Rhizomatiks inspired by Perfume

昨日、ライゾマ展のアーティスト・トークに行ってきました。

二日酔い気味で目をこすりながらTLを見ると、すでにICCに並んでいる人たちのツイで埋まっていました。
整理券をもらうために夜中から並んだ方もいたらしいですね。
シュゴイ!!

僕はモニター参戦するために13:30に初台に到着。
しゅなさんと合流してICCへ。



rzm pos


rzm tk
正規のチケが欲しかったのでP.T.A.会員証は提示せず500円を支払って入館



受付のおねいさんに尋ねると、モニター組は会場の外に並ぶよう指示されました。
すでに100人くらい並んでいます。
ここではパワーわんこさんにご挨拶。




rzm rt



最終的には、モニター参戦組だけで300人くらいは並んだのではないでしょうか。
後ろの方の人は観られないかもしれないと言われていました。
14:00になると移動が促され、会場の前室のようなところに通されました。
モニターがあります。
ここで観るのかな?と思っていると、係員から「立ち見でご覧いただきます」と言われ、会場の扉が開きました。
すると着席している250名強の整理券組が一斉にこっちへ振り替えるじゃあ~りませんか( ̄∀ ̄;)
めっちゃ注目されながら立ち見組の入場で~す(笑)

立ち見席に着くと、座席の2列目あたりから振り返って手を振っている人がいます。
あ!リズムさん、そ~ちゃん、北方さん、オショーさん?
手を振り返します。
次に別の場所からスーさんが振り返って手を振ってくれました。
手を振り返します。
ドイタマさんも最前から振り返って手を振っています。
周りのお客さんから「いったい何もん?」みたいな感じになってちょっとハジュカシイ!!


ステージ上には4つのテーブルとイス。
ネームプレートによると、向って左から司会の畠中さん、MIKIKOさん、関さん、真鍋さん。
その両サイドにスクリーンが設置されています。

15分押しで4人が入場し、トークショーが始まりました。
MIKIKOさんは水色っぽいブラウス、関さんはからし色のシャツ、真鍋さんはシャカシャカ(笑)
その真鍋さんはPC持参です。

まず注意事項が伝えられましたが、録画・録音は禁止だけど実況はなんとOKごのこと。
実況してはいけない箇所は、指でバツを出してくれることになりました。
でも、電波が悪くて(auだけかな)Twitterになかなか入れません(><)
おまけに真っ暗でメモも取れず、ボリュームも小さくて立ち見席からは聞き取りにくかったです。

そんな状況でしたので、詳細は覚えていません。
ところが、その場でタイピングしたというスゴイ方の「議事録」を見つけました。
素晴らしいですo(≧∀≦o)(o≧∀≦)o
かなり細かいところまで再現されております!

アーティスト・トーク「Perfume inspired by ライゾマティクス」議事録

ですので、ここでは個人的に印象的だった部分について書きます。
まず、MIKIKOさんの発言には印象的なものが多かったですね~

・『JPNスペシャル』の時に初めて中田さんと打ち合わせをして、先にイメージを伝えた

そんなことは今までに一度もないと思っていました。
『JPNスペシャル』はMIKIKOさん発信だったというのは驚きです。

MIKIKOさん、関さんの間でも打ち合わせはしないという話もありました。
それぞれの捉え方で進めていくそうです。
打ち合わせをしなくても捉え方に大きな差はでないのでしょうね。
そして、今では最終的にあの3人がやればPerfumeになるという安心感もあるでしょう。


・Perfumeの3人のブランド感とかアーティスト感が確立してきた今だからこそ近未来感を演出できるようになった

この話は面白いですね。
近未来のイメージでメジャーデビューを果たしたPerfumeなのに(笑)
でも、あの当時の近未来は「作戦」でした。
それに対して、今の近未来は「アート」なのでしょう。
東京ドームの頃でさえ、まだ近未来を演出できなかったと言っていました。
あの頃じゃまだベタだったと。
今なら、演出を自分たちの表現にできる。
3人の成長をしっかり見つめながら演出をしているMIKIKOさんに、やはり「母」の顔を見てしまいます。


・ライヴの演出は、分かり易すぎてもいけないし、分かってくれるお客さんに迎合しすぎてもいけない

両方ともライヴに限らないですよね。
Perfumeに関しては、昔から「明らかにされないこと」が多いです。
そこに、ファンがあーだこーだ考える楽しみがあります。
お客さんに迎合しないのもよくわかります。
ドSだし、ななめ上ですから(笑)
そういうスタンスがPerfumeに深みを与えているのでしょうね。


