Sleeping Beauty と あなた

アルバム『LEVEL3』には、歌詞が少ない曲が数曲あります。

『Enter the Sphere』
『Party Maker』
『Sleeping Beauty』
『Spending all my time(Album-mix)』

Perfumeの曲の(ヤスタカさんの)歌詞は、いろんな解釈ができるのが特徴です。
ただでさえそうなのに、歌詞が少ないとなると聴く人の想像力に頼る部分がさらに大きくなります。

この曲にどうしてこの曲名を付けたのだろう。
この曲が持つメッセージは何なのだろう。
この曲は誰に向けられているのだろう。

そんなことを考えながら聴くのも楽しいものですね(*^_^*)
そのまま自分なりの捉え方をすればいいと思いますが・・・
Perfumeがその曲にどのような想いを込めているのかも気になるところです。

それを知ることができるのはやはりライヴだと思うのです。
ライヴは目の前の観客にメッセージを伝えようとするでしょうから。
そんなわけで、今回のドーム公演では先の4曲のパフォーマンスがとても楽しみでした。

4曲の中でもひときわ歌詞が少ない『Sleeping Beauty』は特に興味がありました。
『Butterfly』と似たテイストの曲ですので、また「お着替え曲」かな?
なんて、多くの人と同じように思いながらも、何か掴めたらいいなと思っていたのですが・・・

って、本当にお着替え曲でした(笑)
でも、その時の映像には参りました。

開演前に会場の外で撮り溜めたたくさんの観客の3Dスキャン。
それを早くもこの曲の演出に取り込むという技術と熱意!
このスピードが、すでにPerfumeと観客の距離の近さを感じさせます。

たくさんの観客たちの分身が「Perfume」のロゴを形成しています。
GLOBAL SITEのあの演出を思い出します。
ファンたちがPerfumeを構成する大切な要素なのだというPerfumeからのメッセージです。

そして、次の場面で打ち抜かれました。

あ~ちゃん(だったと思います)が、たくさんの3Dスキャンされた人々の中から一人をつまみ上げます。
それがアップで写し出されたかと思うと、客席にスポットが当たります。
そこに照らし出された一人の観客は、3Dスキャンの映像と同じ服を着ています。
データの元になっているご本人なんですよね。
スクリーンに交互に映されるご本人と、その方の3Dスキャンデータ。
たくさんの観客の中から一人に光を当てるPerfume。
それはきっと一例にすぎないんです。

ここに至って『Sleeping Beauty』が誰なのかが解りました。

Sleeping Beautyは僕たちなんですね。

「みなさんは、まだ開花させていない素晴らしいものを持っているはず」
「私たちはそれを知っています」
「どうかそれに気づいてください!」

僕たちに向けた応援ソングだと受け止めました。
Perfumeを構成している僕たちが”それ”に気づいてもっと輝けば、Perfumeももっと輝く。
Perfumeがもっと輝けば、もっとたくさんの人が大切なものに気づく。
Perfumeが作ろうとしている素晴らしいスパイラル。


僕の中の「Sleeping Beauty」はいったいどんなものなのだろうか・・・





新しい遊び( ̄∀ ̄)

今月はなぜか妄想強化月間になってしまいました(笑)
え?いつもそうじゃないかって!?
いや、いつも以上に重篤化して危険が危ないんです( ̄∀ ̄;)

だって1月の記事の約半数が妄想記事なんですもん。
それだけじゃなく、年が明けてからパフュが夢に出てきたのが6回。
そ、阻止しないでください!ヽ(゚Д゚;)ノ゙

さらに最近はこんな遊びにも手を染めてしまっています。

Perfumeが歌詞で伝えったー(LEVEL3版)
パフュー夢を見るったー2(SWEET編)
パフュー夢を見るったー
かしゆかに人生相談してみったー

ええ・・・診断メーカーです(笑)
意外と簡単にできるんですね!
ただ、複数の要素がどんな組合せになっても文章が成立するようにするのは難しいものです。
組合せが3,000通りとかになると、全てをチェックするわけにもいきませんからね~

でもこれ、意外と楽しめます:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
ええ、ええ、自分のために作りましたとも(笑)
これも妄想なんですよね。

