HOME>Perfume

平成のキャンディーズ(追記あり)

アミューズの大里洋吉会長がPerfumeに言い続けている言葉。

「平成のキャンディーズになれ」

この言葉の真意はどこにあるのでしょうか。


これは「キャンディーズに似たグループになれ」という意味でしょうか?
しかし、Perfumeとキャンディーズの相似点が多い事は以前より多くの人が指摘しています。
例えば・・・

<スタイルとしての相似点>
・女性3人組(キャンディーズが最初の成功者)
・メンバー同士はとても仲良し
・メンバーは愛称で呼ばれる
・バラエティ番組でコントまでこなす
・振り付けが特徴的
・曲によってセンターが変わる(Perfumeは曲中も変わる)
・テレビ番組とライヴは別物
・魂はロック
・純真、誠実
・後楽園球場(東京ドーム)でライヴを行った数少ない女性グループ

<現象としての相似点>
・ファンの多くが「応援する」というスタンスである
・ファンと共にムーブメントを引き起こした

もっとあるかも知れませんが、これだけでも「正当な後継者」と言われてもおかしくないレベルだと思います。


では、「キャンディーズのような人気者になれ」という意味でしょうか?
しかし、今やPerfumeはツアーで20万人を動員する人気者です。
レコード(CD)の売上ランキングを見ても、キャンディーズに引けを取りません。


cpsrk.jpg
※クリックで拡大します




これらの状況からすると、すでに「平成のキャンディーズ」になっているとも取れます。
それなのに、大里さんが「平成のキャンディーズになれ」と今も言い続けているのは、キャンディーズが成し得たことでPerfumeがまだできていないことがあるということです。


沖縄で行われたJPN打ち上げ公演『海パーン!!!』で、あ~ちゃんがこんなコメントを残しました。

あ「あの方から『平成のキャンディーズになれ』と言われております」
あ「Perfumeは伝説を作っていきます」

このコメントから、Perfumeが大里さんの言っていることを理解していることが窺えます。
その話しぶりから「覚悟」のようなものを感じましたので、それはきっと簡単な事ではないのでしょう。

この「伝説」という言葉。
これがキーワードだと思います。
キャンディーズは、あの解散宣言から始まる一連の社会現象が伝説となりました。

Perfumeはすでに数々の伝説を作ってきましたが、それが後世に伝え継がれていくかどうかは、今の段階では判りません。
それらが本当に伝説になるのは、解散後なんですよね。


「キャンディーズのように、解散後も愛され続けるような活動をしなさい」


大里さんが言いたいのはそういうことなのではないでしょうか。


彼は、JPN代表のPerfumeに、武士道にも似た誇り高い精神を教えているように思えます。



**************************************************
(追記1)
僕は基本的にキャンディーズとPerfumeを一緒にするな!派です(笑)
だって、どちらにも失礼じゃないですか。

でも大里会長がPerfumeに言い続けて、彼女たちも納得していることなら気になります。
また、そもそもアミューズの原点はキャンディーズだと言ってもいいでしょう。
そのDNAは社員にきっちりと受け継がれていると感じますし、社員経由でPerfumeにも・・・
だから、Perfumeがキャンディーズと関係ないとは決して言えません(^^)

(追記2)
僕がアイドル歌手を認識したのは、天地真理さんが最初です。
でも、当時はまだ『お母さんといっしょ』の歌のお姉さんと大差ない感じでした。
そのすぐ後に気になりだしたのがキャンディーズです。
『8時だヨ!全員集合』によく出てくる、かわいくて面白いお姉さんたち。