関さんは実質の進行役のようでした。
実際にMIKIKOさんと真鍋さんを繋げたのが関さんだからでしょうね。
そして持ち前の人間味で、会場を盛り上げてくれました。
印象的だった話は・・・

・MIKIKO、難しくしちゃった~♡
・MIKIKO、寝る~♡

:*:・( ̄∀ ̄;)・:*:
後で叱られるとか言いながら、MIKIKOさんとイチャイチャしていました(笑)
言われたMIKIKOさんも「MIKIKO、反省♡」とか乗っかってくるしww
そしてMIKIKOさんは関さんが話すことにはイチイチ大きくうなずいていました。
お互いの信頼や尊敬が揺るぎないからこその仲の良さ。
友人やパートナーではなく「同志」という言葉が浮かびました。


真鍋さんはずっとPCを操作していましたね(笑)
そしていろんな実験映像や作品を見せてくれました。
中には、3人の姿が細かい粒子に分解されていくようなヤヴァイものもありました。
もうね、ただのキモいファンですよこの人ww

・MIKIKOさんから『Nosaj Thing』のMVでやったものをPerfumeでもやりたいと提案されたから

Perfumeでプロジェクションマッピングをやろうと思ったキッカケを訊かれて答えたものです。
やっぱりそうでしたか。

関連記事⇒新ジャンルはいつ作るの?今でしょ!

あれ?
この情報は既出?


そして、最後のまとめの時間での関さんとMIKIKOさんの話が良かったです。
ライゾマと出会ってPerfumeはどう変わったか?
そして今後の展開は?

S 「根本は昔から変わってなくて、この子たちを使って何ができるかををずっと考えていて、
  そこにライゾマが加わってきたって形です。
  もっといろんな部分をいろんな人に見てもらいたいし、3人もそう思っているので、 
  真鍋さんもがんばってください(笑)」

M 「Perfumeのパフォーマンスがより魅力的に見えるために、ライゾマさんの力を借りていますけど、
  テクニカルだけが際立ってもPerfumeじゃなくなるので、3人のマンパワーが入って初めて成立する
  ものは何か、それをみなさんがどうやったら楽しめるかのバランスを取るのが自分の役割だと
  思っているし、これからも研究していきます。

MIKIKOさん、関さん、真鍋さん。
この3人のモチベーションは「Perfumeのファン」だということですね(*^_^*)



※司会の畠中さんとの温度差が気になりました。
 次回は、鮎貝健さんでお願いします(笑)

**************************************************

トークショーの後に展示を見ました。
カンヌのアレが再現されています。

でも・・・

3つの衣装にプロジェクションマッピングをしても味気ないですね。
そこには、映像で観たカンヌのあの感動はありませんでした。

「3人のマンパワーが入って初めて成立するもの」

まさにMIKIKOさんの言っていたことを実感した展示でした。








東京タワー(*´∪`*)ハニャ~ン

※この記事はPerfumeとは関係ないと思います

僕はスカイツリーよりも東京タワーの方が好きです。
だって・・・




tt1.jpg
知的で(`・ω・´)


tt115.jpg
クールで( ̄ー+ ̄) 


tt2.jpg
スマートで(´∀`)


tt3.jpg
はかなげで(*´Д`)


tt4.jpg
凛としていて(`▽´)ノ


tt5.jpg
可愛らしくて(*^_^*)


tt6.jpg
お人形さんみたいでo(^-^)o


tt7.jpg
時々黒くてwww


tt8.jpg
華やかで+。(*′∇`)。+


tt9.jpg
クリィミーマミみたいな衣装も着たくて


tt10.jpg
違う自分を見つけて楽しんじゃう♪


tt11.jpg
だからオシャレはやめられない


tt12.jpg
やめられない!


tt13.jpg
やめられない!!


tt14.jpg
やめられない~!!!




