Perfume”の”ダンスヒールに願うこと



ISTN P5
伊勢丹とのコラボ企画のひとつ「Perfumeダンスヒール」


Perfumeの象徴ともいえるハイヒールをメンバー監修の元に製作。
踊りやすいように設計された「Perfumeダンスヒール」(1万9,000円)が三越伊勢丹のプライベートブランド
「ナンバートゥエンティワン(NUMBER TWENTY-ONE)」から登場。
ブラック、ホワイト、ゴールドの3色展開。
ヒール8cm、サイズは22〜25cm。


この「踊りやすい設計」とはどのような設計なのでしょう?
ヒール8cmというのはすでに踊りにくい設計なんじゃないかと思ったりして( ̄∀ ̄;)
そこで、競技ダンス、サルサ、バーレスクなどで踊りやすいと言われるハイヒールについて調べてみました。




ISTN P7


ISTN P8




<踊りやすいハイヒールに求められる要素とそれを叶える工夫>

①姿勢が安定させる「重心の安定性の高さ」
  ⇒重心を考慮した構造と精巧な造り

②足を自在に動かせる「しなやかさ」
  ⇒しなやかで軽く丈夫なアッパー素材選び(本革・サテン)

③確実なステップを踏める「アウトソールの適度なグリップ力」
  ⇒適度に滑り、適度の滑らないアウトソール素材の使用(柔らかい革など)
   ※この加工をしたシューズで外出はできません

④立つ力をサポートする「ヒールカウンターの硬さ」
  ⇒踵とアキレス腱を広く硬く支える手を抜かないヒールカウンター

⑤バネの利いた足の構造をサポートする「シャンクの形状と硬さ」
  ⇒土踏まずのアーチをサポートできる形状と硬さのシャンクを使用


Perfumeダンスヒールにはこのような工夫がされている可能性がありそうですね。
そして、踊りやすいハイヒールを履くと次のような履き心地がするらしいです。

 ・足に吸い付くような感じ
 ・走っても疲れない
 ・実際のヒールの高さよりも低く感じる


ただこのシューズも既製品である以上、使用者の足がシューズに合わせなければなりません。
それが少し残念ですね。

そこで思い出されるのが一昨年のLIVE MONSTERにPerfumeが出演した時のトークです。

参考記事「LIVE MONSTER トークMEMO」

彼女たちが「ハイヒールに足を合わせる」苦労話が紹介されました。
足のコンディションに合わせて靴をカスタマイズをし、フットケア製品を駆使して0.1mm単位で
足の皮膚の厚さを調整するのだとかヽ(゚Д゚;)ノ゙

あの番組を見た時、どうして彼女たちの足に合わせたカスタムシューズを作らないのか腹立たしく思いました。
ハイヒールで無理を続けていると身体の変調にも繋がりますから。

その流れで今回の「Perfumeダンスヒール」企画を考えた時、こう願わずにはおれません。


「Perfumeダンスヒールは、Perfumeのために創られたものではありませんように」


Perfumeダンスヒールは、既製品の中では踊りやすく考えられたシューズですが、
Perfumeが既製品の仕様のままでステージでは履かないでほしいんです。


今のPerfumeは、メンバー個々の足の形状や骨格、サイズに合わせたカスタムシューズを使っていてほしいですね(・o・)ノ




パンデミックは起きるのか

ISTN P2

ISTN P3



ナタリー「Perfume×伊勢丹コラボ!新PV制作、ハイヒール販売、館内マップも」


スカート丈がゆかちゃんらしくないですね~\(`△´)/
スカートの下半分、いや下2/3を手で隠して観たくなります:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
でも、そんなところを誰かに目撃されたらドン引かれてしまいます!(∀ ̄;)(; ̄∀)
それはノーサンキューなので、その衝動に耐え悶えながら目を細めて画像を観るのです。
(消えろ・・・消えろ・・・)と念じながら観るのです(ФωФ)
すると・・・
あ~ら不思議!画像のスカートが変態丈に脳内変換されるじゃあ~りませんか(゚∀゚)!!
ここでさらに(消えろ・・・)と念じるのはまだ髭の剃り方も知らない若者がすることです。
円熟したエロ紳士は、ここから(赤くなれ・・・)と念じるのです。
やがて頬を紅潮させて潤んだ瞳のゆかちゃんが現れたら、その時が床を転がる頃合いです。

(*´∪`*)ハニャ~ン


さて( ̄∀ ̄;)

『“世界最高のファッションミュージアム”を目指して、先進的な商品を取りそろえる伊勢丹新宿店。
 Perfumeとのコラボ企画では「デジタル×ファッション×サウンド」など、これまでにない新しい
 価値を創造して顧客に届ける。』