そして小学校4年生になる頃にリリースされた『年下の男の子』が僕のハートを射抜きました。
年下って・・・僕も入るんだよね?:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
この頃すでに現在の妄想猫は形成されていたものと思われます。。
そんな流れで、キャンディーズは僕にとって初めて熱狂的に好きになったアイドルでした。
ピンクレディーは、なんだかロボットのように感じて・・・好きでしたけど世界が別でした(笑)
とは言っても、レコードは買えませんのでテレビの前にラジカセを置いて歌を録音したり、出演番組を親に叱られるほど網羅したり、学校で男3人で真似したりといったぐらいですけど(^^)
キャンディーズファンのコアは高校生~大学生でしたから、そういった人たちがテレビ番組で声援を贈っているのが羨ましかったですね。
コンサートも行きたかったし。
僕も大きくなったらもっとガッツリ応援しようと思っていたのに・・・
中学1年生の時に、たった4年半の活動に幕を下ろしてしまいました。
ラストシングルの『微笑がえし』は、僕が初めて買ったキャンディーズのレコードです。

キャンディーズについて語れるほどの見識はありませんが、そんな世代としてキャンディーズへの想い入れだけはたっぷりなので、少しだけ話をさせてもらいました(笑)





cdhg.jpg
これこれ(*^_^*)







関連記事

この記事のトラックバックURL

http://electrocat.blog113.fc2.com/tb.php/690-56a0ba86

コメント

大里会長の想いは、おっしゃるような事と私も思います。
ただ、キャンディーズ自らどのような理由で解散したかったのか私は知らないので想像となりますが
当時、マネージャとしてキャンディーズにやって欲しかった事があったんだと私は思っています。
その大里会長の夢はもう少し時間が掛かるかもしれませんが、
確実に射程距離にいることは間違いないと思っています。
それは多分三人の夢とも共通なものだとも思います。
それを叶えての解散、そして伝説へ。
これが平成のキャンディーズの伝説なのではないでしょうか。

本音としては夢を叶えてから解散までが永遠であって欲しいのですが、
いつか彼女らは普通の女の子になってしまうのでしょう。
だから、たとえばあ~ちゃんを「あ~ちゃんさん」とか呼ぶ俳優に気を付けなければいけないかもしれません(笑)
同時期に活動したピンクレディーと比べてしまうと、記録面では実はそれ程ぱっとしないけど、なぜか記憶には残っているキャンディーズ、ってところも似てるかも? 猫さんの指摘にある<現象としての相似点>がキーなんでしょうね。

私は、キャンディーズでは成し得なかった、第2ステージ=世界で活躍することが、大里会長から託された、新しい伝説への道なんじゃないかと、勝手に思ったりしています...
こんばんは。
こちらにコメントさせていただくのは確か3回目でしょうか。

私、キャンディーズをリアルに観てきた世代です。

解散の発表を聞いた当時は、いきなり梯子を外されたような、初恋に失恋したような気がして。
今でも、曲を聞いたりすると結構切なくなるときがあります。
まだ私も高校生で子供でしたから。(>_<。)

2008年に福山雅治さんのオールナイトニッポン、続いてポルノさんのオールナイトニッポンに出演してキャンディーズについて想いを語りました。

どれだけキャンディーズが好きだったのか・・・

■大里さん曰く、『アミューズ』が成功したのは・・

「本音でキャンディーズファンに 育ててもらったから『アミューズ』がある!」

「最近、キャンディーズのライブを見てるの、
すっごい感動!!歌、ハーモニー、気迫がすごい!すっげぇ~なー!
アーティストの気迫ってこれだな!!」

「『アミューズ』が成功したのは・・ 自分で成功っていうのも変だな(笑)・・
ここまでやってこれたのは、 キャンディーズの力があると思う。
みんなに感じてほしい。とくにうちの社員に。
こういう、きっかけがあるんだ!ガーンッ!と」■


※以上は「渡辺美里とキャンディーズ・ファンのブログ」からの抜粋
ttp://misatozukan.jugem.cc/?eid=977
いつもブログ拝見させて頂いております。初コメントさせて頂きます。

perfumeを好きになって、追いかけて、狂喜して。
でも、なぜかいつも感じる不安。
その時はいつか必ず訪れるという現実・・・。
そうか・・・、私もそれを望んでいたんですね。
永遠であるための伝説を。
はぁ・・・今日はもう一杯飲まないと寝れないや・・。
違うと思う(笑)
多分、伊東四朗氏と小松政夫氏と一緒に
炬燵の上で踊ることだと思います!

