溶けあうVOICE

『Sweet Refrain』は、Perfumeの一方のど真ん中ですね。
切なくて、ドラマティックで、キラキラで・・・そして疾走感と清涼感。
Perfumeの有機的なポップ路線。
『ねぇ』や『Spring of Life』と同じ路線ですね。

そしてPerfumeにはもうひとつの路線があります。
『GAME』『edge』『FAKE IT』『Party maker』のような無機的なダンスナンバーです。

僕はどちらの路線も好きです。
というより、どちらかに片寄ってしまうことが残念です。
ジャンルやスタイルに束縛されないところがPerfumeの魅力だと思っていますので。

一時期、ポップ色が強い新曲が続いた時には少し悔しい気持ちになりました。
もっとバキバキでブリブリでゴリゴリな曲を!
カッコいいPerfumeを前面に打ち出してほしい!
でも、最近はポップ路線がリリースされてもあまりそう思わなくなりました。

それは、「Perfumeはクールだ」という認識が世間に浸透してきたのを感じるからだと思います。
フェスの出演増加、テクノロジーとの融合、海外の反応、そして『LEVEL3』のリリース。
そういったいくつかの段階を経て、カッコいいPerfumeが市民権を得てきたように思います。

こうなってくると、今度はPerfumeの振り幅の大きさを魅せつけてほしい!
そう思うのがファン心理なのかも知れません(笑)
クールな路線を突き詰めながら、ポップな路線も突き詰めてほしい。
そして、さらに新しい路線にもチャレンジしてほしい。

ところで、どの路線にも共通するPerfume最大の武器は「声」でしょう。
この「声」に関して、『Sweet Refrain』にひとつの到達点を見た気がします。


この曲は、モノクロのパラパラ漫画がカラーの実写になっていくような曲ですね。
とてもドラマティックです。

静かに始まり、段階的に疾走感を増していくような構成。
音数が徐々に増えていくイントロでは、なんとベースがフェイド・インです。
メンバーのソロが、短いフレーズでテンポよくリレーしていきます。
ディストーションギター風の歪んだ音が歌詞の心情に呼応して激しく掻き鳴ります。
声が重なって力強さを伴い、そこにキラキラした音が加わってくる。
視界がぱぁっと開けていく・・・

そのめくるめく展開の頂点で迎えるサビの歌声。

背筋がゾクゾクしました。
3人の声が「重なって」いるのではなく、完全に「溶け合って」いるんですから。

これまでの曲では、ユニゾンの歌声の中にメンバー個々の声を聞き分けてきました。
それぞれ特徴的な声ですし、曲によって声のバランスが違いますから。
でも、『Sweet Refrain』のサビは違います。
3人の声の成分を寄せ集めて一つの声にして、その声を3つ重ねたような印象です。
歌い方や勢いまで一体化して、まるで一人で歌っているようにさえ思います。





SR 3voices
イメージ図



Perfumeはユニゾン。
3人の声がMIXされることで、そこに初めて「Perfume」を見い出せます。
その唯一無二にしてPerfume最大の武器が、この曲でまた一歩進化したのだとしたら・・・

Perfumeは、普通では考えられないような次元に到達しようとしているのかも知れませんね。







※異論は認めます(笑)






永遠の売れかけユニット

おしゃれイズムは面白かったですね。




oi0.jpg






のっちだけダンスの得意部門が違うという話。
のっちは「キレ」タイプであ~かしは「グルーヴ」タイプ。
その理由が、最初にダンスを習った先生が違うせいだという話は初めて聞きました。
メモメモφ(.. )

番組では3人の特徴がよく表れていましたね。
フリーダムなあ~ちゃん。
的確なゆかちゃん。
残念なのっち。
森泉さんが「Perfume大丈夫?」と笑うほど引っ掻き回してくれました(笑)

意外だったのは、Perfumeの本業についての話がほとんど出なかったこと。
曲とか、ダンスとか、海外ツアーとか、テクノロジーとか、ドームとか、今後の展開とか。
そういった話を振られることは皆無でした。

番組は視聴者の期待に応える形で企画されるはずです。
「Perfumeの知られざるエピソードを聞きたい」
それが視聴者の期待だとしても、ここまで徹底したのには驚きでした。

