HOME>その他

娘の誕生日に

昨日は娘の16歳の誕生日でした。

娘の誕生日に、いつも思い出す出来事があるのですが、今年は感慨ひとしおでした。


娘は5歳の時に重い肺炎で入院しました。
小児病棟にはたくさんの母親たちが泊りがけで付き添っていました。
妻も娘に付き添っていたのですが、2日目に妻も熱を出して寝込んでしまいました。
そのため、僕が仕事を休んで付き添うことに。
結局そのまま3週間、仕事を休むことになります。

娘は身体が小さかったので体力がなく、病気になると一気に衰弱してしまいます。
高熱が1週間続き危険な状態でしたが、その後急に熱が下がり食事が摂れるまで回復しました。

「ママは?」

妻の熱もなかなか下がらず(妻も肺炎だったことが後日判明)、当面会えない事を伝えると、娘はベッドの上に座って、何時間も窓の外を眺めていました。
母親の姿を探していたのかもしれません。

病院の食事は、子供も大人と同じメニューでした。
娘は、今度こそ!っと期待を込めて勢いよくフタを開けるのですが、開けるたびにガッカリ。

注射も点滴も大嫌い。
ご飯は美味しくない。
ママにも会えない。
お父さんは好きだけどもう飽きた(笑)  ※うちは「ママ」と「お父さん」なんです。

「つまんな~い!!」

とは言いませんでしたが、明らかにそんな態度をすることは度々ありました。

やがて、娘は絵を描きまくるようになりました。
スケッチブックは2日に1冊ペースでなくなります。
元々絵を描くのが好きでしたが、何かに取り付かれたように描いては、いろんな人にプレゼントするのです。
看護師さん、同室の子、その親、お見舞いに来る人・・・
病院の中で自分の役割りを見つけたかように。

そのことが彼女の負けそうな気持ちを支えたのでしょう。
絵を描くようになってからは落ち着きを取り戻していきました。


入院から約2週間して、ようやく退院の日がやってきました。
手続きも、着替えもすませて、靴を履き、同室の皆さんに「バイバイ」と手を振ったその瞬間です。
娘は床に大量の嘔吐をしてしまったのです。
そこにいた担当の看護師さんもビックリ。

診断はインフルエンザでした。
退院したい一心で、いい子にしてたのだろうと。
インフルエンザの症状も、精神力で抑えられていたのかもしれないと。
退院できないことを告げると、娘の泣き声は病棟中に轟きました。
泣きながらみるみる高熱が出てきて、そのまま寝込んでしまいました。

早く家に帰りたかったんだよね。
ママに会いたかったんだよね。

結局、もう1週間入院生活を続けた後に退院しました。


数年後、娘から「あの時はありがとう」と言われ、泣かされました。
そして、意外なことも聞かされました。
あの時、いい子にしていたのは、妻や僕が疲れていくのを見たくなかったから頑張ったと。
ああ・・・あの時の号泣には、そんな意味があったのか・・・
僕は、幼い子にそんな想いをさせてしまっていたのか!

たしかに、僕はいっぱいいっぱいでした。
精神的にも、体力的にも、社会的にも・・・
それを娘には気づかれないようにしていたはずなのに・・・


今春、娘は公立高校の美術科に進学しました。
あの時自分を支え、周囲を支えた「絵」が、今も彼女を支えています。
これからも彼女を支えていくのでしょう。


やさしい娘よ!
いつの日か、キミの絵の力でたくさんの人を幸せにできたらいいね。
僕は、キミのファンクラブ会員ナンバー000001だよ!(^_-)


HAPPY BIRTHDAY!


