HOME>Perfume

音楽を手に入れる

ALBUM 『LEVEL3』 アナログ盤 2014/05/14(水)Release!!

これ、最近のPerfumeのニュースの中で一番驚きました!
正直、最初は「なぜ?」と思ったんですけど・・・
その後に、頭がタイムスリップして、我にかえると大納得していました。


今はデジタルで高性能な電脳猫も昔はアナログ猫でした。
レコードから出る音をアナログシンセで真似てMTRを使ってカセットテープに録音とか(笑)

学校帰りにレコード店(中古も)や貸しレコード屋に寄ることが多かった。
ジャケ買いしたレコードはなぜかプログレが多かったっけw

レコードを買うと家に帰る道がもどかしかった。
帰宅すると着替えもせずにオーディオの前に座り込む。
ジャケットを眺めながらレコードを慎重に取り出す。
内袋の角が折れていたりすると少し残念な気持ちになる(笑)
盤面を斜めにして光を当てて見る。
溝の切り方の密度を見るだけでもう曲調が想像できる。
キズやゴミを確認しながらエアスプレイを掛ける。
リードに針を落とす時の「プツ」いう音。
ボリュームつまみに手を掛けながら、針が溝に流れ込むのを待つ間のわくわく感。
期待がマックスになったところで、ノイズと共に独特のライヴ感のある音楽が始まる。

ああ・・・なんと豊かなんでしょ~う!ヽ(*´∪`)ノ゛
Perfumeのニュースから、あの感覚を思い出しました。

アナログレコードは同じレコードでも聴くたびに違って聴こえます。
それにはノイズとか、湿度とか、盤面や針の摩耗とか、再生機器の状態とか・・・
そういう物理的な理由もあるでしょう。
でも、最大の理由は「レコード=音楽そのもの」だからだと思います。
環境も気持ちも整えて、音楽を大切に扱いながら楽しむ。
デジタルよりもずっと繊細なアナログならでは貴重な時間。
レコードを買うということは、その楽しい時間を手に入れることでした。

今では「CDを買う」という行為が「音楽を手に入れる」ことではなくなってきました。
デジタル音源がWEBで簡単に手に入りますから。
そういう時代だからこそアナログがまた見直されているんですね。

Perfumeがアナログ盤をリリースする。

これは、「音楽をもっと楽しんでほしい」というPerfumeの願いなのでしょう(*^_^*)



あ、プレイヤー直さなきゃ!(>_<)



**************************************************

この技術でいい音を楽しめることを期待していま~すo(^-^)o


uvlp.jpg
ユニバーサルの超高音質LPレコード「100% Pure LP」

http://www.universal-music.co.jp/genres/international/100purelp






まあ、戦略的でもありますね。
海外じゃCDは売れませんから(^_^;)









関連記事

この記事のトラックバックURL

http://electrocat.blog113.fc2.com/tb.php/1025-ff17f10d

コメント

三色予約しました。
溝の上を針が走る(正確には盤が回っているわけですが)様を眺めるの、いいですよね。
音楽そのものが物理的に見えるようで……つまり、可っ視化しにされて、愛おしくなります。
わざと回転数間違えてみたり、逆に回したりして遊んじゃったりして。アナログならではの楽しさもありますよね。

リリースの経緯についてですが、LEVEL3は作品の性質上、DJライクなためにヴァイナルを出したのかな…とも思えますが、実際HIP HOP系やスクラッチなどに用いない限りあまり需要はなさそうですね。
実際のところは、Perfumeファンには音楽マニアの方が多いですから、単なるコレクターズアイテムという位置付けなのかもしれないですね(^-^;
今のPerfumeのマーケッティング担当はいろいろやばいと思う :-)
アナログレコードは非常に戦略的なマーケッティングだと思います。

1.DJがPerfumeの曲を使ってもらう頻度が上がる

2.そこに集まる人達へ訴求する

Perfumeの音楽は2、3の知っている有名曲は別として、アイドルの曲だしあまり積極的には聴かないよ、というその手の層に対し、実は曲はむちゃくちゃ本格的で、こんなかっこいい曲やっているんだよ、という「触れるきっかけ」になれば良いのだと思います。特にLEVEL3はその層に十分訴求力があると踏んだのではないでしょうか?

単体での利益を狙ったものではないと思いますが、長期的なスパンで考えた際、非常に面白い結果を生むかもしれません。
残念ながら
自前のコンポは、中森明菜がCMしていたパイオニア・プライベートのCDデッキset(音出ないけど今もある(^_^;))から入ってるので、アナログ盤には思い入れも、再生環境もまったく無い私にとっては、ただのコレクションアイテムでしかないのです(T_T)