よく知られていないゲストだったらその活躍ぶりを説明しなくてはなりません。
でも今回は、Perfumeの活躍ぶりはすでに視聴者によく知られているという前提だと感じました。
Perfumeがいつの間にか多くの人に知られている存在になったんですね。
ファンとしては、Perfumeの本業の魅力をもっともっと伝えてほしいと思っちゃいますけど。

紅白歌合戦も6年連続の出場が発表されました。
大ヒットを飛ばしているわけでもないのに6年連続なんです。
こうしたことは「存在感」が評価されているのだと思います。
Perfumeは日本の音楽シーンに欠かせない存在になってきたんですね~

Perfumeは「売れかけている」が似合います。
時の人になって消費されることなく、わかる人にわかってもらえればいい。
たとえPerfumeが好きじゃない人でも、Perfumeの存在を認めざるを得ないような・・・
「売れかけている」を続けながら、そんな存在感を増していってほしいと思います。


目指せ!「永遠の売れかけユニット」(笑)



**************************************************

ゆかちゃんがかしゆかしすぎた!(//∀//)



oiy5.jpg
(*´∪`*)ハニャ~ン







台北でPerfume探し

朝、ホテルのバルコニーに出ると聞こえてくるのはスズメの声・・・
ではなく、インコの声(◎-◎;)
ペットだとは思うのですが、すんごい数のインコが中国語をしゃべりまくっていました(笑)
そんな(どんな)台湾出張から帰ってきました~!



tp1011.jpg
Tapei101



今回の仕事は台北市信義区。
あのPerfume WT1のスタートを切ったライヴハウス「Neo Studio」のすぐ近くでした。



tp1012.jpg
左のビルは「Neo Studio」が入っているneo19



毎朝、neo19の脇を通って仕事へ出かけます。
ああ、ここでみんな並んでたんだよな~とか。
ここでフリコピしている人がいたな~とか。
ライヴは泣けたな~とか。
イチイチ思い出されて、朝から妙なテンションに仕上がってから仕事が始まります( ̄∀ ̄)

まあ、仕事のことははさておき・・・

台北は日本の音楽が溢れていました!
百貨店のフードコートではきゃりーの『インベーダーインベーダー』が。
家電店はCAPSULEの『CONTROL』が。
そしてなぜかラーメン店でPerfumeの『Magic of Love』が掛かっていました。
ヤスタカサウンドが台湾を席巻!(≧∇≦)ノ
他にもAKBグループやジャニーズなどのアイドル、水樹奈々、YUKIなどをよく耳にしました。

初日の夜に在台湾Perfumeファンの行天宮ヒロシさん&ヴィッキーさんと楽しい食事をしました。
小龍包おいしかった~(o≧∀≦)o
ヒロシさんディープだった~:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
ヴィッキーちゃん可愛いかった~(//∀//)
そして台北のCDショップをたくさん教えてもらいました。
仕事の合間にできるだけ巡り巡りたいと思っていましたもので(^^)

台湾の音楽事情の予備知識を得ようと「台北ナビ」を覗いたらこんな紹介がされていました。

・台湾で活動しているアーティストは1年に1枚ペースでオリジナルアルバムをリリースする。
・アルバムの収録曲は10〜12曲。
・アルバムの価格は380台湾ドル/枚前後が相場(今は1台湾ドル=約3.8円なので1,444円/枚くらい)。
・台湾ではCDチェーン店の売上げチャートがヒットの目安となる。
・チャートは毎週金曜日に発表する「g-music」売上チャートが有名。
・アーティストは金曜日にCDを発売し、土日のイベントに注力して売上げを伸ばす。
・基本的にCDシングルはなく、アルバム発売1ヶ月前に先行トラックをネット配信する。
・アルバム発売後は収録曲から数曲のMVを撮影し、時期をずらしてプロモーションする。
・その後1ヶ月~3ヶ月後にリニューアル盤を発売する。
・アルバム発売時にはアーティストがフリースペースでミニライブやサイン会などのイベントを行う。
・週末ごとにイベントが頻繁に行われているので、台湾ではファンにとってアーティストはとても身近な存在。

なるほど。
WT1の時の、台湾のファンのあの近い距離感にはこんな背景があったんですね。


翌日から少しずつCDショップを巡りました。
ちなみに「唱片」とは中国語でレコードのことです。


<試品信義書店 音楽館>

shihin1.jpg



MRT市政府駅近くのお洒落なエリアのオサレな書店の中にあるシャレオツなCDショップでした。
大きな売り場は台北最大クラス。
店内にはYUKIが掛かっていました。
PerfumeはJ-POPの棚にありました。




shihin2.jpg
スゲーあるじゃん!