関連記事

この記事のトラックバックURL

http://electrocat.blog113.fc2.com/tb.php/432-48486c82

コメント

猫さ~ん(泣
昼間っから泣かさんどいて下さい。
なんていい娘さんなんですか、ありがとうなんて。
やっぱり親御さんがしっかりされてるからですね。
私事で申し訳ないのですが、ウチの息子も5才の時に紫斑病で入院しました。
難病なんて言われて夫婦でドヨーンとしてましたね。
娘もいたので、実家の母親の力も借り、夫婦交互に病院で泊まったりと何とか一ヶ月程度で退院で来た(ウチも風邪引いて伸びました)のですが、親を家に送り届け、子供も寝付いた頃、緊張の糸が切れたのでしょう、妻に大変だったんだよと訴えられ、号泣されました。
私も協力しているつもりでしたが、妻の心まで気が回っていなかったんですね。
気付かなかった自分と、泣けばいいんだよ位しか言えなかった自分に結構苦しみましたね。
今でも忘れられません。
昼間から失礼しました。

ちなみにウチの息子は親に似ておバカなんで、ありがとうなんて言ってくれません(笑。
まぁ、おかげで部活に精出す元気だけが取り柄の男になっているんで、良しとします。

勿論私も妻、子供共に会員番号1番ですよ(笑。
ただね~、何処かのファンクラブと一緒で、常に高いハードルを課してくるんですけど。
お父さん無理じゃ、ついていけんじゃろ~。

自分も妻や子供達にとって常に1番である様、頑張って行きたいですね。
状況が似てます。
この記事読んで、記憶がよみがえりました。
なんかの歌みたいですね。

家は共働きなため、子供は1歳から保育園に通わせていました。

うちの息子も、小さい時は病弱で、喘息持ちなので
咳をコホンっとしたら(龍角散か~い)、1週間保育園休み。

その度に、親に預けて、駄目な時は年休消化
年に1回から2回は、肺炎で入院。
小学校に上がるまではそんな感じでした。

一番の危機は、子供が肺炎で入院中に、かみさん交通事故で
入院の時です。その時は参りました。返って開き直ったかな。
基本的に病院は完全看護だったので、全部ついて居なくても
良いのですが、病院に子供を残して帰る時は正直辛かったです。

もう一つ思い出しました。
会社から貰える勤続10年目の休暇の時も狙ったように入院され、
全部病院のベットで過ごしたのも思い出しました。
この時は無理やり泊めてもらいました。
(樫野記念病院じゃないです)

あっもう一つ思い出しました。
もう少しで退院のとき、熱出して退院時期が伸びました。
子供は同じことが起こりますね。

息子は感謝してくれているのだろうか?
>GAME-edgeさん
コメントありがとうございます^^

>なんていい娘さんなんですか、ありがとうなんて。

いや、普段はしょーもないヤツですよ(^^;)
でも時々ホロッとさせられます。
きっと彼女の作戦だと思います(笑)

>やっぱり親御さんがしっかりされてるからですね。

めっちゃ皮肉に聞こえますが(笑)

>妻に大変だったんだよと訴えられ、号泣されました。

僕もこの記事とは違う時に、妻にそのようなことを言われて泣かれたことがあります。
その時は何も言わずにじっとしてましたっけ^^;
どこの家も子供への心配は尽きないですね。
それがいいのでしょうけど(^^)

>まぁ、おかげで部活に精出す元気だけが取り柄の男になっているんで、良しとします。

あれ?息子さんはカッター持って夜な夜な工作はしないんですか?(笑)

>ただね~、何処かのファンクラブと一緒で、常に高いハードルを課してくるんですけど。

ええと…ド派手なTシャツを家族お揃いで着るとかですか!
去年がピンクで今年が緑で…( ̄∀ ̄)

>自分も妻や子供達にとって常に1番である様、頑張って行きたいですね。

僕は自信がありましぇ~ん(T_T)
>ponchoさん
コメントありがとうございます^^

いろいろ思い出させてしまってごめんなさいm(_ _)m
ウチなんていい方ですよね。
もっと大変な、つらい思いをされている方もいらっしゃるでしょうから。
娘が元気で、希望の進路に進めていることを本当にありがたいと思います。

