパフォーマンスから伝わってくる。

指の先まで妥協がない。
観客の喜ぶ顔を想像しながら創り上げてきたのが判る。

それなのに、現実ではないような感覚が拭えない。
こんな時でも、自分の仕事のことが頭から離れなかった。

その時、驚くべき光景が展開された。
突然、ステージの3人が粉々に砕け散ってしまったのだ。

えええ!?

音楽も中断してしまった。
騒然とする客席。
たくさんの小さな粒になった3人は客席のいたるところに飛び散っていった。
そして、飛び散った先で新たなPerfumeが出現した。
客席のいたるところで。
観客の目の前に!

ホログラフィーか!
いや、それに似たものか?

「うおおおおおおおおおお!」

客席は大興奮だった。
音楽が再開するとセンターステージの下から本物の3人が踊りながら登場した。
3人は幻影とピッタリとシンクロしている。

ああ、これは録画ではなくライヴなんだ!
素晴らしい・・・
Fは、どんどん進化していくPerfumeを誇りに思った。
映像技術に携わる者としても、世界に誇れる存在だと思った。
そして会場は光の雪で真っ白になっていった。


4曲を終えてMCに入った。

あ 「最初の曲、みんなビックリした?」
客 「ビックリしたー!」
あ 「でしょ~?あれね、すんごい技術のフィルム?って言うの?のお陰で実現したんよ」
客 「おおおお!」

え!?

の 「純粋に誠実に、仕事に愛情を注ぎ込んでいる方が作ってくださったんです」
客 「へ~~」
か 「なんかね、もの凄く共感しちゃって、嬉しくなっちゃいました」
あ 「これが日本の技術なんよ!Perfumeは日本の技術とたくさんの愛情を集めてできているんです!」

観客からの温かい拍手が止まらなかった。

あ 「フィルムを作ってくださった方、来てますか?ありがとうございます!」

Fは震えが止まらなかった。
まさか、こんなことが待っていたなんて!
Mはスペックの要求をするだけで、用途は最後まで教えてくれなかったのだ。

Fの中で、何かが一気に繋がった。
難問が解け、全てが相殺されて単純な美しい公式を見出したような爽やかさだった。
夢と現実は繋がっている。
注いだ愛情に気づいてくれる人たちがここにいた!
温かいものが頬を伝った。


ライヴが終わり会場を出ると本物の雪が舞っていた。
先ほどのTSPSのシーンが蘇ってくる。
空を見上げると滲んだ雪が虹色に輝いた。
気温は低いのに、身体が火照っていた。

ああ・・・ありがとう!

「さあ、明日からまたバリバリやろうな!」

そう言われてFの顔を見た部下たちは息を飲んだ。
そして涙が込み上げてきた。


笑わない男が笑っていたのだった。




**************************************************

※これはいつもの激しい妄想です。










WT2写真館

WORLD TOUR 2ndには行けませんでしたが、LVで疑似体験できました。
でも、できることならライヴ前後の現地の昂揚も感じたい・・・
そんな気持ちは、現地にいた皆さんも同じだったようですね。

この興奮をなんとか伝えたい!
Perfumeは海外でもこんなに愛されていますよ!
世界のみんなと一緒に喜びたい!
一緒に楽しみたい!

NETにアップされたたくさんの画像たちからは、そんな声が聞こえてきました。
発信したスタッフさんたちや、参加した皆さん、そしてそこに写っている皆さんの笑顔。 

僕はしっかり受け取りましたよ!

