HOME>Perfume

ワンルーム・ディスコをフルでやったのは…

ヤスタカさんの歌詞は、いろんな意味に取れるのが一つの魅力ですよね。
恋愛の歌なのに、Perfumeの状況や世相を反映しているようにも聞こえたり…
聴く人に向けた歌のように感じたり…
それが、多くの人に愛される理由のひとつだと思います。

昨日、mtstさんもコメでおっしゃっていましたが、NHK「震災から1年“明日へ”コンサート」を観て、僕も「ワンルーム・ディスコ」の歌詞が今までと違って聞こえました。
震災で故郷から離れての暮らしを余儀なくされている方々に寄せた歌のように感じたんです。
この曲をフルでやったのには、そういう方々への応援の意味があったのかも知れませんね。


♪ワンルーム・ディスコ

※1
ディスコ ディスコ ワンルーム・ディスコ
ディスコ ディスコ 
ディスコ ディスコ ワンルーム・ディスコ
ディスコ ディスコ 

なんだって すくなめ
半分の生活
だけど 荷物は おもい
気分は かるい

窓をあけても
見慣れない 風景
ちょっとおちつかない けれど
そのうち楽しくなるでしょ

※2
新しい場所で うまくやっていけるかな
部屋を片付けて 買い物にでかけよ
遠い空の向こう キミは何を思うの?
たぶん できるはずって 思わなきゃしょうがない

※1繰り返し

なんだって すくなめ
半分の生活
だけど 気になる カロリ
気分は かるい

シャンプーをしながら
目を閉じたまま
シャワーも出せない けれど
そのうち慣れてくるでしょ

※3
新しい場所で うまくやっていけるかな
音楽をかけて 計画をねりねり
今日はなんだかね おもしろいこともないし
リズムにゆられたい んだ ワンルーム・ディスコ

昼間みたい 街の明かりが
星空を みえなくする
たくさんの まぶしい光
とけて消えちゃいそうだ

※2※3繰り返し

ディスコ ディスコ…



この曲を、笑顔で楽しく歌い踊るPerfumeに胸を打たれました。
3人でそう約束して歌ったのかも知れません。
いや、約束しなくても通じ合っているのでしょうね。
「笑顔は伝わる」と…

次からは、この曲にこれまでとは別の想いを重ねてしまいます。


これも歌のちからですね(*^_^*)


ord03100.jpg











※この記事は、曲の聴き方を強要するものではありません。
  感じ方は人それぞれですから(^^)



関連記事

この記事のトラックバックURL

http://electrocat.blog113.fc2.com/tb.php/619-5303e1b8

コメント

間違いないですよ
私も涙を流しながら放送を観ていました 歌とパフォーマンスだけで強烈なメッセージを笑顔で発信し続ける 
アウエイの会場に向けてではなく、全国に散らばった被災者の方々に向けて笑顔で「だいじょうぶだよ」って…

本当に、ボロボロ涙が流がしながら観ていました。
ホントに
三人は楽しそうないい表情でした。
あの三人の笑顔には素晴らしい力があるのでしょう。
今日は花粉が多くて、なんか目が痒いです。だから電車の中でも涙目でもわからないのです。
三人の笑顔で癒された方がきっと被災地にもたくさんいると思います。
おとといの猫サマの記事を見て。
気持ちを新たにして、アタマをカラッポにして録画をしたあの番組を改めて
見直しをしたんです。.....Perfume、ものすごく良かったです! 特に後半のBS枠!

セラミックおじさんもご指摘の通り、ツアーとは180°違うアウェイっぷりのあの会場。
でも3人は臆することも、気に病むこともなく、堂々とパフォーマンスをしてました。
今まさに「JPNツアー」の真っ最中ということもあってか、3人のダンスのキレ、
アンサンブルは鳥肌が立つくらい美しいものでした。(特に「スパイス」での
NHKにしては異例のアグレッシブなカメラアングルは、3人のダンスのキレを余す
ところなく拾ってくれてましたし)
そしてあの笑顔、笑顔、笑顔.....。 3人のパフォーマンスには音楽が出来るヨロコビ、
が溢れ出ていました。

