HOME>Perfume

頑張れ転校生!

娘のクラスになんと転校生が来るらしい。
中学3年生で、すでに高校受験一色のこの時期に。

義務教育といえど、学校が替われば、教科書も進度もレベルも違う。
そして大切なのが友達の存在。
時にはライヴァルとして、時には支えあう同志として・・・
その大切な友達を遠くに残して彼女はやってくる。


彼女はどんなに不安だろう。


僕自身、転校が多かったことは以前に書いたが、中学2年生の時にも転校を経験している。
幸い受験まで1年半あったので影響はなかったが、当初はそれなりに不安だったのを覚えている。

中学生時代は、人生の中で最も不細工で不器用な時代。
僕はそんな風に思っている。
身体も心も、子供から大人へ一気に近づく時期。
そのスピードが早いため、子供とも大人ともつかないアンバランスな時期なのだ。 
それだけに感受性が高まり、あらゆるものと対峙するとても大切な時期でもある。

目に見えない絶対的なものが社会を支配しているのを感じ始める。
思い通りにならない苛立ちの中で、同じ境遇で生きる同級生は心の支えなのだ。
しかし絶対的なものは、そんな心の支えすら奪い取ってしまう。
そして、転校をしても受験という試練は容赦なく迫ってくる。


彼女はどんなに不安だろう。


こんな時期だからみんな余裕がない。
友達になっても、高校へ進学するまでの短い付き合いになる可能性が高い。

それでもいい。
彼女にとって、きっとかけがえのないものになるだろう。



「その転校生の友達一号になってやれよ!」



僕は娘にそう言わずにはおれなかった。

頑張れ!転校生!






このCM、辛さがわかるだけに、すいぶん泣かされました。

**************************************************
Perfumeも中3で転校したんだよなぁ。
転校しても、あんなに素晴らしい仲間と一緒だったことは、本当に幸せなことだと思う。



関連記事

この記事のトラックバックURL

http://electrocat.blog113.fc2.com/tb.php/292-4114566f

コメント

このCMは
私も気持ちが解るので、泣けちゃいますね・゚・(ノД`;)・゚・
娘さんのクラスに転向される方もきっと、新しい場所でうまくやっていけるかな。とORDを聴いているのかもしれません。新しい環境に慣れることと受験、どちらも大変だと思いますがなんとか頑張って欲しいですね。応援せずにはいられません。
>中学生時代は、人生の中で最も不細工で不器用な時代。
これ、めちゃめちゃ解ります。。。あまり思い出したくないくらい痛かったりする暗黒時代ですww でも、あれがあったからこその今があるわけなんですが(^ω^*)

ちなみに私も中3の時に転校しましたが、辛いと思う間もなく高校受験に突っ込んだ記憶があります(笑)
なんと罪な…
自分は転校した事無いので何とも言えませんが。
いかにしてもこの時期に転校は辛い気がします。
親の転勤とかで、子供達にとってどうする事も出来ない理由で全く環境が変わってしまうのって罪だなといつも思います。
行く先によっては、イントネーションが違う。習慣が違う。それだけでスゴく疎外感を受けそうです。
独身者の自分が言える事ではないかもしれませんが
単身赴任にしても、子供達の大事な時期に関われるのは一生で一度その時にしかない訳で、それは後で取り返せる物ではないと思うんです。
その時期を仕事によって奪われるっていうのはなんか違うんじゃないかと思ってしまう時があります。
もちろんこれは自分が外から見た勝手な意見ですので、異論もあるかと思いますが…

自分はelectrocatさんの娘さんに勝手に期待してしまいます。

このCMはヤバいです(泣)
この寂しさを紛らわす様なクラスの雰囲気が演技とは思えず、リアルです。
ちょっとレミオロメンの「3月9日」のPVの冒頭もダブってしまいました。
この動画みるかどうか迷ったのですが、見ちゃいました。
もう駄目ですね(涙)
自分は転校転勤の経験が無いので、いつも送る側ですが
いろんな事と重なり合って
ありがとうございました。
>runrun1006さん
コメントありがとうございます^^

そうですか・・・runrunさんも中3で・・・
なるほど、逆に受験で忙しい時期だから気が紛れるというのもあるかも知れませんね。
でも、この時期が受験の想い出しか残らないのも少し寂しい感じがします。。

