HOME>Perfume

仕事始めの夜に

昨日は仕事始めでした。
この日は毎年やることが決まっています。

出勤(8:00)

年賀状の確認
業界紙の確認
新年の挨拶メール送信
月初の承認業務
第4クォーター対策
1月の売上予測
早目に退勤(17:00)

同じ部署の全員で柴又帝釈天へ初詣
必勝祈願
お札を購入

参道で土産を買う(船橋屋のくず餅)

柴又の寿司屋で新年会



毎年このパターンです。
職場から帝釈天までは1kmほど。
みんなでぞろぞろ歩いて向かいます。
寒風に耐えながら、寄り添うように。

帝釈天に着くと辺りはもう真っ暗です。
参道の店も半数はすでに閉まっています。
この寂しい雰囲気がいいんです。
仲間の温かさが浮き彫りになって感じるからです。

帰りには毎年同じ寿司屋に寄ります。
それは下町風情いっぱいの店。
僕たちが入店したら、テレビを楽しんでいた真っ赤な顔のオジサンがすぐに席を空けてくれました。
大将夫婦もお客さんたちも気さくですぐに打ち解けます。

新年会はみんないい顔をしています。
休みにも飽きてきた頃なのでしょうか(笑)
久々に会う仲間なので、話したい事がたくさんあります。
紅白歌合戦など芸能界の話、時事の話題、家族の話、休みの過ごし方・・・

注文するメニューも毎年だいたい一緒。
座る席も毎年なぜか一緒。
年に一回しか行かないのに女将さんは僕たちのことを覚えていてくれます。

「また来年!」

そんな、新年早々には似つかわしくない挨拶をして店を出ました。

皆でぞろぞろと駅へ向かうとき、急にグッと込み上げるものがありました。
飲み過ぎたわけではありません(笑)
このささやかなひと時を、今年も迎えられたという幸せ。
そして、この「平凡な今」に幸せを感じられること自体を幸せだと思いました。
今の僕は恵まれていると思います。
この先はどうなるか解りません。
でも、どの「今」にもささやかな幸せを感じられたらいいなと思います。
ずっと後になって懐かしく思い出すとき、どの時代にも戻りたくなるような。

そう願う2014年仕事始めの夜でした。



*************************************************

寂しいからこそ温かさが浮き彫りになる・・・
僕はPerfumeの『マカロニ』のMVにもそれを感じます。

京成電鉄を使うことが多いため、四ツ木をよく通ります。
通過する時には、必ず窓からあの河原を見ます。
いつ見てもあの時と同じ寂しい風景。
特に秋~冬にかけては。

関さんは『マカロニ』のロケ地になぜこの場所を選んだのか。
発売当時よく考えたものでした。

寂しい風景なのに不思議と温かさしか伝わってこない。
涙が出るくらいに。

それはなにも不思議なことではなかったんですよね。
寂しい風景の中だからこそ、3人の仲の良さが浮彫になって温かく伝わってくるのでしょう。
押し付けるのではなく、自然に伝わってくる3人の仲の良さ。

関さんの手腕に感服です。
やはり『マカロニ』のMVはどの角度から見ても名作ですね(*^_^*)









pmrpv1.jpg










関連記事

この記事のトラックバックURL

http://electrocat.blog113.fc2.com/tb.php/1000-cf0be068

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】