『LEVEL3(初回限定盤)台湾盤』クリアが2枚ありました。
価格は499TWDですから日本円にすると約1,896円と安い!

CD
『GAME(通常盤)』×1枚
『JPN(通常盤)』×1枚
『LOVE THE WORLD(初回限定盤)』×2枚
『LOVE THE WORLD(通常盤)』×4枚
『未来のミュージアム(初回限定盤)』×3枚
『Magic of Love(初回限定盤)』×1枚

DVD
『Perfume First Tour「GAME」』×1枚
『Perfume『BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!!」』×1枚
『Perfume 3rd Tour JPN(通常盤)』×2枚
『LEVEL3(初回限定盤)台湾盤』×2枚

あれれ?
初回限定盤があるのに通常盤はないにょ?


<佳佳唱片忠孝店>

cc1_2013112317144813e.jpg





台北のCDショップでは老舗&大手チェーン。
台北駅構内にある店を覗きました。
すれ違いが困難なほど通路を細くして商品がギュウギュウに並べられています。

『LEVEL3』はなんと品切れ!\(^o^)/

ここもPerfumeが大きく棚を取っていました。




cc2_20131123171446464.jpg
置いている種類が多くて感激です!



CD
『Complete Best(通常盤)』×1枚
『⊿(通常盤)』×1枚
『ワンルーム・ディスコ(通常盤)』×2枚
『不自然なガール/ナチュラルに恋して(通常盤)』×1枚
『VOICE(通常盤)』×1枚
『JPN(通常盤)』×1枚
『Spring of Life(通常盤)』×1枚
『Spending all my time(通常盤)』×1枚
『LOVE THE WORLD(初回限定盤)』×2枚
『LOVE THE WORLD(通常盤)』×2枚
『未来のミュージアム(通常盤)』×1枚
『Magic of Love(初回限定盤)』×5枚

DVD
『Perfume LIVE@東京ドーム「12345678921011」(通常盤)』×1枚
『Perfume 3rd Tour JPN(初回限定盤)』×2枚
『Perfume 3rd Tour JPN(通常盤)』×2枚
『Perfume 3rd Tour JPN(通常盤)台湾盤』×1枚
『Perfume WORLD TOUR 1st(通常盤)』×2枚

コンベスまである!
ちょっとした日本のCDよりもスゴいかも( ̄∀ ̄;)


<五大唱片許昌店>

gd1.jpg
バイク屋ではありませんw



かつては歩いて3分の間に5~6軒のCDショップがひしめいていたというエリア。
台北駅前、新光三越のすぐ裏のアメ横的な通りです。
今では2軒が競走を続けています。





gd2.jpg
さあPerfumeはどこにあるでしょう?



日本のピックアップコーナーに『LEVEL3(初回限定盤)台湾盤』クリアが2枚がありました。
価格は388TWD(約1,474円)って、えー!最初に行った店よりもだいぶ安いですよ。
台湾では店によってCDの価格が違うのが普通のようです。



gd3.jpg
棚の充実度はイマイチ(><)
新しいものを安く売る戦略のようです。



CD
『未来のミュージアム(初回限定盤)』×1枚
『Magic of Love(通常盤)』×1枚
『Magic of Love(通常盤)台湾盤』×1枚
『LOVE THE WORLD(通常盤)』×1枚
『LEVEL3(初回限定盤)台湾盤』×2枚
『LEVEL3(通常盤)台湾盤』×1枚