中学生時代はとても大切な時期ですよね。
いろんな事に苛立ちながら、自分と社会との折り合いの付け方を知っていく。
不器用なほどいいのだと思います。
僕も思い出したくもないけど(笑)
>mtstさん
コメントありがとうございます^^

そういう僕も、仕事の都合で自分の子供を1回転校させています。
でも、それは、僕が転勤のない仕事に移るために必要なことだったんです。
とは言え、もの凄い自己嫌悪でしたけど(T_T)

でもその1回の転校があったから、娘も転校生の気持ちがわかると思うんです。

>自分はelectrocatさんの娘さんに勝手に期待してしまいます。
声を掛けて仲良くなったみたいですよ(^^)
もう、それだけでずいぶん違うと思うんですよ!
出張から帰ったら「よくやった!」と褒めてやります!

>このCMはヤバいです(泣)
いえ、ヤヴァすぎです(笑)
彼女やエキストラ(?)の演技力はすごいですね。
もしかして、本当のクラスメイトを使ったのだったりして・・・
>ponchoさん
コメントありがとうございます^^

そんなに迷わせてしまいましたか?
観なくてもヤヴァイ雰囲気が出まくりですもんね。
逆になにか辛いことを思い出させてしまったのならお詫びいたしますm(_ _)m

でも、泣くことはストレス発散ですから、ね(^_-)
僕も転校生
猫さんこんにちは。
僕も昔、北海道から愛知県に引っ越してきました。
小学2年の時でしたが、友達との別れもさることながら、風土の違いにかなりやられました。
暑い、水が不味い、ゴキブリがいる、畑が狭い(?)などなど・・・
しばらく北海道に帰りたいと思っていました。
なので転校生の気持ちはわかります。
>ユーモレスクさん
コメントありがとうございます^^

お仲間ですね(^_-)
北海道から愛知ではものすごい環境の変化ですね・・・
帰りたくなる気持ち、よ~~くわかります!

でも、鍛えられたのも事実ですよね。
僕も、我ながらたくましくなったものだと・・・
というのは強がりで(笑)
方言で盛り上がっている人たちを見るといつも羨ましくなっちゃうんですぅ(T_T)
僕は
小学校4年の時に転校しました。
今思い返してみると転校って凄く子供ながらにストレスがかかっているような気がします。
なぜならその引っ越す前の3年生までの学校の記憶が激しく欠落してるからです。
何かいったん記憶がリセットされてるような感じですね。

ひとつ助かったのは、その小学校は新しく出来た新興住宅地域だったので
殆どが3年生か4年生で転校してきた者ばかりだった事。
みんな同じですから最初打ち解けるまで様子見の状態(笑)だった事を良く覚えてます。

そういう事もあり自分が社会人になってから、そして結婚して親になってから
4回転勤がありましたが、通える範囲であれば、親父が我慢すればと子供の為に
転宅をせず遠距離通勤を我慢してました。

そうこう言ってるうちに5年前、東京に転勤。
上の息子の高校受験もあり、家族は動かせず、とうとう単身赴任の身となった次第です(笑)
子供に何とか転校させずにいようと頑張ってたら、自分があっちこち転校してる
ような状態になりました(笑)

長々と書きましたが、子供は子供なりにそういうストレスをたぶん知らない内に抱えていると
思うので、娘さんには是非とも仲良くしてあげて欲しいですね。
中学3年ともなればそこでずっと小学校から育ってきた周りの子達の重ねてきた思い出・経験の
部分でかなりのハンデでしょうから。
あ~、すいません。
>もの凄い自己嫌悪でしたけど(T_T)
言葉に配慮が足りませんでした。
取引先の方の中にも小さなお子さんや思春期の難しい時期のお子さんがが居るにもかかわらず、単身赴任を強いられている方も居り
個人的に「何の為の会社であり仕事なんだろう」と空しい感情を抱いた事も有ったので、ああ言う文章になってしまいました。

>声を掛けて仲良くなったみたいですよ(^^)
あぁ~、素晴らしい娘さんですね(泣)
言われてもなかなか出来る事ではないと思うし、やはり、その子の気持ちがわかったんでしょうね。
その転校生の子が家に帰ってからその事を嬉しそうに話している姿を想像してしまいます。
>PPPHIVEさん
コメントありがとうございます^^