>年に1回から2回は、肺炎で入院。

うちは肺炎で入院が2回あり大変でしたが、ponchoさんのところはそれどころじゃありませんね~
今の飲み会好きは、その時頑張った自分へのご褒美がまだ終わっていないとか(笑)

>一番の危機は、子供が肺炎で入院中に、かみさん交通事故で入院の時です。
>会社から貰える勤続10年目の休暇の時も狙ったように入院され、全部病院のベットで過ごしたのも思い出しました。

おおお、大変そう…
でも、なぜかそういう時に狙ったように重なることもわかります。
そして、妻が元気でいることのありがたさが、嫌というほどわかりました。

>もう少しで退院のとき、熱出して退院時期が伸びました。
>子供は同じことが起こりますね。

ほんとですね。
GAME-edgeさんのところもそうみたいですし。
そういえば、あの時医者が、よくあるようなニュアンスだったのを思い出しました。

>子供は感謝してくれているのだろうか?

そんなにいろいろあったのなら、ウチよりも感謝していると思いますよ(^_-)
娘さんの誕生日、おめでとうございます
これは自分のことでありますが・・・
私も未だ両親に養ってもらっている身です。
こういう話を聞くと、自分も両親に苦労をかけてきたなぁ、とそう感じざるを得ません。
幸いながら入院したことはありませんが、よく母親に看病してもらったことを覚えています。
子供なのでついつい油断すると風邪をひき、熱が出ると一緒に病院まで連れていってもらって、
家でも食べやすいおかゆを作ってくれて、そういった諸々を思い出してしまいます。

本当に感謝せねばなりませんね。
思い出すうちに、書ききれないほどの思い出が蘇ります。
なんだか、今となっては少し寂しいような思いもあります。

絵画ですか。それはまた素晴らしいですね。
その絵からの『ココロの粒子』で、多くの人の心を幸せにしていってほしいですね。

感動的な…
eさんも、Gさんも、Pさんも、何て感動的なお話しを…
昼間からもう、ウルウルですよ。

うちの長男も小さい頃、喘息で二回ほど入院した事ありますが、本当に大変ですよね。

とても心優しいお嬢さんに育って、夢があるなんてとても素敵です。
>Perfume好きなJ-POP世代さん
コメントありがとうございます^^

>本当に感謝せねばなりませんね。

いや、もうずいぶん感謝しているように見えますが…
自分に子供ができて苦労すると、さらに親に感謝する気持ち膨らみますよ!

>なんだか、今となっては少し寂しいような思いもあります。

大丈夫!
まだまだ親に迷惑をかけるはずですから(^_-)←経験者談

>その絵からの『ココロの粒子』で、多くの人の心を幸せにしていってほしいですね。

この記事を書きながら、Perfumeの3人の親も、同じようなことを言って応援してきたのかなぁなんて思っちゃいました( ̄ー ̄*)
>ぱふゅろ~たさん
コメントありがとうございます^^

>eさんも、Gさんも、Pさんも、何て感動的なお話しを…

Gさんとpさんから、記事よりも大変で感動的な話をコメいただいて焦ってます(^^;)

>とても心優しいお嬢さんに育って、夢があるなんてとても素敵です。

まだ具体的な夢じゃないんですけどね(汗)
今は、絵を描くのが楽しくて仕方ないだけですよ(^^)
いい話ですね
おもわず涙が止まらなくなりました。
良いお嬢さんに育ってらっしゃるようで、小さかった時のことを思うと感慨も深いことでしょう。あらためてお嬢さんのお誕生日、おめでとうございます。

うちの子はまだ小さく、病気とか大変なことを経験したことがありませんが、子供のこととなると親は必死になっちゃいますよね。自分の親も必死で育ててくれたんだなあって今更ながら思います。
昼間にうっかり読んで
泣かされてしまったじゃないですか~。
娘さんお誕生日おめでとうございます。

