HOME>Perfume

宇宙戦艦Enter the Sphere 第一話:Perfumeの危機は地球の危機

※紙芝居テイストの全6話。
   軽~いノリのお遊びですので難しい話はナシの方向でw






**************************************************

西暦2013年。

地球は謎の異星人国家「カミダス帝国」からの侵略を受けていた。
カミダスが撃ち込んでくる「カミダスミサイル」は地球人をジワジワと蝕んでいった。
ミサイルに仕込まれた特殊な神経ガスに冒されると、話し言葉が猛烈に噛み出すのだ。
その影響はPerfumeにも及んでいた。

の「極(きわみ)ブロン!」

『第2回 Perfumeダンスコンテスト~魅せよLEVEL3~』の授賞式でのっちが派手にやらかした。
「極部門」を勢いよく噛んだ上に、体言止めなのでその後の余韻がインパクトを増した。
客席は沸きに沸いたが、のっちは終演後にぼやいていた。

の 「もうヤダ!ミタイルのせいで最近噛みしゅぎてMCにならだい!o(`ω´*)oムッキー」
あ 「えー!今までと変わらんじゃろwww」
か 「ミサイルのせいならあ~ちゃんやわたしも噛んどるはずじゃしw」
の 「えーーー!ヽ(゚Д゚;)ノ゙ 」

のっちの変化にはあ~ちゃんもかしゆかも気づいていた。
しかし、対策が見つかるまでの間は気づかないフリをしようと二人で決めたのだった。


カミダスの最高権力者デシュラー総統はこの様子をモニターで見ながらこう言った。

「0w、tj、vr・・・grtgんちpgンjvpg地vjtp具tmgpヴィ円」

失礼、彼らは噛み噛みすぎて理解不能なのだった。
修正してから翻訳するとこんな感じになる。

「クックック・・・のっち用の配合はよく効いているようだな。
 地球人はこのまま噛み噛みに悩まされて失意の中で滅んでいくのだ。
 その最後のボタンを押すのが・・・そう、Perfumeなのだよ! 

 Dream Fighterとして人々に勇気を与えてきた君たちにしかできない役だ。
 このまま、のっちの噛みすぎが理由でPerfumeが活動を停止すれば・・・
 最後の心の支えを失った地球人どもは、夢もチボーも見い出せずに降伏するだろうよ。
 ウハハハハハハ!」

間もなくのっちは重症化し、歌でも噛むようになってきた。
この機を見て、デシュラー総統はトドメのミサイルを発射させた。
これが炸裂したらのっちは永遠に噛み続けてしまう!

Perfumeは活動停止になってしまうのか!
地球はカミダスに制服、いや征服されてしまうのか!


つづく



関連記事

この記事のトラックバックURL

http://electrocat.blog113.fc2.com/tb.php/1003-cf0bfc8f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】