「音楽って楽しいね」

中田サンの創り出すサウンド、MIKIKO先生と練り上げたダンスを、誇らしく、
活き活きと表現する彼女たちを見て、胸が熱くなりました。同時に彼女たちの
ファンでいることをとても誇りに思いました。さらに今となっては些細なことに
こだわり、猫サマの記事を読むまで、このパフォーマンスの素晴らしさに
気づけなかった自分が恥ずかしくなりました....。

そうです。そして猫サマご指摘の「ワンコ」。オンエア時には集中ができず、
まったく気づけなかった、中田サンの詞の世界が全く思いもしなかった新しい
解釈で私の耳に飛び込んで来ました。それは文字通りの衝撃、でした。

新しい環境で、新たなスタートをきる人達へのエール。

今まで漠然とこの曲を聴くたびに思い浮かんでたイメージが一気に塗り
替えられました。
強いビートに美しいメロディが乗ってること。それがロックンロールの必要
条件、と言ったのは山下達郎ですが、そんな楽曲に人それぞれの想いや、
さまざまなシチュエーションを飲み込んでしまうような巨きな普遍性を持った
詞の世界がそこに内含されている。楽しい楽曲に身を委ねながら、その深い
歌の世界に共感をし、さまざまな思いを巡らせることが出来ること.....。

「ワンルーム・ディスコ」ってケタ外れのポピュラーミュージックが示し得る
最上のスペック、なんだなあ、とあのライブを見て改めて思いました。

それもこれも猫サマの記事を目にすることが出来たから。
目を見開かせてもらえた気がしています。感謝をしています。
今回も素晴らしい記事、ありがとうございました!
僕も思いました!!
震災のせいで故郷を離れて違う場所での
生活を余儀なくされている方への
メッセージだなー って(*^ー^*)
ほんと考えてますよね!さすがPerfumeです(>_<)
樫野解釈は
歌詞の解釈は各人の思いに従い異なってしまうものですね。昨年、仕事で付き合いのある「国内有数の某ビール会社の関連会社の人」と話す機会があり、あるCMの歌について話題を振ったところ(まあ、強引にですが)、その人曰く、この歌詞は変わっていて
一日の楽しみ=ビールを飲むこと
白い箱=冷蔵庫
GLITTER=ビール
ということなので、なかなか意味が深いとの説明を受けました。
小生は「成程、よくできたCMソングですね。」と賛同してしましました。
JPNのスポンサーさん、いつもありがとう!
この季節の定番曲ではあるけれど…
私もあのワンルームディスコ観ながら歌詞を反芻してました。
「被災者や離ればなれになった方々へのメッセージともとれるよな~」って、しかもフルバージョンですからね。
「つらいよね、大変だったよね、くやしいよね」って一緒に寄り添って泣く唄もあっていいと思います。
でも、「今、私たちにできること」として彼女たちが選択したのは「笑顔でメッセージを届ける」ことなんですから…それを堂々とやってのけるなんてサスガです。
Perfumeの曲は歌詞が多様に解釈できるものが多いけど、ワンルームディスコにこういう役割を持たせるとは…(-_-)
ポリループ同様、この選曲も彼女たちの意思だと思います。(ほんとにFanでよかった……)



>セラミックおじさん
コメントありがとうございます^^

>歌とパフォーマンスだけで強烈なメッセージを笑顔で発信し続ける 

まさにセラミックおじさんがおっしゃる通りです。
パフォーマンスだけで想いを伝えたPerfumeを、誇りに思います。
その思いやりに、その謙虚さに、そのプロ根性に…ただただ感動しました。
>ぱふゅろ~たさん
コメントありがとうございます^^

>あの三人の笑顔には素晴らしい力があるのでしょう。

彼女たちの笑顔には、顔をうずめたくなるような包容力を感じますね。
顔をうずめてもいいですか( ̄ー ̄*)
>ponchoさん
コメントありがとうございます^^

>今日は花粉が多くて、なんか目が痒いです。だから電車の中でも涙目でもわからないのです。

ああ…ライヴ会場で目が赤かったのも花粉のせいだったんですね。
Perfumeを知ってから花粉症の症状が重くなって困っています(^^;)