しかし大変な思いされてるんですね、皆さん。
万が一の時にサポートしてくれる身内が近くにいない方々は大変だと思います。

個人的に3週間休ませてくれたお勤め先もスゴいなと思いました。
小さな会社だったらなかなか難しいと思います(多分)。
娘さんの病院食に目がいくのもelectrocatさんの職業柄でしょうか?(詳しくは分かりませんが…)
自分は姪っ子の話になりますが小さい頃に極端な高熱が出ると
後々大丈夫なのかすごく心配したのを思い出します。

「あの時はありがとう」だなんて…
こんな感謝の言葉言われたら。もう、たまらんですね。
子供ってすごく敏感だと思います。
周りの大人がいつもと雰囲気が違うとか、そう言うのすぐに読み取って必要以上におちゃらけてみたり。
子供なのに気を使ってて…
それを見て無神経な自分にハッとさせられる時があります。
身近な大人の関係がおかしくなったら子供は居場所が無くなるからすごく不安になるんでしょうね。
「子供だから細かい事なんか分かんない」って言う人もいますが僕は逆だと思っています。

娘さん「美術科」行かれてるんですか、うららやましい。
自分がちょうど高校受験の時に「応用デザイン科」ってのが出来た高校があったんですけど、自分ちが商売やってるし親に「そこに行きたい」ってどうしても言えなかったのを思い出しました。僕の事はどうでも良いですね(笑)
若いうちに目標が出来てそれに向かって努力が出来るって素晴らしい。
実際、その目標を見つけるのさえ難しかったりしますもん。

6~7年後”ooo”に入ってたりして~(笑)
ずっとブログは拝見させていただいておりましたが……
初めてコメントいたします。

感動しました。
とても良い娘さんをお持ちなんですね!
大事にしていれば、愛情を注げば、それは子供にしっかりと伝わるものなんですね。
仕事あがりの疲れた体に、沁みるエピソードでした*
ありがとうございます^^


ところでわたしはのっち推しですww
ゆかちゃんは歌声がほんとにハニャーンですww
>JOH-Tさん
コメントありがとうございます^^

>良いお嬢さんに育ってらっしゃるようで、小さかった時のことを思うと感慨も深いことでしょう。

それがそうでもなかったりして(^^;)
その「ありがとう」を言ってくれたのはもう数年前のことで、今ではすっかり小憎らしい感じですよ。
お父さんのキモさについに気づいてしまったのか( ̄□ ̄;)!!

>お嬢さんのお誕生日、おめでとうございます。

ありがとうございます!

>自分の親も必死で育ててくれたんだなあって今更ながら思います。

子供ができると親のありがたみが身に沁みますね(^^)

>新茶さん
初めまして!
コメントをありがとうございます^^

>愛情を注げば、それは子供にしっかりと伝わるものなんですね。

そろそろ父親のキモさに気づかれて、全てが水の泡になりそうですが(´д`;)

>仕事あがりの疲れた体に、沁みるエピソードでした*

仕事あがりには氷結と電脳猫!
これからもよろしくお願いします(笑)

>ところでわたしはのっち推しですww
>ゆかちゃんは歌声がほんとにハニャーンですww

あれ?ゆかちゃんには声だけですか?
いつもこのブログを読んでいただいているのにおかしいなぁ…
あ、もしかして僕みたいにだけはなるまいって、思っちゃいました?( ̄∀ ̄;)
>mtstさん
コメントありがとうございます^^

>娘さんお誕生日おめでとうございます。

ありがとうございます!