でも、予想以上に多くの方が楽しんでくださっています。
な~んだみんな妄想好きなんじゃん!と安心する今日この頃。。

この診断メーカーは診断結果をTweetできます。
もちろん皆さんハンドルで診断してTweetしていますが・・・

こっそりと本名で診断している人もいらっしゃるはず(笑)
僕みたいに( ̄∀ ̄)v



sm2.jpg 
うっひょ~~~~~~!ヽ(*´∪`)ノ゛



sm1.jpg 
ぬおおおおおおお~o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o←ガキか




これからも、いつまでも「妄想したくなるPerfumeちゃん」でありますように!(≧∇≦)ノ




虫の知らせ

※この記事はPerfumeとは関係ありません



1月26日(日)、入院している義父のお見舞いに家族で行ってきました。
その後レストランで夕食をとって車で帰路につきました。
19:00くらいでしょうか、運転をしていると唐突にある言葉が頭に浮かびました。

「錯乱坊・・・チェリー!」

『うる星やつら』という漫画にでてくるおかしな坊さんの名前です。
いつも突然ドアップで登場して何やらうんちくを言っては殴られてしまうキャラ。

学生の頃、高橋留美子さんの漫画が大好きで単行本はほぼ全部揃っています。
特に『うる星やつら』の世界観が好きで、今でもよく思い出します。
でも、チェリーのことを単独で思い出すことなんてなかったんです。
というより、しばらくその存在を忘れていました。

運転中にチェリーを思い出してニヤニヤ。
錯乱坊っていい名前だなぁ。
あだ名がチェリーっていうのも秀逸。
身長はピカチュウ並みだった気がする。
気色悪い顔だったなぁ(笑)

そんな一連の光景と一緒にあの声が思い出されていました。
アニメ版の『うる星やつら』のチェリーの声。
言っていることはめちゃくちゃなのにめっちゃ説得力があるあの声。
そういえば高橋留美子さん原作のアニメにはほとんどあの声がありました。

・・・家に着く頃にはチェリーのことはすっかり忘れてしまいました。

そして昨日のあの事件。
それは今朝になって気づきました。
チェリーの声をやっていた永井一郎さんが突然亡くなりました。

記事を読んで目を疑いました。
亡くなったのは26日の夜なんですね。
僕の脳裏に突然浮かんだチェリーは虫の知らせだったんでしょうか。
僕にはそういう能力はないと思っていましたが。

今朝興奮してそのことを妻に言ったら「フンッ」てな感じでした(笑)
たしかに、会ったこともないし、熱狂的なファンでもありませんでしたから。
でも、あまりにも身近な声でまるで家族の声のように体に擦り込まれているような感覚です。

波平さん
錯乱坊
ダイス船長
佐渡先生
徳川機関長
フィリップ
花村少佐
町田先生
小鉄
八宝斎
ジョドー
猪熊滋悟郎・・・

永井さんが声を担当した愛すべきキャラクターたち。
その中でもチェリーは特異な存在だったのではないでしょうか。
いつも周囲を攪乱するふざけた存在。
そのナンセンスが面白かったのですが・・・

今思い出すと、当時とは違う姿となって見えてきます。
歳を重ねて酸いも甘いも知り尽くし、その上で浮世を少し横から見ながら楽しんでいる。
不幸なことすら楽しんでしまうような感覚。
そんな風に人生を楽しむのはまさに僕の理想です。
そう思わせるのは、もしかして永井さんがご自身を投影して楽しんでいたからなのかも知れません。
彼の声にはそうした存在感や説得力がありました。

ああ・・・
残念でなりません。

永井一郎さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

永井さんが命を吹き込んだキャラクターたちは、永井さんの分身としてこれからも生き続けるでしょう。
 




真鍋さんのエロ

ゆかちゃんが年始の抱負で「美脚」と書いたのは2009年?2010年?
その頃からでしょうか。
Perfumeのエロ化に、Team Perfumeとして取り組み始めたのは。

脚を強調したり、衣装の生地がどんどん少なくなったり・・・
でも、肌の露出が多いのに品が良い。
一方、セクシーを抑えたダンスなのに女性らしさがにじみ出る。
Perfumeはここでもギャップを内包して奥深く複雑な表現をしているんですよね。
そして繊細なさじ加減で僕たちを翻弄するのです。

こうしたエロ部分のフレームも、四天王たちの仕事がインパクトとなっています。

参考記事①⇒関さんとエロ
参考記事②⇒大人はエロいんです(笑)

最近思うのは、『Spending all my time』のプロジェクションマッピングが見れば見るほどエロいということ(笑)

真っ白な服なのは、3人をまっさらなキャンバスに見立てているからです。
それは個々の色をリセットして「俺色に染まれ!」というプロポーズとも採れます。
その処女性へのこだわりと、独占欲がエロい。