でも、人それぞれの楽しみ方がまた一つ増えるという意味では大歓迎です。Perfumeはいろいろなアプローチで楽しめるのが真骨頂だと思ってますで。

唯、純粋に技術的な疑問は、元々がデジタル音源なのにアナログ化して音質的に何かいい事あるのでしょうか?
可聴域を外れたエリアは元々入ってないでしょうから、雰囲気と話題性以外にはなにも生まれないような気がするのは私だけ? (^_^;)  
もしかして
LEVEL∃のアナログの推移によっては、過去盤の発売もあるのでしょうか?
プレーヤーを持っていないので私も眺めてはため息をつくばかりだとは思いますが、メールと手紙の違いと同じで、CDとレコードは楽しみ方(愛着と言うべきか)が違うように思っています。
モノとしての存在感がすごいんですよね。
針の音もそうですが、私の実家ではレコードを聴くのにまずスピーカーとアンプの電源(めんどくさい位置にある)をいれないといけなくて。入れるときのノイズを今でも覚えています。さあ聴くぞぉぉーという期待感とか。ライナーノーツを読みながらうなづいたり、えー誤字がある、とか(割とあった気がする)歌詞カードの紙を指紋がつかないように気を付けながらめくる感じとか。
………ああ、やっぱり買おう。買うしかないですわ、これは(^_^;)
訂正
2つ上のコメント書いた者ですが、最近はもうアナログでDJしてるところってもうあまりないんですね。うーん、よくわかんなくなってきた...
受注精算分のプレスで十分元が取れるという算段なのですね...
>エセオさん
コメントありがとうございます^^

>音楽そのものが物理的に見えるようで……つまり、可っ視化しにされて、愛おしくなります。

キモい( ̄∀ ̄;)
エセオさんは若者なのにアナログが似合いますね~(笑)

>わざと回転数間違えてみたり、逆に回したりして遊んじゃったりして。

子どもの頃は45回転のEPを33回転で回して笑い転げてましたw
それをモノマネしたりして。
逆再生はMTRでよくやりましたね。
それをマネしてしゃべって録音したものをまた逆再生してちゃんと聞こえるか試したり。
あ、以前パフュロクで3人もやってましたね!
あ、脱線しました~(><)

>実際のところは、Perfumeファンには音楽マニアの方が多いですから、単なるコレクターズアイテムという位置付けなのかもしれないですね(^-^;

CDが売れない欧米で今アナログが盛り上がっているみたいですよ。
アナログなら持っていたいと思う人が増えているようです。
そんな人たちのリアクションを見たいのかな~と思っています。
>非公開のコメ主さん
コメントありがとうございます^^

楽しみにしていますよ~(≧∇≦)ノ
>G3さん
コメントありがとうございます^^

>アナログレコードは非常に戦略的なマーケッティングだと思います。
>1.DJがPerfumeの曲を使ってもらう頻度が上がる
>2.そこに集まる人達へ訴求する

新しい層に働きかけているのは間違いないと思います。
そしてPerfumeとの親和性も高い企画だと思います。
従来の曲をゴリゴリにremixしてアナログでリリースなんてのもあるかも知れませんね。

>長期的なスパンで考えた際、非常に面白い結果を生むかもしれません。

僕もそう思います。
今回の企画はお試しで、リアクションを見てシリーズ化するような気がします。
でも、今回のリアクションが良くなかったとしても、時間を置いてまたやってほしいですね!
>スーさん
コメントありがとうございます^^

> 自前のコンポは、中森明菜がCMしていたパイオニア・プライベートのCDデッキset

懐かしい!
DESIREでしたっけ?
って、そのコンポめっちゃ古いですね(笑)

>アナログ盤には思い入れも、再生環境もまったく無い私

そこ意外です。
スーさんはJAZZ喫茶とかにいそうなんですけどww

>人それぞれの楽しみ方がまた一つ増えるという意味では大歓迎です。
>Perfumeはいろいろなアプローチで楽しめるのが真骨頂だと思ってますで。

異議なし!(≧∇≦)ノ

>可聴域を外れたエリアは元々入ってないでしょうから、雰囲気と話題性以外にはなにも生まれないような気がするのは私だけ? (^_^;)  

雰囲気だけでも十分に魅力的ですが・・・
ヤスタカさんなにかやらかしてくれませんかね~
新たな音域やノイズを加えたアナログ用のマスターを作り直しているとかw
>しいな流線型さん
コメントありがとうございます^^

>LEVEL∃のアナログの推移によっては、過去盤の発売もあるのでしょうか?

今回の企画は「お試し」だと思っています。
シリーズ化してほしいですね~(*^_^*)

>モノとしての存在感がすごいんですよね。

まさにそこが再評価されているんですよね!
CDは買わないけどレコードなら買う人がいると思います。

>さあ聴くぞぉぉーという期待感とか
>ライナーノーツを読みながらうなづいたり
>えー誤字がある、とか(割とあった気がする)
>歌詞カードの紙を指紋がつかないように気を付けながらめくる感じとか

いちいちうなずいてヘドバンみたいになってしまいました(笑)
少し古いレコードの少しカビ臭いような匂いまでもが懐かしいですww

>………ああ、やっぱり買おう。買うしかないですわ、これは(^_^;)

3色いっちゃいます?(笑)
>G3さん
コメントありがとうございます^^

>最近はもうアナログでDJしてるところってもうあまりないんですね。

そうでしょうね~
HIP HOP系ならまだ比較的多いんじゃないでしょうか。
新たなマーケットが拓けるといいな~(*^_^*)

>受注精算分のプレスで十分元が取れるという算段なのですね...

そのへんをシビアに考えているから受注生産なんでしょうね。
でも密かなブームに乗っていますよ!
ニッチなところがPerfumeらしいと思うのですが(笑)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】