>しかし大変な思いされてるんですね、皆さん。

なんかウチなんて一番マシかもしれませんね(^^;)
ひとつ間違いないのは、妻が元気じゃないと立ち行かない!ということですね。。

>個人的に3週間休ませてくれたお勤め先もスゴいなと思いました。
>娘さんの病院食に目がいくのもelectrocatさんの職業柄でしょうか?(詳しくは分かりませんが…)

休ませてくれて感謝感激ポリ荒しです。
でもね…僕がいない間、なんとノーフォローだったんですよ( ̄□ ̄;)!!
それはそれは大変でした…

>極端な高熱が出ると後々大丈夫なのかすごく心配したのを思い出します。

>子供なのに気を使ってて…

自分の安らぎが壊される危機にはいち早く察するんですよね。
そして、非力ながら問題解決のために努力するところが素晴らしいですね~

>自分ちが商売やってるし親に「そこに行きたい」ってどうしても言えなかったのを思い出しました。

それも素敵な話ですね。
親は嬉しかったと思いますよ。
少なくとも、何かを感じていたと思います。

> 6~7年後”ooo”に入ってたりして~(笑)

関さんの後任としてパフュ担当になったりして( ̄∀ ̄)v
娘さん
お誕生日おめでとうございます。 子供って意外と気付いてたりするもんですね。 それにしても、やさしい娘さんです。 きっと、絵の力で見る人を幸せにしてくれると思います。
>パフュ男さん
コメントありがとうございます^^

>お誕生日おめでとうございます。

ありがとうございます!

>子供って意外と気付いてたりするもんですね。

もう、ビックリでしたよ。
そして、背筋が伸びました。
そういえば、自分も、親の印象に残っていないことをずいぶん覚えていたものです。
子供の気持ちをよく理解できることが、人間社会の基本かもなんて思ったりします。

>きっと、絵の力で見る人を幸せにしてくれると思います。

うちの娘も、Perfumeみたいになってくれませんかねぇ(*^_^*)
会員ナンバー000001
遅くなりましたがコメさせて頂きます。
私も子供を持つ親として、子供が一番の宝物です。
まだ幼いのでオモチャを貰える時しかアリガトウが出てきませんが、「あの時はありがとう」の言葉、さらにその言葉の真意の程、とてもグッとくる事だと思います。涙腺が緩みます。

高校生という、難しい大切な時期に自分の支え「絵」を見出した事も素晴らしいと思います。恥ずかしながら高一の私はオールナイタ―ズの追っかけに度ハマってました。
目標に向かって努力する姿は美しいですね。
>ゼブラさん
コメントありがとうございます^^

>「あの時はありがとう」の言葉、さらにその言葉の真意の程、とてもグッとくる事だと思います。

普段はそんなことあまり言わない子なんですけどね(^^;)
あの時のことは、彼女の中で相当辛い出来事だったんでしょうね。

>高校生という、難しい大切な時期に自分の支え「絵」を見出した事も素晴らしいと思います。

まだ絵が好きというだけなんですけどね(^^)
その絵に賭けようとする意気込みは、自分の娘ながらスゴイと思います。

>恥ずかしながら高一の私はオールナイタ―ズの追っかけに度ハマってました。

みんな似たようなものかと(笑)

>目標に向かって努力する姿は美しいですね。

ビッグになって、10年後に凱旋絵画展でもやってくれたら号泣間違いなしです(T_T)
若いっていいなぁ(*^_^*)
皆さん
やはり人の親、何事も無しでは済まずに来ているんですね。
僕の所も長男が2歳の時にぜんそくになり2年で6回入院しました。
その頃の僕は仕事が激務で何も出来ず、ほぼ嫁さんが泊りこんで
対応していて、心底疲れてましたね。
下の娘が生まれた後も自転車の前後に二人乗せて
グラグラしながら遠くの公園まで毎日連れて行ったりと
ホントに一人で頑張っていて、僕は休みの日に遊んでやるぐらいで
ほとんど母子家庭の様でした。

だからすくすく育った子供達を見ると
今でも本当に嫁さんに感謝、感謝。
この猫さんの娘さんの話を読んでいてもわかる様に
子供たちは確実に親の背中を見ているのです(^^)
>PPPHIVEさん
取りまとめありがとうございます(笑)