その交流の記録として、ここにまとめておきたいと思います。







<ケルン



wt2k1_20130715160541.jpg


wt2k2_20130715160543.jpg


wt2k3.jpg


wt2k1.jpg


wt2k4.jpg


wt2k5.jpg


wt2k6.jpg


wt2k7.jpg


wt2k8.jpg


wt2k9.jpg


wt2k2.jpg
 




<ロンドン>



wt2l1.png


wt2l2.jpg


wt2l3.jpg


wt2l4.jpg


wt2l5.jpg


wt2l6.jpg


wt2l7.jpg


wt2l8.jpg


wt2l9.jpg


wt2l10.jpg


wt2l12.jpg


wt2l11.jpg


wt2l13.jpg


wt2l14.jpg





<パリ>



wt2p1_20130715161725.jpg


wt2p2.jpg


wt2p3.jpg


wt2p4.jpg


wt2p5.jpg


wt2p6.jpg


wt2p7.jpg


wt2p8.jpg


wt2p9.jpg


wt2p10.jpg


wt2p11.jpg


wt2p12.jpg


wt2p13.jpg


wt2p14.jpg


wt2p15.jpg


wt2p16.jpg


wt2p17.jpg 


wt2p18.jpg


wt2p19.jpg

















wt2 logo 







Perfume FES 東京2日目 レポ(ENCOREコラボ編)

さあ、やってきましたKY企画第3弾(笑)
つま恋当日に上げる麺カタレポ アンコール編で~す。
お留守番でグギギな方は暇つぶしにどうぞww


Perfumeが捌けるとすぐにアンコールの拍手が始まりました。
7~8分したところで、斉藤さんへ送ったビデオ公開。
内容はざっくりこんな感じだったかと・・・

お久しぶりですPerfumeです。
斉藤さんにお願いがあってこのようなビデオレターを送りました。
今年、私たちは対バンツアーをやろうと思っています。
その対バン相手をぜひ斉藤さんにお願いしたいのです。
東・名・阪を回るんですけど、斉藤さんにはぜひ東京でご一緒できれば嬉しいです。
スケジュールとか方針とかあると思いますけど、お返事は早目にいただけたらと(笑)

ビデオが終わるとすぐに3人が出てきました。
その瞬間、チョ~ざわつく客席。
ヤヴェ~!かわい~!



pftk2ec.jpg





カウガール?チェックのネルシャツに、デニムのホットパンツ(あ~ちゃんはスカート)!
ゆかちゃん、ヤヴァイ~。
あのペラッとしたお腹まわりと、肉感的な足の魅力が存分に押し出された衣装ですぅ(//∀//)

あ「斉藤さんにはすぐにお返事をいただきまして」
か「見終わる前に返事ってww」
3「嬉しいよね~」
客「ははは」
あ「そして今日は皆さんから充電していきま~す!」
客「イエーイ!」
あ「これから斉藤さんとコラボレーションしちゃいま~す!」
客「イエーイ!」
あ「それでは登場してもらいましょう!斉藤和義さんでーす!」

斉藤さん登場。
3人とお揃いのシャツです。

あ「お揃い~(o≧∀≦)o」
の「このシャツね、かしゆかが買ってきてくれたんですよ」
客「おおおお!」
せ「今日も昨日も、個人的にはこの衣装が色っぽいかとへへへ」
あ「どういうところが?」
せ「なんかあの・・・(ゆかちゃんをヤラシイ目で見る)
か「(赤面しながら)ひっ!目が合わせられないでしゅ!!」
3人は困りつつも笑いっぱなしww

せ「そのシャツの下は何もつけてないんでしょ?」
客「はははは」
あ「いえ、4枚着てますから!」
客「ははは」

あ「リハの時、客席で斉藤さんの音楽を楽しませてもらいました」
せ「あ、途中で気が付いて、普段ならチョコッとやってすぐに次の曲にいくんだけど」
あ「ええ・・・」
せ「今日は見てると思ってほぼフルでやっちゃったよ」
3「はははは」
客「はははは」

せ「そこに柵みたいのあるじゃん?」
あ「ええ」
せ「そこに、のっちがこうやってチチ乗せてたんで・・・」

のっち赤面w
客大爆笑ww
斉藤さんのペースを必死に崩そうとするあ~ちゃん。

あ「リハも近くで楽しませてもらいました!ここ客席と近いからホラ届いちゃうよね」

ステージの4人が客席に手を伸ばす。
あ~ちゃんの手が最前のお客さんとタッチしたように見えて客席が一瞬ざわつく。

せ「今、俺の方には誰も来なかったな」
客「ははは」
あ「ヒー!ヒー!(引き笑い止まらずww)・・・ッヒー!」
客「ははははは(><)」
あ「私たちの曲の中で何が好きか、斉藤さんに訊いてみました」
せ「うん」
客「おお!」
せ「『ナチュラルに恋して』がめっちゃカッコいいね」
あ「ウレシー!」
客「(大拍手)」
せ「今日はバンドでやろうかと」
客「おおおおおおおお!」
あ「すごーーーーい!」
か「じゃあバンドの皆さんにも来ていただきましょう!」

