HOME>Perfume

3Dインタラクティヴライヴへの期待

Perfumeのライヴ形態については、ブレイク後から頻繁に議論されてきました。
ライヴを観たい人が膨れ上がり、箱が大きくなるにつれて音響は悪化し、ステージは遠くなる…

キャパか距離か
キャパか音質か
新曲か旧曲か
都会か地方か
数か希少性か

一般的には、そういった要素の優先順位は、ターゲットによって決まり、それに合わせてライヴの形態も決まるのでしょうけど…
Perfumeの場合、ファンのバックボーンが雑多なことも特徴ですから、ターゲットを絞りきれない事情があります。
彼女たちは、そんな雑多なファンも全部含めて『Perfume』だと考えてくれているようですから、全ての観客を楽しませることを目指してきた。
大箱に挑戦し、ロックフェスに頻出し、ライヴハウスでFCツアーをやり、新曲旧曲をバランスよくセットし…
言わば中間守備。
それが、議論が尽きない理由のひとつとなっているように思います。

Perfumeらしさを効率よく伝え、雑多なファンを満足させられるようなライヴ形態はあるのでしょうか?
ここで、二者択一ではなく、相反する要望を叶える手段を考えてみたいと思います。


僕は以前より3Dライヴ中継に可能性を感じていますが、昨年の2月にソニーがシステムを構築し、日本初の3Dライヴ中継を成功させています。
ソニー、日本初の3Dライブ生中継を実施

レポにはこうあります。

SHIBUYA-AXの3D撮影映像を生中継し、ソニービルのOPUSの200インチスクリーンに上映。
OPUSでは80名の観客が専用の眼鏡を装着し、ライブ視聴した。

偏光メガネを利用した映像は自然な立体感が感じられ、しばらくするとメガネをかけていることを忘れるほど。
若干違和感を感じたのは、ONE☆DRAFTのメンバーが手を回し、客を煽った際に残像感を覚えた程度だった。
色の退色や変化もほとんど感じられず、ライブ中は3D、ライブの合間の司会者とのトークは2Dという構成となっていたたが、メガネをかけたままでも問題なくライブを楽しむことができた。


僕はこのライヴを体験したわけではありませんが、「問題なく」という表現と、下の写真から、僕の期待にはまだまだ達していないと感じました。

3d1.png
観客の様子は、Perfumeライヴのそれとはかなりの温度差を感じます


ロックフェスでどの出演者よりも盛り上がるPerfumeのライヴを遠隔で再現するためには、やはりインタラクティヴでなければならないと考えています。

ちなみに、今年の6月にはLUNA SEAの「3Dシネマコンサート」が上映されましたが、これは収録ですので「ライヴ」ではありません。
LUNA SEA 3D in LOS ANGELES


映像でもライヴに参加しているような体験をするためには、やはりインタラクティヴ(双方向)の要素が不可欠です。
「ステージ⇒会場」と「会場⇒ステージ」の両方が揃うことが、Perfumeと観客の一体感を生み出すための最低条件でしょう。
遠隔でも近い距離感で”参加する”という選択肢としてアリだと思うのですが。


はたして、こんな記事を読む日が来るでしょうか…


2012年5月20日
Perfume、3Dインタラクティヴライヴハウスツアーがスタート!

昨日、Perfumeは日本初である「3D&インタラクティヴライヴハウスツアー」をスタートさせた。
Zepp東京を皮切りに、全国のライヴハウス20ヶ所30公演を行う。
このツアーで特徴的なのは、実際のライヴ会場以外に、毎回全国数ヶ所のライヴハウスで生中継による、3Dインタラクティヴライヴが開催されることだ。

Zepp東京では約2,500名の観客がPerfumeの熱いライヴを楽しんだが、同時に青森、長野、三重、鳥取、宮崎のライヴハウスでも約4,500名が同様に熱いライヴを体験した。
PerfumeとZepp東京の客席には、各地のライヴハウスの様子が大きくモニターされ、声援も届く。
この日、Perfumeのパフォーマンスはもちろん、「PTAのコーナー」と呼ばれるコール&レスポンスでは、全国の会場とのやり取りや煽り、遠隔でも披露された「客弄り」などで各会場を大いに沸かせた。
計6ヶ所の会場が張り合うように盛り上がる様子は壮観で、Perfumeの3人は何度も目を潤ませていた。

Perfumeは、最先端のテクノポップと圧巻のダンスパフォーマンス、そしてラフなMCが魅力だが、客席との距離が遠くならないようにこれまで配慮を重ねてきただけに、今回のシステムには大きな期待を寄せていた。

動員数は1日あたり7,000人、30ヶ所の公演で総動員数は25万人を超える。
3Dライヴの公演数を含めると、2ヶ月間で実に150都市以上でPerfumeのライヴを体験できることになる。
ライヴハウスならでは一体感で、この動員数を実現できたのは快挙であり、今後のライヴ形態に大きな影響を及ぼすことになるだろう。

zeppt2.png  



男子~! ⇒ おー!(`▽´)ノ
女子~! ⇒ おー!(o≧∀≦)o

青森~! ⇒ (青森)おおお!ヽ(´▽`)/
長野~! ⇒ (長野)おーー!(゜∀゜)/
三重~! ⇒ (三重)おお~~!(T_T)
鳥取~! ⇒ (鳥取)おおーー!ヽ(*´∪`)ノ゛
宮崎~! ⇒ (宮崎)おおおおお! (*´∪`*)