特筆すべきは・・・




tt15.jpg
脚がふつくしいこと(≧∇≦)ノ


tt155.jpg
仁王立ちが堪りません:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


tt16.jpg
その美脚で踏みつけてクダシャイ!!(//∀//)


tt17.jpg
ぬおおおお!o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o


tt18.jpg
いや・・・近・・・み、見えちゃ・・・ヽ(゚Д゚;)ノ゙○


tt19.jpg
あ~~~ッ!(/_\*)○








tt20.jpg
って、なんで怒ってるのぉぉぉ!(o≧д≦)o






そんなツンデレ小悪魔な東京タワーちゅわんが好きなんですぅ(*´∪`*)ハニャ~ン







LEVEL3=難易度3

Perfumeの5thアルバム『LEVEL3』が10月2日にリリースされます。
このアルバムタイトル『LEVEL3』の定義を「Perfume LOCKS」の中で募集していますが・・・
不自然ですね~(笑)

最初からタイトル案を募集するのなら解ります。
でも、すでに決まっているタイトルの意味を、後付けで募集するっていったいww
いい意見が出たらそれをインタビューで使いたいとまで言っています( ̄∀ ̄;)
そんなところも「Perfumeらしい」と言ってしまえばそれまでですが・・・
この違和感の理由を考えてしまいます。

中田さんから「LEVEL3」が提案された時、3人は「それだ!」と納得したそうですね。
それはきっと感覚的にハマったのだと思います。
ストイックにステップアップするイメージと、Perfumeを象徴する「3」も入っていますから。

でも中田さんは「LEVEL3」を提案した理由を彼女たちに伝えていないようです。
それは「自分たちで考えてほしい」というメッセージでもあるのだと思います。
そして一昨日のパフュロクでのあ~ちゃんの様子からすると・・・
3人はすでに答えを持っていると思います。

リスナーから寄せられた定義に、ことごとくダメ出しをするあ~ちゃん。
そんな彼女からは「そうじゃなくて!」という苛立ちすら感じました。
彼女の胸にある答えに触れる意見を待っているかのようです。

そんな中、あ~ちゃんがついに語ったこの発言が印象的でした。

あ「たとえば、武道館でDream Fighterを歌ったあの時、
  ステージ2へ上がりましたよね?みたいな。
  あの時からあ~ちゃんの表情変わりましたよね?みたいな」

この話から察するに、あ~ちゃんの中ではきっとこうなんです。

LEVEL2=Dream Fighter

そして「LEVEL」を「難易度」と捉えていると思われます。

『Dream Fighter』は、中田さんからPerfumeへ与えられた試練でした。
武道館で『Dream Fighter』を歌った、あの時からPerfumeは終わりのない旅に出たのです。
究極のポジティヴさで皆を引っ張る責任を感じながら、ゴールが見えない辛さ。
大変な葛藤の末、彼女たちは自分たちの強みを再発見して本物のDream Fighterになりました。
この「LEVEL2」を乗り越えたからこそ大きく成長し、今のPerfumeに繋がっています。

これが彼女たちにとっての「難易度2」だとすると、「難易度1」はメジャーデビューでしょうね。

LEVEL1=リニアモーターガール

こう考えると、「LEVEL3」は「今よりさらに難易度が上がる」という意味になります。
流れからするとこの「難易度」はスキルよりもメンタルにウエイトが置かれています。
その難易度の高さは、今の僕たちには解りません。
でも彼女たちはきっと感じているのでしょう。

今度はどんな試練を乗り越えなければならないのか?
そんな不安を抱く一方で、「まだまだ行ける」という自信もある。

だからこその「LEVEL3」の定義募集なのだと思います。
なんとなくモヤモヤした気持ちをスッキリさせたい!
そう思っているように思います。

過去のように悩みながら走るのではなく、スッキリさせてから突っ走ってほしいものです。
ドームツアー、そして近いうちに発表されるであろうWT3に向けて!


結局「LEVEL3」の定義は、中田さんから3人に出された課題なのかもしれません。
そのタイトルを最終的に選んだのはPerfume自身です。
中田さんはきっと「してやったり」とニヤニヤしているでしょうね(*^_^*)



※これも一種の妄想記事ですね(笑)





翻訳サイトの異変

翻訳サイトというものがあります。
Google翻訳、Yahoo!翻訳、Excite翻訳などがありますが、翻訳ロボは掛け持ちだったりします。
でも、この機械による翻訳はま~使えません(笑)
僕もせいぜい辞書代わりに使う程度ですね。

そんな翻訳サイトの中でも比較的使えるのがWeblioです。
例文がたくさん出てくるので参考になります。
今日、そのWeblioにこう入力して翻訳ボタンをぽちっとしてみました。

「Perfume」

するとなんと!



hon web p
うっひょ~~~o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o


見えますか? ※画像をクリックすると拡大します
一番下にこう訳されているんですよ!