あ「ドラム!小田原の豊さ~ん!」
客「イエーイ!」
あ「べースの隅倉弘至さーん」
客「イエーイ!」
あ「ひーろぽーん!」
客「ひろぽーん!ww」
あ「ギターの藤井謙二さーん」
客「イエーイ!」
あ「フージケーン!」
客「フジケーン!ww」
せ「フジケンはのっちと同郷なんですよ」
あ「へ~珍しいですよね~」
せ「本人はスンゲー嬉しいみたいですよ」
あ「本当ですか!?ぜんぜん嬉しさが見えないんですけどwww」
客「ははww」

あ「みなさんフェスのTシャツを着てくれてありがとうございます」

ここでベースのひろぽんだけTシャツを着てくれていないことに気づくメンバー。

あ「あれ?」
の「あれ?」
か「あれ?」

申し訳なさそうなひろぽんww
あ「(ひろぽんに近寄り)中に来てくれとるんよね?」
あ「あれ?ひろぽーーーーーーん!」
客「はは」
あ「ひろぽん、クリーム色だよ!(プンプン)」
あ「今回のはエンジか黒なんだよぉ!」
客「あ~あwww」
ひ「き、着替えてきますよ!」
あ「いや、もう今さら、弾いていただけるだけで十分なんで」
客「ははははは」
ハシゴを外されてひろぽん置いてきぼりwww
あ~ちゃん節炸裂!
ここでバンドメンバーが音を出しながら準備を始めました。
3人は繋ぎトーク。
ギターの音に反応して、あ~ちゃんがなんとギターの憑依芸。

あ「アンワアンワ!」
あ「ベラーンベラン!」
あ「ジャジャッジャーン!」
あ「ベロゴローン!」

せ「それ、間違ってるから」
客「はははは」

あ「チャカチャーウ!」
あ「チャガラチャーン!」

あ~ちゃんにはギターがそーゆー風に聴こえているんですね( ̄∀ ̄;)
そうこうしているうちに準備が整ったようです。

せ「では、いきますか?」
あ「はい!」

この、あ~ちゃんの「はい!」がかわいかった(*^_^*)

客「ヒューヒュー!」
あ「それでは、斉藤和義&Perfumeで『ナチュラルに恋して!』」
客「うおおおおおおおお!」
生バンドでも原曲と似た感じでした。
もともとファンキーですからね~
最初は斉藤さんから、そして3人と交互に歌います。
斉藤さんの後に聴くと、3人の声の可愛さが引き立ちますね(笑)
3人は終始笑顔です。

観客2・4泊目で手拍子。
そして、ホー!
曲はショートだったと思います。
あっちゅうまに終わってしまいました~(><)

あ「大成功ー!」
客「イエーイ!」
あ「でもさ、まだ斉藤さんの曲で聴いてない曲あるよねー!」
客「イエーイ!」
あ「そりゃいっぱいあるけどさぁ、その中でもさぁ、ほらやってない曲あるよねー!」
客「イエーイ!」
ここで「歩いて帰ろう」のイントロが被ります。
それをバックになんと、あ~ちゃんのコール&レスポンスが続きます。
このタイミングがカッコよすぎて思わず嗚咽。
イントロの演奏をバックに・・・

あ「男子!」
客「イエーイ!」
あ「女子!」
客「イエーイ!」
あ「2階!」
客「イエーイ!」
あ「1階!」
客「イエーイ!」
あ「みんなー!」
客「イエーイ!」
あ「みんなー!」
客「イエーイ!」
あ「歩いて帰ろう!」
客「イエーーーーーイ!」