「皆さん・・・この猫さんの娘さんの話を読んでいてもわかる様に・・・のです」って(笑)
もう!人の記事使って皆さんに演説しないでくださいよ。
吹き出しちゃったじゃないですか(^^;)

PPPHIVEさんのところもご苦労されたんですね。
そして奥様に頭が上がらない。
それなのに、自分は激務の隙間でPerfumeにうつつを抜かし、日に日にキモくなっていくばかり。
うちと一緒です( ̄∀ ̄)v

親の背中を見て育っている子供の将来が心配です(笑)
16歳のお誕生日
おめでとうございます。娘さんの将来が楽しみですね。
皆さんの親としての想いを見させて頂き胸がいっぱいです。
我が家の娘もあと3日で16歳になります。妻の御陰で素直に育っています。
親を見て子は育つ、子を見て親は育つ・・・・・頑張れお父さん(^^)
お誕生日おめでとうございます♪
子供さんは外部が考えるより自儘な考えで物事をしません。
自分を愛してくれている人を精一杯愛そうとしてくれます。

娘さんの優しさは親御さん、electrocatさん夫妻を映す鏡
なのではないでしょうか。

素敵な話を拝読させていただきありがとうございます。
>babachoさん
コメントありがとうございます^^

>おめでとうございます。娘さんの将来が楽しみですね。

ありがとうございます!
期待と不安が入り交じっております(^^;)

>我が家の娘もあと3日で16歳になります。妻の御陰で素直に育っています。

妻のお陰で(笑)
babachoさんのお嬢さんはうちの娘と同い歳&誕生日も近いんですね~
フライングおめでとうございます(^^)/フラオメ?
 
>子を見て親は育つ

負うた子に浅瀬を教えられ・・・
子供にはいろいろと教えられますね(^_-)
>akiraさん
コメントありがとうございます^^

>娘さんの優しさは親御さん、electrocatさん夫妻を映す鏡なのではないでしょうか。

だといいんですが(^^;)
あ、でもキモイところは似ないでほしいと切に願います(笑)

>素敵な話を拝読させていただきありがとうございます。

内輪話で申し訳ありません。
時々やっちゃうんですよね(^^;)
akiraさんのように表現が上手くないので残念な感じです。。
お付き合いいただきありがとうございます(^^)/
なんだか父親のあたたかさを感じる文でした…
わたし、娘さんと2歳しか変わらないので(上ですよ^^早生まれですけど)、
父親ってこういう風に娘のことを見てるんだって思いました。

娘って年頃になるとどうしても父親とどう接していいかわからなくなってしまったりして、
ちゃんと喋る機会もなくなったりするんですよね。
私も1歳2か月で脱臼したり、小3で指を大けがしたり(未だに右中指は変形しています)、小6~中3までいじめに遭ったりと、母にも、もちろん父にも迷惑や心配をたくさんかけてきました。
電脳猫さんや娘さんの優しさを見て、自分もどれだけ親に愛を持って育てられてきたのか、思いださせられました。こういうのって普段はわからないんですよね。

中学生のときからでしょうか、気恥ずかしさから父になかなか心を開けずに素っ気ない態度しか取れませんでしたが、今度自分の誕生日が来たら、ありがとうと伝えようと思いました。…あぁ、涙が止まらなくなってきたのでもう終わりにします^^
こんな素晴らしい記事を書いてくださってありがとうございます。
>ちゃかさん
コメントありがとうございます^^

親は子供の心配をするのが仕事だと言います。
これ、本当にその通りですね。

ちゃかさんの親御さんも、ちゃかさんの身に何かが起こるたびに、泣きたいほど心配し、悩み、ちゃかさんを励まし、自分のことも励ましてきたのだと思います。

時々は親御さんに感謝の気持ちを伝えると、親としては本当に嬉しいものですよ。
親も子も照れくさいですけどね(笑)
それがまたいい思い出になります(^^)

そうですね!
次のお誕生日にでもぜひ(^_-)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】