伊勢丹は、Perfumeと共鳴して増幅させたパワーによって、自らの夢を前進させようとしています。
その共鳴する部分というのが「デジタル×ファッション×サウンド」。
これはPerfumeの構成要素の一部分ですね。
ただし、スタイルとしてのPerfumeの構成要素。

スタイルから入ったPerfume worldの奥に、「信念」というPerfumeのコアコンピタンスが潜んでいます。
そこに辿り着いた時、人々は心を揺り動かされます。
伊勢丹は、そこまで目論んでいるような気がするのです。





tp1.jpg
2013年10月


関連記事「Perfumeが溶け込む風景」



夜の新宿に浮かび上がるPerfumeのディスプレイはド迫力でした。
13年前(当時)の彼女たちは、こんな将来が待っているなんて想像だにできなかったでしょう。

そのPerfumeのディスプレイの前で涙ぐむファンと、それを見て涙ぐむファン。
ここに至るPerfumeの道のりは、勇気を振り絞って自分たちを信じてきた道のり。
小さな願いから始まって、今では新宿の百貨店のウィンドウをジャックしている。
その現実を目の当たりにしたとき、Perfumeがドーッと自分の中に流れ込んできます。
そして心の奥で縮こまっていたものに手を差し伸べ、共鳴し、勇気を与えてくれます。
やがて身体中に温かいパワーが巡ってきます。

あの光景を、伊勢丹はしっかり見ていたのだと思います。
そして、感染した。

2013年はTIFFANYとのコラボで伊勢丹ジャック。
2015年は伊勢丹とのコラボで新宿ジャック。

これはまだ通過点でしょう。

2017年は新宿とのコラボで東京ジャック。
2020年は東京とのコラボで日本ジャック。
そして、日本とのコラボで世界ジャック!

ガール⇒シティ⇒ワールドと拡がっていったPerfume worldのように。

ブレイク時期に「Perfume現象」と呼ばれたPerfumeの感染力は、その対象を個人から産業へと拡大し、
より多くの個人へ影響を及ぼすようになりました。
間接的になったぶん下がってしまう密度を、友軍のフォロー力とブランド力で支えるのはもはや大手企業の戦略です。


伊勢丹が、Perfumeを使って人々の心をどれだけ掴めるのか。
それは一次感染した伊勢丹がPerfumeの魅力をどれだけ効率よく個人へ伝えられるかという事。
この企画は、このコラボの成功失敗のみならず、Perfumeがパンデミックを起こせるかどうかを量る
ひとつのモデルケースになるのかもしれないですね。



**************************************************

さて、電脳猫は現在ヒジョ~~にご機嫌ななめです。
なぜなら、『ぐるんぐるん』がいまだに観れていないからです!
ゆっくり観られる時間が採れないんですぅ(T-T)
いい映像らしいですね。
いい表情が多いらしいですね。

観られるまでは、ジャケットにあったこの小さなお気に入り画像で我慢しておきます。




ggyj.jpg
ぐはぁ!凹〇





タイアップは体当りで(`・ω・´)

昨日の記事を書いていたら、自動的に彼女の自撮り画像を見直すことになりました。
じーっと、
じ~~~~っと、
観ている内に(//∀//)あることに(/_\*) 気がつきました(*´∪`*)ハニャ~ン

あれあれ~?肌あれしてな~い!

偏食のせいか、以前はあごやほっぺあたりに肌あれが目立ったゆかちゃんですが。
最近は肌あれもなく、お化粧の乗りもよさそうです(*^^*)

野菜を食べるよう努力しているからでしょうか?
仮にそうだとしても、そうさせているのはこれだと思うのです。



ccl2.jpg
あれあれ?

ccl3.jpg
肌あれ?

ccl4.jpg
お疲れ?

ccl5.jpg

ccl7.jpg
このタイアップをしている以上、肌あれがあったらエーザイさんに迷惑が掛かります



タイアップによるアーティスト側のメリットは、CMによって曲を覚えてもらえることです。
その露出拡大によってタイアップ曲はヒットに繋がることが多い。

企業側のメリットは、曲やアーティスト自身のイメージを利用して商品の印象を強めることです。
良い印象で頭に残っている商品は買ってもらいやすくなります。

チョコラBBがコラボするアーティストなら次のようなイメージが必要でしょう。

・健康的
・肌がきれい
・バリバリ仕事をしている
・曲や声が特徴的

まさにPerfumeはピッタリだったわけです(*^^*)

でも、Perfumeはそれだけでは終わらないはずです。
タイアップをする以上、タイアップ先の商品が売れるよう誠心誠意努めると思うんです。
イメージだけではなく、実態が伴わなければ企業の役には立てない。
そのために自分たちを高めるのが、Perfumeらしいと思うのです。

それが企業の看板を背負うという責任であり、彼女たちの感謝のシルシであると。

で、ゆかちゃんの肌あれがなくなったのも、彼女のそんなプロ根性の表れなのだと思うわけです。


さて、現在はサッポロさんとタイアップしているPerfume。
彼女たちのプロ根性はどのように表れるのでしょうか・・・?