せ「♪走る街を見下ろして~」

スクリーンに歌詞が映し出され会場のみんなで大合唱。
斉藤さんは1コーラス歌うと「パフュームーーーーー!」と促し、3人が続いて歌います。
3人の笑顔が最高でした。
好きな先輩アーティストとコラボが叶い、客席のみんなからも愛され・・・
こうして会場の全員で大合唱している3人の姿が、涙で霞んでいきます。
ああ、Perfumeファンでよかったと、また思ってしまいました。
3人の生歌と客席の声がナチュラルに混ざり合ってとても温かいハーモニーになりました。

客「うおおおおおおおおおおおお!」

曲が終わると、3人は大はしゃぎ!
斉藤さんはそんな3人を愛おしそうに見ながら、少し照れたようにニヤニヤ。
その光景を観ながらいつまでも拍手を贈る客席。

3「すごーい!ありがとうございましたー!」
あ「楽しかったー!」
客「イエーイ!(拍手)」
あ「斉藤さんもありがとうございましたー!」
客「ありがとうー!(拍手)」

ここで斉藤さんとバンドメンバーが捌けていきました。
客席からは惜しみない拍手が贈られます。
残った3人で最後のMC。

あ「今日は本当に特別な日でした」
客「イエーイ!」
あ「私たちのわがままに付き合っていただいてありがとうございました」
客「イエーイ!(拍手)」

ここで告知タイム。
『Masic of Love』リリースしました!
明日Mステに出ます。
ミニステにも出ます。
あ「今日のお客さんだけに判る合図を決めちゃう?」
客「イエーーーーーーーーーーーーーイ!o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o」
客「投げキッスがいい!」
あ「なんか、そういうのしたいだけの人みたいにならん?」
客「ならーん!」
あ「ホント?ならん?」
客「ならーーーーん!」
か「今回のMoLの中に魔法を掛ける仕草があるじゃん」
あ「それやろうか!」
の「みんな明日観てくれるよね?」
客「観る観るーーーーーー!」
あ「やっぱ番組の雰囲気によっては無理かな?」
客「えーーーーーーーー!大丈夫だよぉぉぉ!(キレル客たちwww)」
あ「このあと、名古屋と大阪があって、7月にはヨーロッパツアーがあります」
客「ヒューヒュー!(拍手)」
あ「ドイツ、フランス、イギリスに行ってきます!」
客「頑張ってーーーーー!」
あ「日本にカッコいい音楽があることをもっと知ってもらいたいじゃないですか!」
客「イエーーーーイ!」
あ「私たち、ちょっちだけ賑わせてきますw」
客「ははは」
あ「なんか『パなんとか』みたいのがおるらしいよ!くらいのネタになればそれでいいです」
客「はは」
あ「ぜひエールをお願いしまーす!」
客「うおおおおおおお!(拍手)」
あ「今日は楽しかったでーす!」
客「おおおおお!」
あ「また来てくれるかな~?」
客「イエーーーーーイ!」
あ「いいともーーーー!」
客「いいともーーーー!(それがしたかったのねww)」
の「(タモリの憑依芸で)お待ちしておりま~す」
客「ぎゃはははははは」
あ「それでは」
3「Perfumeでした!」
客「イエーーーーイ!(大拍手)」
猫「ゆがぢゅわーーーーーーん!」


期待していたコラボをやってくれました。
愛の溢れるコラボでした。
ナチュ恋の途中で斉藤さんが叫んだ「パフュームーーーーー!」ってのがカッコよかった。
ありゃ惚れますわ。
まあ、僕の「ゆがぢゅわーーーーーーん!」も同じようなものですが:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


ということで、この対バン企画はもっと続けてくれますよね?

3「いいともーー!」
猫「お待ちしておりま~すww」






***************************************************
翌日のミニステ、Mステでは結局両方ともやってくれました~(*^_^*)





pftk2ec2.jpg

pftk2ec3.jpg




※画像はbabachoさんのブログから無断借用しました(キッパリw)








 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】