システムが完成したら、ぜひともPerfumeがまず活用してほしいですね!(*^_^*)

関連記事

この記事のトラックバックURL

http://electrocat.blog113.fc2.com/tb.php/491-cfd2d81f

コメント

インタラクティブっていえば
前にテレビで見ましたが、ニコファーレなんかも双方向ですよね。
そこでライブをしたスガシカオさんがラジオで「スゴいけど壁に流れる書き込みがメッチャ気になって気が散る(笑)」みたいな事をおっしゃってました。

>3Dインタラクティヴライヴハウスツアー
もし実現するなら、まず被災地のファンの方達を真っ先に楽しませて欲しいです。
会場の客をいじる時は彼女達にも偏光メガネをかけてもらってスクリーンに映った3Dの客席を見ながらいじってもらう。3Dとはいえスクリーンを見ていると言う心理をどこまでぬぐい去れるかだと思うので、同じ環境で同じ道具を使ってくれてた方が一体感が増すと思います。ライブ慣れしていない人が多い地域では特にそうなんじゃないでしょうか。てか、多分自分がそうです(笑)

>三重~! ⇒ (三重)おお~~!(T_T)
この県だけ泣いてますが、なんで?(笑)
特に異論はございませんが。
>mtstさん
コメントありがとうございます^^

>スゴいけど壁に流れる書き込みがメッチャ気になって気が散る(笑)

それはそう思います(笑)
ニコファーレのノリは、サブカルならではの突進ぶりで(笑)めっちゃウケましたが(^^)

>もし実現するなら、まず被災地のファンの方達を真っ先に楽しませて欲しいです。

そうですね。
システムを持ち込めば、簡易ライヴハウスでもできそうですし。
音漏れありありで(^^)

>会場の客をいじる時は彼女達にも偏光メガネをかけてもらって…

あ~ちゃんはキミイケ型メガネ、ゆかちゃんは丸型、のっちはターミネーターみたいな…( ̄∀ ̄)

>スクリーンを見ていると言う心理をどこまでぬぐい去れるかだと思うので…

僕、カーズ2を観た時、途中から眼鏡のことを完全に忘れてたんですよ。
あと、記事の3Dライヴのレポでも、同じようなことが書かれていますから、意外とイケルかもしれませんよ!
でも、あの眼鏡ももっと進化させて、ゴーグルのようなものにしたらいいと思うんですけどねぇ。

>>三重~! ⇒ (三重)おお~~!(T_T)
>この県だけ泣いてますが、なんで?(笑)

おお!そこに気づいていただけましたか(笑)
敢えてノーコメントで~す(*^_^*)
遅コメ
スミマセン。
この話題、関係あるんですよね、うちの会社に。
なので、適当なことは書けないなぁと思ってたのですが(いつも適当にコメ書いてるんかいっヾ(- -;))、結局適当に書くことにしました(笑)
おっしゃるように実際に3Dのライブ中継(及び録画したものを放送するコンテンツ)は、興行としてスタートを切っております。
ただ猫さんがおっしゃるインタラクティブは、まだまだと言ったところです。ようやくライブビューイングのインフラが整ってきたところですので、恐らくこれからの課題となると思います。更に興行側でそのインタラクティブをインフラとして投資するだけの価値があると判断しなければ、元も子もありません。
その価値を認めさせるのがPerfumeになって欲しい、というかPerfumeしかいないんじゃないか、と思います。
アミューズが出資して製作したライブビューイングジャパンという会社が、映画館へのライブビューイングコンテンツを配信する事業に乗り出しておりますので、近いうちにPerfumeもワンマンライブのライブビューイングの興行があると思います。
その時に、いつものライブに足りないものは何か、それに気付くのかもしれませんね。
でも、その前にワンマンやって欲しい~(笑)
>runrun1006さん
コメントありがとうございます^^

>この話題、関係あるんですよね、うちの会社に。

それ早く言ってくださいよ( ̄□ ̄;)!!
この前のオフ会で話題に出せばよかったな~orz
ぜひ今度kwsk~

>興行側でそのインタラクティブをインフラとして投資するだけの価値があると判断しなければ、元も子もありません。

興業側は、かなりの設備費が上乗せになるでしょうね。
3Dライヴ会場側(ライヴハウスや映画館)の設備投資は少ない上に興業側の負担も少ないと思われますので、収益性は上がると思っています。
それで顧客満足度も上がるのならぜひ実現してほしいですね!

生で観られるのはもちろんプレミア。
生で観られない人は3Dで(^^)/
3Dインタラクティヴなら、3人を生で観られないけどライヴには参加しています。
そして、映像ならではの演出も可能です。
めっちゃ楽しみです^^

>Perfumeしかいないんじゃないか、と思います。

DVDであんなに釘付けになるユニットですからね(^^)
ロックバンド向きじゃないし、視覚的な魅力も多いPerfumeこそ向いていると思います。

>アミューズが出資して…

めっちゃリアルじゃないですか!
runrunnさん、その関連部署へ異動してちゃちゃっと進めてください(笑)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】