「Perfume(パフューム)は、日本の女性3人組テクノポップユニットである。
 アミューズ所属、レコードレーベルはPerfume Records / ユニバーサルJ。」

バンザーイ!バンザーイ!ヽ(´▽`)/
調子に乗って他の翻訳サイトでも試してみると・・・




hon g 
Google翻訳

hon y 
Yahoo!翻訳

hon ex 
Excite翻訳


ありゃりゃ~(>_<)
こりはもしや・・・
Weblioさん(←急にさん付け)の中にPerfumeファンがいるのかな~?ヽ(*´∪`)ノ゛
そう思ってWeblioさんで他のアーティストも試してみました。



hon web c
capsule(>_<)

hon web a 
AKB48(>_<)

hon web s 
SCANDAL うっひょっひょ~~o(≧▽≦)o!!!!


Weblio様はアルファベットのアーティストを網羅しているわけではないようですね。
ちゃんと選んでいるようです。

結論。
Weblioの中にパフュンダルがいる!( ̄∀ ̄)v



いやいや・・・
PerfumeやSCANDALはきっと需要があるのだと思います。
Perfumeの事が書かれている英文を日本人が読みたくて翻訳するのか・・・
はたまた、Perfumeのことを語りたい英語圏の人が日本人向けに翻訳するのか・・・
そしてそれにいち早く対応しているWeblio陛下は素晴らしい(*^_^*)

いずれにしても、Perfumeの話題が海外に拡がっているのは間違いなさそうですね!
※SCANDALは正直ビミョ~ですが(^^;)

いいぞいいぞ!(`▽´)ノ


みんなPerfumeとコラボしたいんだよね!

もう・・・
最近のPerfumeは予告なしでビッグニュースを繰り出してくるから身体がもちません(笑)



ac1.jpg
この娘たちが・・・

Tiffanyとコラボなんて誰が想像したでしょうかo(≧▽≦)o!!!!




VOGUE_Tiffany.jpg
It's Time to Shine!
~時を超えて輝く世界へ進む~


VOGUEのフォトストーリー&Tiffanyのムービー!
先月からコラボしていますが、ここまでガッチリやってくるとは(◎-◎;)
カッコ良すぎて涙が出ました(T-T)

Perfumeは昔からコラボが多いです。
素人によるアイマスやMADムービーに始まり、企業とのコラボも多い。
でも、コラボの相手やコラボの仕方は変わってきています。

最近印象的だったのは・・・




vg1.jpg
昨年のVOGUE



dsn1.jpg
今年のディズニー



大人の可愛らしさを伴ったクールな魅力です。
Perfumeの成長に合わせて、彼女たちのキャラクターやイメージを活かした起用。
彼女たちの魅力を引き出すのが目的なの?とさえ感じます。

それは、Perfumeが売れっ子だから起用しているわけではないんですよね。
だって売れてませんから(笑)
彼女たちのクールさが、その稀有な存在感が、コラボをしたくさせるのだと思います。

そしていざ撮影現場に臨むと・・・
Perfumeの魅力にすっかり虜になってしまうわけですよ。
で、どっちのプロモーションだか判らないような映像が出来ちゃうわけです(笑)
な~んちって(*^_^*) 

これからも彼女たちの成長に合わせてコラボしたい企業からオファーが続くでしょう。

VOGUEやTiffanyは大人のブランドです。
両者には、日本のみならずこのまま世界的にPerfumeを起用してくれることを期待しちゃいます。

VOGUEさん、Tiffanyさん!
我慢しなくていいですよ(笑)
早くしないと他の企業に取られちゃいますよ!( ̄ー+ ̄)


だって、みんなPerfumeとコラボしたいんですから!




vg2.jpg
※クリックするとteaser動画へ飛びます




**************************************************

ナタリーの記事の中でこの部分が気になる気になる~♪

「10月16日から22日にかけては東京・伊勢丹新宿店1Fにてウィンドウディスプレイも展開され、
 3人の巨大スチール写真とともに、スペシャルムービーをアレンジしたホログラム映像も映写される。」

ホログラム!
キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!


ナタリー⇒Perfume×ティファニーのコラボ映像をVOGUEが制作





 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】