HOME>Perfume

Puppy love

彼女達のハートが、客席に降りてきているのを感じる。


「上下上上! 下上下下!」


オーディエンスの”応えたい気持ち”が、不思議な統制美となってアピールする。
その光景を見渡す3人の表情は、どこまでも、どこまでもやさしい。


「僕達がPerfumeを幸せにさせられたのかも知れない…」


そんなささやかな満足感が心地よい。




Perfume Second Tour 2009『直角二等辺三角形TOUR』 [DVD]Perfume Second Tour 2009『直角二等辺三角形TOUR』 [DVD]
(2010/01/13)
Perfume

商品詳細を見る

関連記事

この記事のトラックバックURL

http://electrocat.blog113.fc2.com/tb.php/34-2485285a

コメント

No title
実際慣れるまで大変でした。
周りのPerfumeファンに間違うのを見られてないか、いつも冷や冷やものでした。

最近でこそ、Perfumeの3人の思いに答えられたのかなと思います。
一体感
>「僕達がPerfumeを幸せにさせられたのかも知れない…」

こんな風に感じられるのは、ライブにおける双方向コミュニケーションでのみ成立する至福ですね。
>Perfume好きなJ-POP世代さん
>周りのPerfumeファンに間違うのを見られてないか、いつも冷や冷やものでした。

なんかPerfumeファンTってとっても怖いみたいな^^
今は箱も大きくなり、ファン層もさらに拡大したので、間違えてもが気にならないですよね~。

ウルサガタも来るであろうトゥワーは、事前に予習(復習?)が必要かも!?
>ngo900jpさん
>ライブにおける双方向コミュニケーションでのみ成立する至福

そうなんですよ・・・
でも、いわゆるコール&レスポンスとは何かが違うと思いませんか?
双方向コミュニケーションでその時を楽しむと同時に、Perfumeもファンも、ある到達点を求めている…
その到達点は”無言で通じる”双方向コミュニケーションの世界なのかも知れません。
社会性としてはかなり高度な域に達しています!

⊿TOURのアンコール後、深々とおじぎをして再び正面を向いてからの数十秒間にその答えが見えるような気がします。
涙を堪えながら微笑み、無言のまま、ただただ大歓声を浴びている数十秒間。
僕はただ「うん、うん」と何度も頷きながら、3人の幸せそうな姿が涙で滲んでゆくのをどうしようもできなかった。
またあの世界に辿り着きたいですね^^

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】