HOME>Perfume

夏のスキマ

真っ白な太陽が、上から目線でパワーを見せつける夏。
草木や動物や、風までがそのエネルギーに踊らされる。
僕たちも、息苦しさに喘ぎながら夏に対抗してエネルギーを放出する。


住宅地の中にパズルの一片のようにハマリ込んでいる公園。
手前のパン屋でアイスキャンデーを買い、木陰のベンチに座る。
次のアポまで少し時間がある。
夏との戦いにも休息が必要だ。

昔は、夏休みの公園はもっと騒がしかった。
疲れを知らない子供たちが、蝉の声と張り合っていたものだ。
ゲームのせいなのか熱中症のせいなのか、今は子供はまばらだった。
その中の一人の男の子と目が合った。


風がサラサラと木々の葉を順番に裏返していく。
雨と埃の匂いがする。
夕立がくるかもしれないな。

こんなことが昔にもあった。
あの時はあの子供の方だった。
向こうからベンチのおじさんを見てたっけ。

おじさん何してるの?
僕は忙しいから構ってあげられないよ!
だってこれから家に帰って、冷えたスイカを食べて…
昼寝は嫌だからこっそり抜け出して、友達と自転車で遠乗りに行くんだ。
あと、家族旅行に、学校合宿に、お祭りに、花火に…
従姉も遊びに来るし。
あの子、このごろかわいくなったなぁ…

あ、読書感想文と自由研究もちゃんとやるよ!
でも、まだまだ大丈夫。
夏休みは始まったばかりだから…


チリ~ン♪

風鈴の音が聞こえた気がした。
それを合図に、壊れたオモチャのような蝉の声が頭に流れ込んできた。


あ…


夏のスキマ…



暑さの中ですっと迷い込む不思議な隙間。
きっと、心が逃げ込む場所を探しているのだろう。
そこにいる間は、蝉の声は遠のき、暑さも忘れるから。

夏の色が、風が、香りが、音が…あの時の夏を連れてくる。
”夏への根拠なき期待”と”夏の終わりの後悔”。
太陽に踊らされた苦い経験のカタマリ。
毎年繰り返され、刷り込まれてきた記憶。
夏独特の哀愁は、そんなところから生まれてくるのかも知れない。




気が付くと男の子はいなくなっていた。
夕立が来る前に僕も次の訪問先に入ってしまおう。




3343.jpg  



**************************************************

Perfumeの曲で”夏のスキマ”へ誘う曲は…やはりこれですね(*^_^*)


今日のRIJで演ってくれませんか~?



関連記事

この記事のトラックバックURL

http://electrocat.blog113.fc2.com/tb.php/476-ddebe12f

コメント

詩人ですね
夏のスキマ⇒575 激しく同意いたします。

57577も好きです(そりゃ短歌だ)

ponchoさんもどき
夏休み
インドアなボクは朝からテレビばかり見ていました。
「ジャイアントロボ」「花のピュンピュン丸」
「ひみつのアッコちゃん」等々・・・(宿題やれよ)

575はもっと評価されるべき!

750ライダーもなぜか夏休みを思い出します(数字つながり 笑)
蝉時雨
が聴こえて来ました。

アブラゼミが暑さを重ね、ヒグラシが哀愁を運んできました。

ツクツクボウシは聴こえませんでした(笑)。
>runrun1006さん

>詩人ですね

はい。ハンネを「lyricalcat」に変更しようと思っていたところです( ̄∀ ̄)vウソ
せっかく褒めていただきましたが、僕は理系なので表現力が貧困でございます(T_T)
変に堅い文章になっちゃうんですよね~
runrun先生のやぁらかい文章でもっと勉強します(笑)

>57577も好きです(そりゃ短歌だ)
>ponchoさんもどき

ん?(笑)
>ロボトリアさん
コメントありがとうございます^^

>「ジャイアントロボ」「花のピュンピュン丸」「ひみつのアッコちゃん」等々

同年代だけあってモロ被り(笑)
当時はアニメというより、動く漫画ってイメージです。
原作の色が濃い~濃い~(笑)

>750ライダーもなぜか夏休みを思い出します(数字つながり 笑)

いや、750ライダーは間違いなく夏ですよ!
言葉数が少なくて、空や風のイメージ、爽やかな笑顔…
そして、妙な切なさ(笑)
全部立ち読みでしたけど( ̄∀ ̄;)

ロボッチ少年とも遊びたかったですね~(*^_^*)
>ぱひゅろ~たさん
コメントありがとうございます^^

>蝉時雨が聴こえて来ました。

575を聴いていると蝉時雨が聴こえてきます。
そう、ヒグラシですよね~(*^_^*)

>ツクツクボウシは聴こえませんでした(笑)。

最近、ツクツクボウシやクマゼミ、ミンミンゼミあたりは聴こえないですね…
特に今年はセミが少ないみたいです。
某アメブロガーさんの家の庭に「セミが成る木」があるらしいので、そこに集まっちゃってるんでしょうか(笑)

来週は北京で蝉料理でも食べてみましょうか。(あるのか(◎-◎;))
詩人ですね。その2
子供の頃の夏休みを何となく思い出しました。
何してたかはほとんど覚えてないですが、勉強はしなかった(苦笑)
工作は好きでしたが読書感想文はほとんどあらすじを書くタイプでした。
自分の世代のテレビは「サイボーグ009」とか「メルモちゃん」とか「妖怪人間ベム」とかだったと思います。

蝉少ないですか?こちらは5時過ぎから蝉がシャーシャーうるさいです。

「575」はこの時期に聴くとホントに気持ちいいです。
涼しくなります、夏の名曲です。
なぜか浴衣、花火、川沿い、そんなイメージが思い浮かびます。
そんな思い出は一切無いんですけどね(笑)
>mtstさん
コメントありがとうございます^^

>子供の頃の夏休みを何となく思い出しました。

僕は小学生~中学生をmtstさんと同じ土地で過ごしています。
夏休みは長谷山に登り、安濃川で釣りをしました。
夏の思い出しかありません(笑)
いいところですよね~

>何してたかはほとんど覚えてないですが、勉強はしなかった(苦笑)
>工作は好きでしたが読書感想文はほとんどあらすじを書くタイプでした。

まあ、みんなそんな感じだと思います(笑)

>自分の世代のテレビは「サイボーグ009」とか「メルモちゃん」とか「妖怪人間ベム」とかだったと思います。

夏休みになると、午前中にやってませんでした?
何回も何回も再放送で!
メルモちゃん、大好きでした。
妖怪人間ベムはJAZZのテーマソングが子供ながらにカッケーって思ってましたっけ…

>「575」はこの時期に聴くとホントに気持ちいいです。
>涼しくなります、夏の名曲です。
>なぜか浴衣、花火、川沿い、そんなイメージが思い浮かびます。

夕暮れですよね。
こういうの不思議でなりません。
575の歌詞にはそんな描写は一切ないんです。
でも、大方の人は同じような情景を思い浮かべているんです。
どーゆーことでしょうか!?
これがヤスタカマジック?

>そんな思い出は一切無いんですけどね(笑)

ますますヤスタカマジック!?(笑)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】