HOME>その他

できること

(ご注意)
リンク先の情報は刻々と更新されています。
これを書いた当時の記事内容との間にズレが生じていますのでご注意ください。
日を追うごとに支援の環境は少しずつですが改善されています。


阪神淡路大震災、新潟県中越地震などの時の反省を元に書いています。
当時も支援に動いて、迷惑を掛けたことがありますので・・・
物資援助、義援金、ボランティアなど選択肢はありますが、最悪なのは「邪魔をすること」です。
いくら気持ちがあっても、邪魔になっては元も子もありません。

現在、現地では生存者の救助、行方不明者の捜索、被災者の救援、遺体の搬送・身元確認、ライフラインの確保が最優先です。
道路もそれらを円滑に行なうために規制しています。
各県のホームページでも、まだ被災地に入れないためボランティアはもう少し待ってほしいとアナウンスされています。

僕は医療・福祉に関わる仕事をしております。
しかも、3人の部下の家族が津波の被害で避難しており、家もどうなったかわからない状況です。
そのため、はやる気持ちを抑えながら今朝から「できること」を確認中です。
いくつかの窓口を確認しました。

日本赤十字社
  義援金やボランティアは、もう少し調査・調整をしてからホームページで案内をするそうです。
  また、個人からの寄付は受け付けていないそうです。

・災害ボランティアセンター
  宮城県災害ボランティアセンターには次のように案内されています。
  「現在救助作業が優先されており、情報を収集しております。
   災害ボランティアに関する受け入れ及び問い合わせについては、しばらくお待ちください。」
   尚、岩手県はボランティアを募集していないようです。  

・被災地の県
  品目、数量、自主搬送の可否を連絡すれば、必要な場合のみ追って連絡があるようです。
  (例)宮城県保健福祉部医療整備課地域医療班 022-221-2622

・現住所のある県市区町村
  被災地以外の自治体でも窓口が作られているケースがあります。
  (例)神戸市

今、個人レベルで確実な支援は、義援金の応募です。
応募する場合は、信頼出来る筋のものを選びましょう。
 ⇒(参考)平成23年東北地方太平洋沖地震 募金情報まとめ

ボランティアや物資援助は、方法やタイミングの案内を待つのがいいと思います。

僕は、明日、出社してから会社としての物資援助の対応を具体的に進めます。

LG.jpg

レディ・ガガをはじめ、海外のアーティスト達もエイドに動いてくださっているのは嬉しいですね!


関連記事

この記事のトラックバックURL

http://electrocat.blog113.fc2.com/tb.php/363-dfb30af6

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】