大里会長は放っておきましょう(笑)
平成のキャンディーズ? はーーん!
キャンディーズはキャンディーズじゃ
そしてPerfumeはPerfumeじゃ!
>なおっちさん
コメントありがとうございます^^

>当時、マネージャとしてキャンディーズにやって欲しかった事があったんだと私は思っています。

大里会長は、Perfumeに夢を見ていると僕も思います。
その夢が、キャンディーズが果たせなかったものなら、「昭和のキャンディーズが果たせなかった夢を叶えるのが平成のキャンディーズ(=Perfume)」ということになります。
その場合、会長にとって、Perfumeはすでに「キャンディーズ」になっているということになりますね。

>これが平成のキャンディーズの伝説なのではないでしょうか。

僕もそのように思います。
キャンディーズは日本中の人に愛されました。
Perfumeは世界中の人に愛されて欲しいですね(*^_^*)

>いつか彼女らは普通の女の子になってしまうのでしょう。

ある日のライヴで「私たちは普通の女の子には一生なりません!」宣言をして、一生現役アイドルの伝説を作るとか(笑)
結婚しても、子供が出来ても続けてほしいな~
聖子ちゃんみたいに!

>たとえばあ~ちゃんを「あ~ちゃんさん」とか呼ぶ俳優に気を付けなければいけないかもしれません(笑)

たしかにww
かしゆかを「ゆかちゅあ~ん」と呼ぶ猫も気を付けといたがいいですよ~( ̄ー ̄*)v
>G3さん
コメントありがとうございます^^

>同時期に活動したピンクレディーと比べてしまうと・・・なぜか記憶には残っているキャンディーズ

そこがAKB48とPerfumeの関係と似ていると言う方もいらっしゃいますよね。
記憶に残るアーティストになるには、「散り際の美学」的な要素も大切なのかも知れませんが・・・
そのへんのことは、今は真剣に考えたくないですね(笑)

><現象としての相似点>がキーなんでしょうね。

大里会長はPerfumeに関しては全てチームに任せてきたはずなのに、スタイルも現象も相似点が多いのは、マネージャーさんをはじめチームPerfumeが、大里会長をリスペクトしている表れなのかも知れませんね(^^)

>私は、キャンディーズでは成し得なかった、第2ステージ=世界で活躍することが、大里会長から託された、新しい伝説への道なんじゃないかと、勝手に思ったりしています...

僕もそう思うんです。
でも、キャンディーズが成し得なかったことを期待するなら「キャンディーズを超えろ!」と言って欲しいんですけどね~(笑)
>菊ノ助さん
コメントありがとうございます^^

>こちらにコメントさせていただくのは確か3回目でしょうか。

よく覚えていらっしゃいますね~(◎-◎;)
非公開コメを含めて3回目ですよ(笑)
ありがとうございます(^^)/

>私、キャンディーズをリアルに観てきた世代です。

僕もそうですが、中1の時に解散してしまいました。
当時、キャンディーズファンのコアは大学生くらいのイメージでしたね。
早く大人になってああいう風に応援したい!といつも思っていましたっけ(笑)

>解散の発表を聞いた当時は、いきなり梯子を外されたような、初恋に失恋したような気がして。

僕はもっと子供でしたが同様の衝撃を受けました。
特にスーちゃんは初恋の相手と言ってもいい感じでしたから(笑)

>今でも、曲を聞いたりすると結構切なくなるときがあります。

実は、この記事を書く前の日、カラオケの画面でキャンディーズを見て泣いてしまったんです(T_T)
曲も、姿も、素晴らしい輝きでした(*^_^*)

>2008年に福山雅治さんのオールナイトニッポン、続いてポルノさんのオールナイトニッポンに出演してキャンディーズについて想いを語りました。

ちょww
菊ノ助さんが出演したのかと思ったじゃないですか(笑)
大里会長のはしゃぎっぷっりが共感できますね~(*^_^*)

>どれだけキャンディーズが好きだったのか・・・

大里さんにとって、人生に最も影響を与えたのがキャンディーズだったんじゃないでしょうか。
彼も言っていますが、今の彼があるのはキャンディーズと仕事をしたから・・・
Perfumeでも同じことが起きているんでしょうね。

>気迫がすごい!すっげぇ~なー!アーティストの気迫ってこれだな!!