>三人の笑顔で癒された方がきっと被災地にもたくさんいると思います。

彼女たちも、カメラの向こうの人たちに向けてパフォーマンスしていましたよね(*^_^*)
それが伝わってきました。
>チョービギナーさん
コメントありがとうございます^^

チョーさん、熱いですね(笑)

>3人は臆することも、気に病むこともなく、堂々とパフォーマンスをしてました。

彼女たちは、目の前のお客さんより、カメラの向こうにいる人たちに思いを馳せていたと思います。
そんなパフォーマンスでしたよね(*^_^*)

>あの笑顔、笑顔、笑顔.....。 3人のパフォーマンスには音楽が出来るヨロコビ、が溢れ出ていました。

震災直後は、被災者の役に立つのかと疑問に感じた自分たちのパフォーマンスや笑顔。
それが、見事に力の源になっていたと思いました。

>さまざまなシチュエーションを飲み込んでしまうような巨きな普遍性を持った詞の世界

ヤスタカさんの歌詞は、コアな部分はで無駄を削ぎ落してますよね。
だから、シチュエーションに惑わされることなく、あらゆる方向から一つの真理に到達するような感覚があります。
このミニマルな感じがテクノと相性がいいのでしょうね。


>「ワンルーム・ディスコ」ってケタ外れのポピュラーミュージックが示し得る最上のスペック、なんだなあ、とあのライブを見て改めて思いました。

ここの表現が好きです(*^_^*)
ケタ外れのポピュラーミュージックが示し得る最上のスペック…
めっちゃ前のめりで高感度マックスです(笑)

>それもこれも猫サマの記事を目にすることが出来たから。
>目を見開かせてもらえた気がしています。感謝をしています。

僕はそんな謙虚なチョーさんを尊敬しています(*^_^*)
>かずきさん
コメントありがとうございます^^

>ほんと考えてますよね!さすがPerfumeです(>_<)

僕の想像です。
震災の後、自分たちの曲の歌詞をすべて見直していると思います。
ひとつの歌詞をいろんな角度からいろんな解釈をしてみて、歌ってもいい曲なのか、歌うことで力になれる曲なのか…一生懸命に考えたと思います。
そんな中で、ワンコは「新しい使命」を与えられた一曲なのだと思います。
>sugamoさん
コメントありがとうございます^^

>白い箱=冷蔵庫
>GLITTER=ビール

あれ?GLITTERを最初に聴いた時にまず浮かんだのが

>白い箱=冷蔵庫
>GLITTER=氷結

じゃなかったですか?
この歌詞はクライアントが喜ぶだろうなぁと思いましたっけ(笑)

>JPNのスポンサーさん、いつもありがとう!

ええと…それってKIRINの社員さんに直に聞いたってことでしょうか(^^)/
>ヤジオショーさん
コメントありがとうございます^^

>「今、私たちにできること」として彼女たちが選択したのは「笑顔でメッセージを届ける」ことなんですから…それを堂々とやってのけるなんてサスガです。

謙虚ですよね。
健気ですよね。
そして、プロですよね!

>Perfumeの曲は歌詞が多様に解釈できるものが多いけど、ワンルームディスコにこういう役割を持たせるとは…(-_-)

かずきさんのコメ返にも書きましたが、全ての曲のあらゆる解釈を考え抜いたのだと思います。
そんな中で新たな使命を与えられたんでしょうね。
今度からライヴでも聞こえ方が変わりますね…
2回目のコメント失礼します
>GLITTER=氷結
そういう説ですよね、ところがその方(キリンの関連会社でビール本体ではありません)の説では、ビール=黄金に輝くもの=GLITTERだそうです。
ころで、今仕事でソウルにいます。久しく見なかったユッケを食べましたよ。
>sugamoさん
>ビール=黄金に輝くもの=GLITTER

なるほど。
他の飲料のCMに使われてもそう思うところがスゴイです(^^)

>今仕事でソウルにいます。久しく見なかったユッケを食べましたよ。

おおお!ユッケでマッコリでニッコリですね(*^_^*)タベタ~イ

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】