やはり・・・
昨年から囁かれていたこのワードが、ここで全貌を明らかにするんではアルマジロ?




Perfumeと飲める!打ち上げ付きツアー!
 GREEN AROMA Presents Perfume 6th Tour「べろんべろん」開催決定!



プロ根性を魅せてください!:*:・( ̄∀ ̄)・:*:





ccl6.jpg
打ち上げ?オヤジはモチロン出禁よ!うふふふ









ゆかちゃんブログ2014年まとめ

ゆかちゃんブログを追いかけることで、その年の彼女の充実度や変化を理解しようとするヒジョ~に意義のある毎年高齢、いや恒例の企画です。
例年は1月に実施しているこの企画が、今回はこんなに遅い時期になってしまったのにはワケがあります。
それは・・・

昨年はリヨンのヤローの記事がやたら多かったからニャー!くっそリヨンくっそ!!\(`△´)/

いやいや。
本当は、昨年のゆかちゃんの記事がたった19本しかなかったからなんで~す(T-T)
まとめる意味があるのかどうか( ̄∀ ̄;)
昨年のゆかちゃんの記事がこんなに少ないのは・・・

リヨンのヤローをかまってやる時間が増えたからなのか!?くっそリヨンくっそ!o(`ω´*)o

いやいやいやいや。
きっと更新が少なかった電脳猫に気を遣ってくれたのですよね?:*:・( ̄∀ ̄)・:*:←アホ

 ※2010年版はこちら⇒ゆかちゃんブログ2010年まとめ
 ※2011年版はこちら⇒ゆかちゃんブログ2011年まとめ
 ※2012年版はこちら⇒ゆかちゃんブログ2012年まとめ
 ※2013年版はこちら⇒ゆかちゃんブログ2013年まとめ
 ※図表はクリックすると拡大します。


<ゆかちゃんブログ 2014年概要>

更新回数        :19回 
写真掲載枚数  :20枚
自撮り枚数      : 8枚
顔文字個数     : 5個



suii.jpg
主要データ推移(2010年~2014年)



毎日更新宣言をした2010年の後、2011年、2012年と更新頻度が減少傾向。
2013年は復調の兆しが見られましたが、2014年は再び減少してしまいました。
ただ、記事の内容はとても穏やかであることから、忙しくても充実した1年であったことがうかがえます。

大きな変化としては次の2つが挙げられます。

・顔文字が激減したこと
・リヨンが調子ぶっこいていること


<ゆかちゃんブログ 2014年詳細>

ichiran.jpg
2014年 記事一覧



tukibetu.jpg 
2014年 月別更新内容



naiyou.jpg
2014年 記事内容内訳



記事が少ないながらも、その内容は非常にバランスがよく、落ち着いたテイストです。
ファッションに関する記事が姿を消す代わりに、ペットの記事が増えています。
この、ドッシリとした安定感は次の変化からも伝わってきます。


【ベスト顔文字】
2014年も「(*^^*)」が最も頻発しており4年連続のトップとなりました。
ただ・・・
2014年の顔文字登場回数は、「(*^^*)」が3個、「(´-`).。oO」が2個の計5個。
顔文字の使用が激減しています。

そもそも、ブログやSNSで顔文字を使うのはどうしてなんでしょうか。
僕も顔文字を多用しますが、それは次のような理由によるものです。

・文章を補佐し正しく伝わるようにするため
・文章と呼応して表現力を上げるため
・文章に含みや深みを加えるため
・文章だけの硬い雰囲気を和らげるため

顔文字はオンライン特有の文化ですね。
読み手を特定できない環境で文章を発信するため、顔文字は補佐や潤滑材の役割を担ってきたのでしょう。

そんな顔文字をゆかちゃんはこれまで多用してきました。
ではなぜ急に使わなくなったのでしょうか。

年初の「明けまして2014.」の記事の中で、叶えたい事を100個書いてみたという話しをしています。
これは、自分の内面を外に押し出して明確にする行為だと思います。

その後、「好きなものは好き」「好きなものを好きと自信を持って言いたい」「ありがとうって自信を持って
言いたい」など、自分を肯定しようとする表現の記事が続きます。
もがいているのではなく、強まりつつある自信を認識しようとしている感じでしょうか。
その結果、ストレートで、ある意味居直った文章となり顔文字の存在意義も薄れたのだと思います。

私はこういう人なんです。
伝わる人には伝わるでしょ?

