HOME>Perfume

届け!この想い

結成10周年を記念して企画された”Perfume LIVE @東京ドーム「1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11」は、ついに公演当日を迎えていた。
準備は完璧だった。
約1年をかけて周到に練られ、仕組まれたスケジュール。
”攻めの年”を謳い、積極的な仕掛けで、従来のファンを満足させ、新規のファンも増やしてきた。
露出も増え、もはやPerfumeを知らない人はいないだろう。
全ては、3人の夢であるこの東京ドーム公演の成功のために。
スタッフもファンも一丸となって盛り上げてきた。
その甲斐あってか、チケットは早い段階でSOLD-OUTとなっていた。


「あとは彼女達が楽しんでくれればそれでいい」
音楽雑誌Rの記者、田口は記者席の最前列でこの公演の成功を心から祈っていた。

しかし・・・

開演5分前になっても客席の2/3ほどしか埋まっていない。
集まった観客も戸惑いの色を隠せないでいる。
「そんな馬鹿な!チケットが取れなくて嘆くファンがあんなに大勢いたというのに!」
田口は信じられなかった。
バックステージでも大騒ぎになっていた。
「どうしますか!?開演を遅らせますか?」
「いや、恐らく転売屋の仕業だろうから、待っても同じだろう。」
Perfumeのファンには、律儀で、正義感の強い人が多い。
そのため、ファンクラブ枠をはじめ、不正な転売チケットには手を出さない人がほとんどだ。
思うように売れないので、転売業者がギリギリまで高値で引っ張った結果、最後に投げ売ってももう捌き切る時間がなかったのだろう。
観たい人は大勢いるのに、たくさんの空席ができてしまったのにはこんな残念な事情があった。
「なんてことだ・・・彼女達の夢のステージがこんな理由で失敗に終わるなんて!」


予定より15分遅れてステージが始まった。
サプライズな登場、畳み掛けるヒット・チューン、レーザーの演出、そして歯切れいいダンス。
この日のために、5万人の観客の笑顔を思い浮かべながら作り込んできたステージ。
たくさんの空席を目の当たりにしながら、それでも彼女達は最高の笑顔で、最高のパフォーマンスを続ける。
田口は流れる涙をどうすることもできなかった。
彼女達の健気さと、持って行き場のない憤り。
「もういい・・・もういいよ、辛いよ、切ないよ・・・」
ふと客席を見回すと、誰もが顔をくしゃくしゃにして泣いていた。

最初のMCがきた。
「かしゆかです!あ~ちゃんです!のっちです!3人合わせてPerfumeです!」
空席の分まで盛り上げようと、声を張り上げる観客。
その大歓声が少し引いた時だった。
田口はドームが揺れているように感じた。
「なんだぁこれは!?」
同時に田口の携帯がブルッた。
「先輩!大変です!こんなの見たことありません!」
到着が遅れている後輩の山本からだった。
「どうした?」
「どうしたもこうしたもないですよ!ドームの周りをファンが幾重にも取り囲んで歌っているんです!
その数は・・・恐らく10万人はいると思います!警察が規制を始めています!!」
「!!!」

その歌声は会場内にもはっきり聞こえてきていた。
「なんじゃろ、あの歌声・・・」
あ~ちゃんがそう言いながらかしゆかの方を見ると、察しのいいかしゆかは、両手で顔を覆いながらすでに号泣していた。
それを見てあ~ちゃんとのっちも、一瞬目を見開いた後に、声を上げて泣き崩れてしまった。
「みんなお願い!外のみんなを中に入れさせて!狭くなっちゃうけどごめんね・・・」
観客は、涙と笑顔と大歓声でこのあ~ちゃんの提案に応えた。

転売業者への抗議と、Perfumeを間近で応援したいという抑え切れない想い。
その気持ちの持って行き場所を探すうちに、誰が呼び掛けたでもなく集まったファンたち。

どれだけー キミのこと 想い続けたーら・・・
やわらかーい 言葉じゃなーくーて キーミーに届く・・・

その歌声に、会場内のファンも加わって伝説の大合唱となった。




************************************************************
※この物語はフィクションであり、作者の激しい妄想です(笑)
 尚、同様の妄想がお好きな方は、こちらもどうぞ^^
 ⇒いつもの奇跡




関連記事

この記事のトラックバックURL

http://electrocat.blog113.fc2.com/tb.php/154-fda7346e

コメント

No title
もう、泣かさないでくださいよ。本当に。
いろいろいけない飛び道具を持たれたお方だ、electrocatさんは。
今度からは深呼吸してから見ることにします。
うわ・・・

ヤベェ

目から汗が出てきた。

なんでだろう。リアルに想像できてしまうのが怖いです;;;;

でも

electrocatさんのセンス最高ですv



届くんですよ
Perfumeって、アーティストからファンへの想いがとても伝わり易いのと同時に、ファンの思いもアーティスト側へとても届き易いと思うんですよね。electrocatさんのこのような文章に込められた想いは必ず届くと思います。

