HOME>Perfume

フライングおめ(追記あり)

今日は3人の卒業式な気がします。
 ⇒地震の影響で3人ともいわゆる「卒業式」は中止になったようです。
   式はなくとも卒業は卒業ですが。記事の表現を少し変えました。

卒業式は袴姿とかの予定だったのでしょうか(//∀//)
ブーツに袴姿のゆかちゃんなんて、まるでハイカラさんが通るの紅緒じゃないですか!
いっそ、竹刀のかわりにライトセーバーも持ってほしかったり(笑)
あ!ゆかちゃんの袴はやっぱ変態丈なのかなヽ(*´∪`)ノ゛\(`△´)ドーユーカッコダヨ!
式はなくても、そういう姿で記念撮影はしてほしいなぁ・・・


大学卒業かぁ・・・(←遠い遠い目)
僕の大学時代は音楽三昧でした。
バンドして、バイトして、授業を受けて・・・(←順番違くない?)
いったいいつ寝ていたんだろうと不思議でなりません。
学問一筋の学生から見れば、不良青年だったでしょうね~(笑)
でも、早く社会人として活躍したいという思いは強かった。
だから、就職が決まって卒業の時の嬉しさは忘れません。

大学って自分の興味を極めると同時に、自分自身を発見する場でもあるんですよね。
外への探求と内への探求。
親の支配が徐々に解かれる代わりに、自分の足で立つことを覚え、社会と対峙してゆく時期。
強風が吹いても、強く、しなやかに立ち続けることができるように・・・
自分と周囲との関わり方、折り合いの付け方も学んでいきます。
そうして迎える大学卒業は、小・中・高の「終了」よりも「出発」の意味が強いように思います。

Perfumeは大学在学中にブレイクし、すでに社会の中で立派に機能しています。
「大学に通う必要があるのか?」と言う人もいる中、彼女たちは大学卒業にこだわってきました。

この彼女たちの選択は、僕は正しかったと思います。
子供が大人に変っていく大切な時期を、同年代の人たちと、大学生としても過ごせたこと。
これは、彼女たちの中にとても大きな拠り所を作ったと思います。
合コンやサークル活動が出来なかったとしても・・・

彼女たちにとってこの「卒業」にどのような意味があり、どのような感慨があるのかはわかりませんが、またひとつ大きな山を乗り越えたのは間違いありません。
彼女たちが、これでまたワンサイズ大きくなるのは、疑う余地もありませんね。

無駄な経験などひとつもない。
どんな経験も吸収し、成長を続けるPerfumeですから!


ゆかちゃん、あ~ちゃん、のっち!卒業おめでとう!




って、本当に今日なのか?( ̄∀ ̄;)



sotsu.png 



関連記事

この記事のトラックバックURL

http://electrocat.blog113.fc2.com/tb.php/368-ec105b78

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】