3人は両手両足を広げ、無防備な姿を晒します。
その体の上を好き放題にうごめくたくさんの光りたち。
無防備な姿勢を強要した上で、自分だけのコントロール下に置くところがエロい。



pcn9.jpg





そしてダンスが始まってもプロジェクターは3人を捕えて離しません。
どこまでもPerfumeの体を追いかけるんです。
真鍋さんは、あのプロジェクターに自分の魂を仕込んでいると思いますwww
エロい。
いや、もはやエロいを越えて犯罪性すら感じます(笑)



pcn10.jpg

pcn8.jpg





真鍋さんの、Perfumeに対する鬱積した想いが終結しているような:*:・( ̄∀ ̄;)・:*:
この流れだと、真鍋さんから刺激を受けた関さんが、さらなるエロ表現を研究してくるような気がします。
ヤヴァイですね。
関さんが暴走したらR18指定のMVとか出来ちゃったりして・・・
いやいや、Perfumeにそれはどうなんですか!?

関さ~ん(・o・)ノ



よろしくお願いしま~すo(≧∀≦o)(o≧∀≦)o


Perfumeで繋がる音楽

Perfumeはアイドルだ。
Perfumeはポップスだ。
Perfumeはテクノだ。
Perfumeはロックだ。
Perfumeはダンスグループだ。
Perfumeは複合芸術だ。

Perfumeはいろんな呼び方をされます。
Perfumeが多面体だから一言では言い表せないんですよね。
いっそ「Perfume」をひとつのジャンルにしてしまえばスッキリするのでしょうけど。

『Perfume FES!!』はそんなPerfumeにしかできない新たな挑戦だと考えています。

昨年のFESは、3アーティストとの対バンでした。
その規模ゆえに「FES」という言葉に違和感がありましたね。
フェスって、広いところにたくさんのアーティストが集まってやる音楽祭でしょ?

でも今回の『Perfume FES!! 2014』は、対バン相手が増えジャンルもさらに広がりました。
一見バラバラなアーティストたちにキッカケを与えているのは、Perfumeに他なりません。
個別に対バンを開催しますので、まだ”いわゆるフェス”とはイメージが違いますが・・・

でも今回の内容を見て将来のイメージが沸いてきました。
それはロックフェスを変革させたPerfumeにしか見えない風景なのかも知れません。

パッションや、生きざまや、楽しみたい気持ちや・・・
そんなのジャンルが違っても一緒でしょ?
ロックとか、フォークとか、テクノとか、ポップスとか、アイドルとか。
カタチに囚われて大切なものを見落としてるんじゃない?
先入観でコチコチになってない?
本当はみんな繋がれるはずだよね?

Perfumeがフェスで観客を沸かせるほど、ロックフェスにこういった疑問を突き付けることになりました。
ロックフェスが門戸を大きく開くことになったのには、Perfumeが大きな影響を与えたからだと思っています。

この変化を目の当たりにして、Perfumeは自信を持ったのだと思います。
Perfumeはいろんな要素を持っているから、誰とでも繋がれるのだと。
Perfumeが介在すれば、ジャンルを超えたフェスができる!

それはとても現実的な挑戦でした。



FES1.jpg
これがいわゆるロックフェスです



アーティストは、フェスという場でオーディエンスと気持ちをぶつけ合います。
ロックフェスでのPerfumeは、たくさんの出演者のひとつという位置づけです。
でも、これをPerfume視点で表すとこうなります。





FES2kk.jpg
Perfumeと他の出演者の繋がり



音楽的にも人間的にも、Perfumeは他の出演者と繋がってきたのだと思います。
一回一回のフェスを楽しみ、出会いを大切にして・・・
出演依頼を出せる相手が多いのはそういうことでしょう。
この構図を縦割りにすれば、現在のPerfume FESの構図そのものです。
視点を変えただけなんですね。
ただ、矢印が双方向なのが特長です。

Perfume FESはまだ完成系ではないはずです。
今はまだ通過点に過ぎません。
本当にFESと呼べる日が来るまで!


いつの日か・・・

『Perfume FES!! 2016』開催決定!

日時:2016年9月21日
会場:幕張メッセ
出演:国内アーティスト30組(予定)、海外アーティスト5組(予定) 順次発表・・・




FES2.jpg
Perfumeを介せば全ての音楽は繋がれる!



それは、Perfumeを介せばすべての人は繋がれるということですね(*^_^*)







 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】