穂口さんと同じように「ア-ティスト」と呼ぶんですね。
純真で誠実だから、その気迫が生まれるのだと思います。
ドロドロした芸能界でその姿勢を貫くには、気迫が必要ですよ!
Perfumeもしかりだと思います。

>みんなに感じてほしい。とくにうちの社員に。

社員がちゃんと受け継いでいるから、Perfumeの中にもキャンディーズのよい血が受け継がれているのだと感じます。
今日は、つべでキャンディーズ漁りをしようかな(笑)
>syoujiさん
コメントありがとうございます^^
いつも読んでいただいて恐縮です!

>でも、なぜかいつも感じる不安。
>その時はいつか必ず訪れるという現実・・・。

彼女たちがいま駆け登っている階段のテッペンに解散があります。
でも、そのテッペンからもう少し上に目がけてファンが階段を作って、彼女たちを押し上げることができれば、嬉しいですね。

>永遠であるための伝説を。

僕たちファンがそれを可能にするのだと思います!
大里会長が言い続けているのは、もしかしたらPerfumeファンを煽っているのかもなぁとも思います(笑)

>はぁ・・・今日はもう一杯飲まないと寝れないや・・。

どうでしたか?
一杯ですみましたか?(笑)
キャンディーズとほぼ同時代を生きながら、当時から今に至るまで、申し訳ないくらい無関心でした。猫様のご指摘のように二つのトリオに類似点はあると思うのですが、なぜかPerfumeには「ドはまり」しています(多分、猫様の助言を聞きながらも、JPNツアーで見てはいけないものを見てしまったからでしょう)。
ですから、引退して伝説になるのは、何卒、先延ばししてもらわないと困るのです。
>セラミックおじさん
コメントありがとうございます^^

>多分、伊東四朗氏と小松政夫氏と一緒に炬燵の上で踊ることだと思います!

♪チュチュンがチュンなんて炬燵の上でゆかちゃんにやられたら・・・

送電線をひた走って遥かニューギニアの火力発電所経由で宇宙まで吹っ飛んでいきますよ(//∀//)
だからそれはイカンです(笑)

>キャンディーズはキャンディーズじゃ
>そしてPerfumeはPerfumeじゃ!

僕もそう重いまーす(^^)/
でも、ほれ、エラ~イ会長さんじゃけ・・・
放っておくわけにもイカンじゃろ?
>sugamoさん
コメントありがとうございます^^

>猫様のご指摘のように二つのトリオに類似点はあると思うのですが

似ている部分はありますが、別物ですよ(笑)
キャンディーズにハマらなかったけど、Perfumeにはハマったという方は大勢いらっしゃると思います。
スーちゃんとゆかちゃんは、どこも同じところがありませんが両方にハマった猫もおります( ̄∀ ̄)v

>猫様の助言を聞きながらも、JPNツアーで見てはいけないものを見てしまったからでしょう

見てはいけないもの=生ゆか( ̄ー ̄*)

>ですから、引退して伝説になるのは、何卒、先延ばししてもらわないと困るのです。

でもプライベートの幸せも叶えて欲しいんですけどね~
そういうことを両立させるという伝説を作ってもらいたいですね(^^)/
おはようございます!

会長の 「キャンディーズになれ!」の 真意はどこなんでしょう? そして あ~ちゃんがどう捉えたか そこがファンとしてきになる部分ですよねぇ~(*´∀`*)

でも perfumeはperfumeでいいです!
 
