HOME>Perfume

宇宙戦艦Enter the Sphere 第五話:破壊力

Enter the Sphereは木星付近を航行中に操艦の自由がきかなくなった。
そして木星の重力に引き込まれてしまった。
船体を補修するために浮遊大陸に不時着したが、そこはカミダスの基地だった。
Enter the Sphereの存在はすぐに敵にバレてしまった。
このままでは多勢に無勢、甚大な被害を被ることは必至だった。

内山機関長が提案した。

内 「あれを試そうジャマイカ!」

”あれ”が何なのかを知っていた真鍋が異を唱えた。

真 「あれは危険すぎます!」
水 「いや、あれの威力を試すのには絶好のチャンスだ」

そんな会話を聞きながら佐々は疑っていた。
(あれの威力はそんなにスゴイのか・・・?)

ついに艦長が命令を下した。

水 「やはりあれを試そう!」
佐 「はい!」

「艦内の電源を切れ!」
「はい!」

「かしゆかに白ごはんと生肉のイメージを送れ!」
「非常弁全閉鎖!」

「イメージ送ります!」
「非常弁全閉鎖!」

「(*´∪`*)ハニャ~ン砲への回路開け」
「回路開きます」

(*´∪`*)ハニャ~ン砲?
それをまだ知らない者が多かった。

「(*´∪`*)ハニャ~ン砲薬室内タミフル圧上がります」

「全エネルギー(*´∪`*)ハニャ~ン砲へ!」
「強制注入機作動!」

ウイーーーーーーーン

「(*´∪`*)ハニャ~ン砲安全装置解除!」

「安全装置解除、セーフティロックゼロ」
「圧力発射点へ上昇中」
「最終セーフティ解除、圧力限界へ!」

「目標確認、前方10万キロ」

「(*´∪`*)ハニャ~ン砲用意!松井さん、操縦を佐々さんに!」
「佐々さん、渡します!上手くやってください」
「任せて!」

「艦首を目標に合せます!ターゲットスコープオープン!電影クロスゲージ明度20!」
「目標速度40宇宙ノット」
「ココロの粒子出力上昇」
「発射10秒前!」
「対ショック対閃光防御!」
「5、4、3、2、1、発射ーーー!」

佐々はトリガーを引いた。
艦首にある発射口から透明な大きな”何か”が発射されたように感じた。
しかし浮遊大陸はビクともしない。
クルーは不安になった。
しかし・・・

やがて敵の戦闘機がみるみる失速していった。
大陸上の基地も静まり返って攻撃してくる様子もない。
Enter the Sphereのクルーは狐につままれたようだった。

通信班長の山本が敵の様子をモニターに映した。
するととても直視できない惨状が映し出された。

「(*´∪`*)ハニャ~ン(*´∪`*)ハニャ~ン(*´∪`*)ハニャ~ン」

カミダス星人は口々にそう叫びながらヨダレを垂らし白目をむき彷徨っていた。
地べたを転がりまわっている者も多い。
しかし皆いい笑顔をしている。

「(*´∪`*)ハニャ~ン(*´∪`*)ハニャ~ン(*´∪`*)ハニャ~ン」

佐 「艦長!これはいったい・・・」
M 「これが(*´∪`*)ハニャ~ン砲の破壊力だ」
佐 「発射口からは何が発射されたんですか!?」
M 「では聞かせよう。キミたちには免疫があると思うが十分に注意するように」

艦長がボタンを押すと音声が流れた。

「いじわりゅ♡」

ぐはぁ! 凹〇
山本が無表情のままイスから転げ落ちた。
コロスキカ!
あやうく第一艦橋のクルーまでが廃人と化すところだった。
水野艦長が説明した。

ココロの粒子の抽出に専念している3人だが、かしゆかだけ別の脳の領域を解放してある。
それは、彼女に好きな食べ物のイメージを伝えることで発動する。
食への欲求が満たされると、かしゆかは気分が高揚し小悪魔要素の高いセリフを発射する。
それを最大限に増幅して発射するのが(*´∪`*)ハニャ~ン砲である。
その破壊力はカミダス最強の兵器の5倍にあたる。

真鍋が抗議した。

真 「一般市民まで巻き込んでしまったじゃないか!兵士だけでよかったのに・・・」
M 「今後(*´∪`*)ハニャ~ン砲の使い方には十分な配慮が必要だな」


マタカンデルへの航海中、カミダス軍は幾度もEnter the Sphereを襲った。
しかしその度に(*´∪`*)ハニャ~ン砲に救われた。

「いちころバキューン!」
「食べてほしいな~」
「ガシャコーン!」
「あの人とゆかとどっちといるのが楽しい?」
「ぼーくドラえもん ぼーくドラえもん ぼーくドラえもん・・・」

先に届くココロの粒子によって心を開かせ、そこに撃ち込まれる小悪魔爆弾。
それは敵の命を奪うことなく戦意を喪失させる兵器だった。
しかし奇妙なことに戦いを重ねるたびに敵の軍勢が増えていった。
さらに奇妙なことに、その敵たちは攻撃もせずに何かを待っているようだった。
そして無防備な状態で(*´∪`*)ハニャ~ン砲の餌食になっていくのである。
この”後遺症”こそがこの兵器の本当の恐ろしさだった。

カミダス星本土決戦に挑む頃には、敵の戦闘能力は著しく低下していた。
そして・・・

「触ってみて!スベスベしてるでしょ?♡」

この一撃でデシュラー総統も逝ってしまった。


マタカンデルではラセたんがEnter the Sphereの到着を心から歓迎した。


つづく





関連記事

この記事のトラックバックURL

http://electrocat.blog113.fc2.com/tb.php/1007-387a5007

コメント

勝手に第五話分の動画もつくりました
http://youtu.be/jYYXkSd35Ao

電脳猫さんのイメージと違うかもしれませんが…^^;

>セラミックおじさん
コメントありがとうございます^^

>勝手に第五話分の動画もつくりました

(*´∪`*)ハニャ~ン砲の動画がめっちゃお気に入りです(*^_^*)
まさにイメージ通り!www

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】