私も今日未来についての文章を書いたので、かぶってしまいました。が、全然タイプは異なっています。
まずい…
くそーー! 俺の目から流れ出る水分を返せ!
5回読んで 5回とも号泣しちゃったじゃないか!
わかってても
泣けてきます。
こんな妄想に涙するなんて
Perfume以外無いです。
ファンで良かった。
ってどんだけ
ちょっと、もう、なんなんですか。人をこんなに泣かせて。日曜の朝から、布団を湿らせちゃったじゃないですか。梅雨なんですから、布団を干せないんですよ?まったくもう。
>GAME-edge_宇宙の旅さん
急ぎのコメ返しを先にさせていただきましたm(_ _)m
コメントありがとうございます^^

目には目を!
飛び道具には飛び道具を(`▽´)ノ
毒を以って毒を制すΨ(`∀´#)゜
へへへ~w
>おとわしゅなさん
コメントありがとうございます^^

”妄想のセンス”を正面から褒められたのはさすがに初めてです(笑)
妄想して褒めてもらえるなら、こんなに楽しいことはありません(^^)/

>リアルに想像できてしまうのが怖いです;;;;

同感です^^パフュって不思議ですね^^
>ngo900jpさん
コメントありがとうございます^^

届きますかね~^^
ただね、アリーナから届けたいですよね、この想い!!!
>セラミックおじさんさん
コメントありがとうございます^^

>俺の目から流れ出る水分を返せ!

早速のスピンオフを拝読して、しっかりお返ししましたよ(T_T)ダ~
妄想界の巨匠に記事に取り上げていただき光栄ですo(^-^)o
>tiki-punさん
コメントありがとうございます^^

僕もパフュ以外には同様の妄想をした事がありませんから。
なんでしょうね、これ(>_<)。。
ほんとファンでよかった!(^_-)
>噛みの子さん
コメントありがとうございます^^

まったく、泣き虫なんだから~(`´)モウ!
まあ、泣きながら書いてる僕もそうですけど(/_\;)

湿った布団は、あ~ちゃんの笑顔の写真にかざすとすぐ乾くそうですよw
やめてくださいよ(^^)
5か月も前からこんなん・・・(泣)
4,3,2,1か月、直前になったらどうなるんですか?

朝からありがとうございました。いい妄想を拝ませて頂きました。m(_)m
>PPPHIVEさん
コメントありがとうございます^^

そっか!まだ5か月も前でしたね~( ̄∀ ̄)
でもね、今から加速していって、ノーブレーキで突き抜けますよ!^^
カマーン!エンジョーイ ザ カーニボー!HAHAHAHAHA!

・・・なにキャラ!?
恐れ入りました。
中盤から、喉の奥が熱くなってきました(´_`。)

なんかPerfumeの場合あり得るんじゃないかと思わせるところが
凄いですね。
これ誰か劇画にして欲しいです(笑)
>ロボトリアさん
コメントありがとうございます^^

これをだれかが劇画や漫画にしてくれたら、そりゃもう感激ですよ^^
僕にはせいぜいイラストまでしかスキルがありませんので(__;)
こういうシチュは現実になってほしくないけど、「どんなに逆境でも大丈夫!」的な、不思議なパワーを感じますよね。ホント不思議な子たちです、パフュって(*´∪`*)
熱い思いに
はじめまして。
アメブロで最近ブログをはじめたはぜまると申します。
熱い思いのこもった記事を読んでどうしてもコメントしたくなったので思い切って書き込みます。

記事の中でドームに立つ3人の気持ちを思うと悔しくて歯痒くて!
でもそんな3人を精一杯応援するファンの姿を想像して心強くなって!

涙を流しながら今度のドームでは「伝説の大合唱」に
負けない声援を3人に届けようと心に刻みました。

パフュファンの心に響く熱い記事!
最高です。
>パッフュパフュのはぜまるさん
はじめまして!
噛みの子さんのところでお見かけしてました。

そんな、思い切らなきゃならないほど立派なblogじゃありませんから^^;
どうぞお気軽にコメいただけたら嬉しいです^^
改めまして、馴れ馴れしいのが課題のelectrocatですw

はぜまるさんも熱いですね~!
なんか妄想家冥利に尽きます^^
基本、いい妄想でドームまで盛り上げていきますよー!
でも、悪い事も、妄想で疑似体験しておけば大丈夫!
妄想バンザーイ!バンザーイ!バンザーイ!
ここはそんなところですΨ(`∀´#)゜
あ!はぜまるさん、逃げるのはまだ早いですよ!(笑)
もう…
ヤバすぎて…何度も泣きました。二十回は泣きました。ここを離れてはまた読みたくなって戻ってきて読んで泣きました。前の作品もそうでしたけど、electrocatさんの妄想は、Perfumeへの深い理解や愛情があり、それと、私たちファンの魂に火を着けて熱くさせてくれます。これを読んだら、誰だってドームを成功させてあげたいって思います。こういう応援の仕方もあるんだって事を教わりました!尊敬します!。普通の妄想とは違います。妄想と言うより脚本に近いんでしょうか。妄想と呼ばれるのは悔しいです!次の作品も泣かせてください。熱くさせてください!早く次のが読みたいです!興奮しててメチャクチャな文ですいません。
>ゆかにゃんさん
返信が遅くなってすみません!
熱いメッセージをありがとうございます^^

気に入っていただけて嬉しいです!
僕なりの応援の仕方をずっと模索しているんですけど、これもひとつの方法かなと思っています。
これからもパフュファンの心に響く記事が書けるように頑張ります!
でも、ハニャ~ンな記事も書かせてくださいね(笑)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】