ジプリのような ディズニーのような メルヘンチックで
近未来的なSFっぽい アニメみたい感じで
現実にいる普通の女の子みたいな感じで
 
それを見て聴いて癒されたり ノリノリになるファンがいて 愛に満ちていると思いますよー!
だから 動画やライブ 振りコピやダンスコンテスト見て涙しちゃうのでしょう!
ホント中毒性たかいっすよぉ~~笑)
解散なんか考えたくないし するならするで仕方がないです;w;
今できることをするだけですし 出来る範囲で応援するし ライブ&フェスを見たいです!

すいません・・・・・キモイぐらい語ってしまいました・・・!

それと左上の妄想小説ホント楽しいっす! オイラほぼ妄想はしない人なので・・・・・  もっといろんな妄想聞いてみたいのであります!

ホント界隈のブロカーの皆様には感謝します!ファンにとって楽しみなのですよー!!
>どんたこすさん
コメントありがとうございます^^

>perfumeはperfumeでいいです!

もちろん僕もそうですよ!
そう思うだけに、会長の想いが気になるんです・・・

>ジプリのような ディズニーのような メルヘンチックで
>近未来的なSFっぽい アニメみたい感じで
>現実にいる普通の女の子みたいな感じで

ああ・・・言いたいこと、すごくよくわかります。
現実のようで、現実じゃないような感じ。
でも、演じているのでもない。
やはりPerfumeはPerfumeですよね!
 
>解散なんか考えたくないし するならするで仕方がないです;w;

解散を匂わせるような記事になってしまい申し訳ありません。
人間だっていつか必ず死にます。
でも、そのことを忘れて生きるのと、死を意識して生きるのとでは生き方が変わると思います。
会長はそういうことを言いたいのではないかと思うんです。

>すいません・・・・・キモイぐらい語ってしまいました・・・!

何をいまさら(笑)

>それと左上の妄想小説ホント楽しいっす!

ありがとうございます。
妄想とは言え、リアリティも追いかけております(笑)
書きかけのものはたくさんあるんですが、最近時間がなくてまとめ切れていませ~ん(>_<)

>ホント界隈のブロカーの皆様には感謝します!ファンにとって楽しみなのですよー!!

いろんなブログがあって楽しいですよね!
Perfume愛もいろんなカタチ。
手のひら私色←ちょっと違う
残念ながらPerfumeはキャンディーズのようにはなれません。何故ならキャンディーズは最高のまま解散したからです。後にも先にも最高なので、近づくのがやっとだと思います。当時キャンディーズは幅広い年齢層から人気を博していました。今50代以上の人でPerfumeの3人の名前をスラスラ言える人はどれ位の割合いるでしようか?それだけキャンディーズは皆に知られたすごいアイドルだったのです。
>名無しさん
コメントありがとうございます^^

>Perfumeはキャンディーズのようにはなれません。

大里会長が言う「キャンディーズ」の意味が、「記録」よりも「記憶」に残るアーティストを目指すことという意味なら、僕は心から賛同します。

>今50代以上の人でPerfumeの3人の名前をスラスラ言える人はどれ位の割合いるでしようか?

キャンディーズが幅広い世代に愛された背景には、テレビが生活に深く入り込んだ時代だったこともあります。
3世代が居間に揃って同じ番組を見ては笑う。
歌番組が多く、子供も年寄りも同じように幅広い世代の音楽を知っている。
学校ではテレビの話題に入れないと寂しい思いをする。
そんなテレビは、いまではただの巨大モニターになってしまいました。
モニターに映すソースは、細分化された個人の趣味に個別対応しています。

Perfumeは、そんな場面で選ばれる一つのジャンルなんです。
本当は、他の人が知らない方が嬉しいようなマニア受けするジャンル。
でも、彼女たちはすっかり人気者になってしまいました。
そして、ついにキャンディーズができなかったことをやり始めましたね(*^_^*)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】