でも、この店はPOPにチカラを入れているようで、日本のCDショップを思い出しました。



gd4.jpg
CAPSULE&きゃりーたん



<光南大批発許昌店>


kn1.jpg



五大唱片許昌店の数件隣にあるCDショップ。
なんかいろいろ売っている店の一角といった感じでした。



kn2.jpg
棚の充実度はまあまあですかね~



『LEVEL3(初回限定盤)台湾盤』クリアが2枚ありました。
そしてここには通常盤も6枚も。
価格は388TWDで、さすがにお隣の店と合せていますね。

CD
『Spending all my time(通常盤)』×1枚
『LOVE THE WORLD(通常盤)』×2枚
『未来のミュージアム(初回限定盤)』×1枚
『Magic of Love(通常盤)』×1枚


ということで、なんとか4店を巡り巡ることができました(^^)/
初回限定盤を置いているのに通常盤はないというケースが多いのに驚きました。
日本ではあまり見ない光景です。
最初から通常盤を入荷していないのでしょうか?
それとも通常版が売れてしまって、初回限定盤が売れ残っているということでしょうか?

台湾では、アルバムの楽曲をNETで無料で入手できる環境だと聞きました。
そんな環境でCDを買う人は、よほどのファンだと思います。
いい音で聴きたいのか、コレクションとして手元に置きたいのか。
音質だけを求めるのであれば通常盤で十分でしょう。
でもコレクションならDVDやブックレットがレアな初回限定盤を、あるいは両方を買うでしょう。

初回限定盤は価格が高いですから売れ残っているのかも知れません。
もしそうならば「特典効果」で初回限定盤から売れていくのは日本特有のスタイルなのかも知れませんね。

それと小さなことですが、『LEVEL3(初回限定盤)』はクリアしかありませんでした。
台湾のファンにプレゼントするならクリア以外のカラーにすると喜ばれそうですね。


いや~楽しかった!ヽ(*´∪`)ノ゛
ショップに入るとすぐにPerfumeが見つかる嬉しさは何とも言えません。
すでに日本のCDショップと変わらないくらいの品揃えの店もありました。
その浸透の速さには驚かされます。

Perfumeはそれだけ台湾で待たれていたんですね~(*^_^*)



**************************************************

『LEVEL3』が発売日にはディスプレーもあったようです。
その様子は行天宮ヒロシさんのこちらの記事で確認できます。

LEVEL3台湾盤ゲット!





異国で祝杯

※今回はPerfumeの記事ではありません。


商談中にメールが届きました。
そのメールが何を知らせるものなのかは察しがつきました。
すぐに見たいけどそうもいかず、商談が終わるまで心ここにあらず。。

お客様と別れてから早速メールを確認しました。
やはり妻からのメールです。
それはたった五文字のメールでした。

「合格したよ」

おおおおおおお(T-T)
娘が第一志望の大学に合格したんです。
娘よ!よくやった!
そしてありがとう!

なんかね・・・
今月は神経をすり減らす重大な仕事がなかなか決着せずに気の重い毎日なんです。
そんな僕に娘から「私は頑張ったよ!お父さんも頑張らなきゃ!」って言われたようで・・・
お父さんも頑張りますよ(^^)/

公立高校の美術科に通っている娘はやはり美大に進学することになりました。
そう、あの娘です。

関連記事⇒娘の誕生日に

あれから2年半が経ってしまったのかと驚いています。
子供はあっという間に大きくなってしまいますね。

幼い頃に自分を支えた「絵」が彼女の夢となり、一歩一歩階段を登っています。
他に取り柄がないことは本人もよく解っているようで、少し前にこんな事を言っていました。

「絵を描くのが嫌いにならない道を選びたい」

絵にもいろいろあります。
自分を表現する絵、誰かの想いを表現する絵、物の機能を表現する絵・・・

絵を教える先生にもいろんな方がいます。
先生が生徒の進路を決めてしまうことも多いですね。
そして自分が奨めた進路に就かない生徒には熱が入らない先生もいます。

そんな中で彼女は絵を描くことが嫌いになることを恐れてきました。
自分に正直に、そのために時には先生とも戦ってきました。
絵が嫌いになったら自分の存在価値はなくなってしまう!
そう思っていたのでしょう。
積極的なタイプではない彼女なりの「崖っぷちの戦い」だったのだと思います。