ストイックですね~
時にはぶっ飛んでもらった方が、安心できるのですが(・o・)ノ


【リヨンが調子ぶっこいている件】
さて、昨年「来年はリヨンの記事が増えるでしょう」と予測した通りの結果となりました。
リヨンの画像は全体の20%を占め、なんとあのヤロー記事まで書いてやがります。

さらに、テレビで失敗しながらも頑張ったゆかちゃんに、あのヤローがこんなことを言い放っています。

「まぁがんばったからごほうびにぼくがひざのうえにのってあまえてやるにゃ」

ぐおるぁ( ̄□ ̄;)!!
テメーそのチョー上からな物言いはのなんなんだぁー!\(`△´)/
ご、ご褒美に膝の上に乗って甘えてやるだと~!?
羨まし過ぎて号泣しちゃったジャマイカ!

なぁリヨン君。
同じ猫のよしみで1日だけでいいから僕と入れ替わってはくれたまえないかな?
僕だってゆかちゃんにご褒美をあげたいにゃ~o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o





jc1.jpg
その膝!じっとしてるにゃ~!




jc2.jpg  
ちょっと待ったー!




jc3.jpg
阻止ー!



そうであった。
この界隈には猫が多いのだった気をつけよう( ̄∀ ̄;)


2014年のゆかちゃんは、忙しいけど穏やかで充実した日々を送ったと確信します(*^^*)
ただ、ストイックさを増していることに一抹の不安もあり。

2015年は今のところ更新数も自撮り数もいいペースです!
今年もPerfumeとゆかちゃんが充実した年になりますように(o^-^o)/





遥か遠いキミに届けたいSTORY

SXSW2015のPerfumeのパフォーマンスはYOUTUBEの生中継で観ました。
ほぼ『STORY(SXSW-MIX)』1曲のみの中継でしたが、十分に堪能させてもらいました。

まずは記録としてキャプしておきます。
カウントダウンの後、Perfumeが登場するところから。



stn1.jpg

stn2.jpg

stn3.jpg

stn4.jpg

stn5.jpg

stn sp1

stn6.jpg

stn7.jpg

stn sp2

stn8.jpg

stn9.jpg

stn10.jpg

stn11.jpg

stn12.jpg

stn13.jpg

stn14.jpg

stn15.jpg

stn16.jpg

stn17.jpg

stn18.jpg

stn19.jpg

stn20.jpg

stn sp3

stn21.jpg

stn22.jpg

stn23.jpg

stn24.jpg

stn25.jpg

stn26.jpg

stn27.jpg

stn28.jpg

stn29.jpg

stn30.jpg

stn31.jpg

stn32.jpg

stn33.jpg

stn34.jpg







各所のレビューに「薄いフィルターを駆使したパフォーマンス」とあります。
たしかに上の最後の画像を見ると、恐らく1人当たり2枚のフィルターを使っているようです。

中継を観ている時は、映像の目まぐるしい変化や過激なカメラワークのため、フィルターに見えるものも
投影されたもので、実物ではないと思っていました。
本当にフィルターを使っていたとは・・・その機敏な動きとスピード、そして精度は信じがたいレベルです。
さらにその創られた世界に溶け込むPerfumeのパフォーマンスは本当に素晴らしかった。

3人の姿はフォログラフィーと実物を織り交ぜているようです。
そうすることによって、まるでイリュージョンを観ているような幻想的な世界を創り出しています。
6体になったり、人体にバグが入ったり、一方でちゃんと影が映っている映像などが上のキャプでも確認できます。

近未来的、アナデジ、テクノロジーとの融合、二次元的、ドール感・・・
浮かんでくるワードは、これまでPerfumeを表現してきた言葉ばかりです。
このステージは、これまでのPerfumeの世界観への賛美の上に創られているということでしょう。
その世界観を、映像作品ではなくライヴでやってしまったという偉業。
実物の3人が演じることで、創られた世界が現実となる。
そのステージ上の世界(幻想)と、客席(現実)の境目はいったいどこにあるのだろうか。


ここに一つの疑問があります。

この世界観は現場の観客にはどの程度伝わったのだろうか。

そう思いながら『STORY(SXSW-MIX)』の歌詞を聞くと・・・


「遥か遠いキミへ届けたい
 きっと祈りに近い 物語

 星空を眺めて 手を広げ

 願うように歌おう 物語」
 

”遥か遠いキミ”
それは海外の人たち?
いや、アメリカの3人から見た”遥か遠いキミ”、すなわち日本にいる僕たちへのメッセージだと感じずにはおれません。



と、そんな切なさを勝手に妄想して目を潤ませるキモチワリュ~イ電脳猫なのでした( ̄∀ ̄;)




**************************************************

SXSW2015 Perfme Set List

1.STORY(SXSW-MIX)
2.Spending all my time
3.ポリリズム
4.スパイス
5.Magic of Love
-P.T.A.のコーナー-
6.FAKE IT
7.エレクトロ・ワールド
-MC-
8.チョコレイト・ディスコ
-MC-
9.Spring of Life






 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】