>何かいったん記憶がリセットされてるような感じですね
これ、僕も同じ体験をしています。
新しい世界に早く馴染むために、それまでの記憶は邪魔者だと判断したのかもしれません。
あるいは、無意識に自ら封印したのか。
いずれにしても、大変なストレスなことは間違いありませんね。
そう考えると4回の転校をした僕は子供時代の記憶はほとんど無いのかも(笑)

>子供に何とか転校させずにいようと頑張ってたら、自分があっちこち転校してるような状態になりました(笑)
わかります(笑)子供には同じ目は会わせたくないですから。
PPPHIVEさんの家族を守ろうとする姿に、共感する方は多いのではないでしょうか。
社会人として、企業人として、総合職として、有難いことに社会が自分を求めてくれるなら応えたい!
でも、家族を辛い目に会わせるのは本末転倒だ・・・
僕も、大手企業で定期的な転勤を繰り返しながら、いつもそんな矛盾を抱えてモヤモヤしていました。
転職したのにはそんな理由も大きかったですね。
今は転勤の可能性は低く、大きく期待される仕事もできています。
人生観も職業観も人それぞれですが、選択肢がある世の中であってほしいと思います。

>娘さんには是非とも仲良くしてあげて欲しいですね。
今のところ、いい話相手になれているみたいです(^^)
頑張れ娘!(笑)

>mtstさん
いやいや、気になさらないでください!
自己嫌悪は僕が未熟なせいですから。
mtstさんは正しく理解されていると思いますし、僕も同じように考えて転職を経験しています。
PPPHIVEさんへのコメントにも書きましたが、企業人と家庭人の両立は難しい部分もありますが、選択肢はあってほしいですね。

>その転校生の子が家に帰ってからその事を嬉しそうに話している姿を想像してしまいます。
泣かせないでくださいよ(T_T)
そうだったらいいですね。頑張れ娘!
パフュ酔い頭で10振り返る。その?  (焦;
親猫ちゃんに質問です。 「もし、転校生が男子だったら?」同じ様に「友達1号になってやれよ」と言えるかニャ?
(深い意味はありません。パラサイトシングルが、想像して浮かんだ、素朴な疑問です)
ちなみにワシも転校経験あり(省略)。


今年最後のコメになったら・・・なので、先に書いちゃいます。
忘れない内に、記憶では。
(ppp①→)・・・自分、ネットを導入して「パフュ」で検索し、初めて観たファンブログは「はまってみよう」で、次が→ココでした。
 タイトルの「どこまでも挑戦し続けてほしい・・」に、興味惹かれ、以降ハマり続けて今日まで。 ほぼ 「初めて見た動くモノ」 に近い感覚でございます。(ミョーなモノ見ちゃったモンだ;)

おかげさまで、「老後ヒマになったらしたいコト」(でも、そんな
後回しにして意味あるの?・・と疑問に思っていたコト)の、
いくつかが、実現できました。
・楽器を弾くコト(パフュ弾きたいと、記事見て思った)
・小説を読むコト(p文学;)   その他、諸々、(朝キター!端折ります)今年は、本当にお世話になりましたニャ!また来るニャ!

>彩香(ストイックに「ハニャ禁」発令中)さん
コメントありがとうございます^^

>「もし、転校生が男子だったら?」同じ様に「友達1号になってやれよ」と言えるかニャ?
もちろん言いますにゃ^^
その後、仲良しになるかどうかは別にして、ポジティヴなアクションは大切なことだと思ってます。

そうなんですか、PANKさんの次にここへいらしたんですか。
初めて見た動くモノがここなんですか・・・
心中お察しいたします(笑)
まあ、ここが起点ならば、他の方のblogの素晴らしさが引き立つというものです。
僕は猫の役になっているのかも知れません( ̄∀ ̄)v ニヤリ

楽器を始められたんですか?
ではいつの日か楽器屋セッションを・・・(笑)

>今年は、本当にお世話になりましたニャ!
お世話になったのはこちらの方ですよ(^^)/
またコメントくださいね(^_-)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】