今まであまり戦うことをしてこなかった娘が、自分に素直でいるために戦うことを知りました。
地味な戦いではありますが、僕は娘を誇らしく思います。
そんな彼女が自分で選んだ道に進めることになったのは、本当に幸運なことです。
おめでとう!
と、本人に伝えたいけれど今は異国にいるので会えません。
まあ、これもいい想い出になるだろうと思いながらホテルの部屋で一人祝杯を挙げました。




hgk.jpg
お祝いなので飲み干しました(笑)



これからも自分に正直に進んでいってほしいと願っています(*^_^*)



**************************************************

娘の大学は家から2時間もかかるので一人暮らしをさせることになりそうです。
多少心配もありますが、彼女の成長のためにはいい機会だと思っています。

ってゆーか・・・

娘が出て行った後の我が家の方が心配です。
僕のパフュ活に対する妻のチェックがシビアにならなければいいのですが・・・(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル



※これから進路が決まる方の希望が叶うことをお祈りします。






The JPN

今週いっぱい台湾に来ております。
先月から中国、韓国、台湾とアジアロードです。

海外で仕事をする際は、相手のお国柄を理解することが大切だと思っています。
また反対に、相手の国が日本や日本人をどう見ているかを理解しておくことも大切だと思います。

日本や日本人のイメージ、好きな部分、嫌いな部分・・・
好きだと思ってもらえる部分はもっと磨きたい。
嫌いだと思われている部分は、まずその理由を理解したい。
意外と「好きな部分」と「嫌いな部分」は根っこが同じで、場面によって見え方が変わることも多いようです。

サイトで検索すると、日本人の海外からの好感度は概ね高いと思われます。
もちろん、すべての日本人がそのイメージに当てはまるわけではありません。
過去のイメージを引きずっているものもあります。
でも、日本人の平均点と考えてみれば理解できます。

さて、日本が好きな外国人が集う「和ペディア」というサイトがあるようです。
そのサイトの「日本人を表すピッタリな形容詞を10挙げるスレ」のトップテンはこうなったそうです。

01.Polite:礼儀正しい

02.Punctual:時間に正確な

03.Kind:親切な、優しい、思いやりのある

04.Hard-working:働き者の

05.Respectful:他人に対して敬意を表する

06.Shy:恥ずかしがりの、はにかんだ

07.Intelligent (Smart):理解力のある、知性のある、賢い

08.Grouping:グループに分けること(集団主義的な)

09.Formal:形式的な、きちんとした

10.Clean:清潔な


なんですかこれ(笑)
Perfumeのことを言っているんですか?(≧∇≦)ノ

さらに、外国人に訊いた「日本の好きなところ」と検索するとたくさんヒットします。
でもだいたい同じことが書いてあります。

・伝統とモダン(ハイテク)の混在

・情緒ある風景(富士山、桜、紅葉)

・独特の感性と緻密な技術に支えられた芸術・工芸品

・美味でヘルシーな日本食

・利便性の高さ(交通、コンビニ、自動販売機)

・オタク文化(アニメ、漫画、コスプレ)

・治安の良さ


おおお!
ここにもPerfumeに当てはまる項目が並んでいるジャマイカ~!ヽ(*´∪`)ノ゛
同じような事はルックスやファッションについても言えますね。

関連記事⇒先見の明
関連記事⇒和な和なしてる(*^_^*)

ああ、最近Perfumeに日本を感じて仕方ないんです。
今回も、Perfumeは外国人が感じる「日本や日本人の好きな部分」を凝縮した存在なんだなぁと改めて思ったのでした。
音楽やパフォーマンスだけが好まれるのではなく、こうした奥深さも好まれると強いですね~(*^_^*)
思えばPerfumeが好きな日本人の多くも同じですね。
Perfumeは、僕たちが忘れかけていた大切なものを思い出させてくれました。
そして、僕たちももっと意識をしなくてはならないと感じます。
Perfumeを入り口にして日本人と知り合ったら「思っていたのと違う!」なんてガッカリされないように・・・





ojigi1.jpg
礼儀正しく、感謝を忘れないPerfume





ojigi2.jpg
ガタッ( ̄□ ̄;)!!





 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】