HOME>Perfume

唇がロックだぜ~い(`▽´)ノ

samty1.jpg
ぐはぁ○凹


『Spending all my time』のMVの中で、ゆかちゃんのこのアップは実にかしゆかしいですね~o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o
このツンデレを妄想させる顔の角度(//∀//)
小動物のようなつぶらな瞳(*´∪`*)ハニャ~ン

SamtのMVに関しては、リリース後に思うところを書きたいと思いますが、第一印象だけは今日書いちゃいます。
このMVを観ていて、とても印象的だったのは唇の色なんです。
口紅をしていないのかな?と思えるほどナチュラルな色と質感ですね。。

元々Perfumeは派手な口紅をすることが少ないですね。
たいてい薄いベージュ系です。
たまに濃いめのをすることがあっても・・・




lby1.jpg
これくらいが(/_\*)


比較的赤い方で・・・


vcyl1.jpg  
これくらい(//∀//)



おっと・・・( ̄∀ ̄;)





vcyu1.jpg
これくらいだと・・・



クチビルどうしちゃったの~!? というレベリュです(;^_^A



そんな中でも、SamtのMVの3人の唇はヒトキワ生々しい。
いや、MVだけじゃないですね。
あの衣装の時は雑誌でもそうです。

僕はそんなPerfumeにロック魂を感じます!(`▽´)ノ

六本木的ダンステクノに、制服と薄化粧をぶつける反骨精神!
中田さんは、「 Perfume」のそんな気概を計算の上でこのぶっ飛んだ楽曲を提供したのかも知れませんね。
MVはもちろん田中裕介監督のイメージです。
でもそれは、「Perfume」の確固たる”色”が彼にイメージさせたものなんですよね。

2年と少し前、『ナチュラルに恋して』のBPMをPerfumeに決めさせたというエピソードを聞いて驚いたのを思い出しました。
今では、中田さんに歌詞を変えさせるほどPerfumeがプロデュースに関わってきているとは・・・

そこには、テクノ番長のしたたかな作戦があるのかも知れません。
どんな曲でもPerfume色に染めてしまうことに対する信頼と挑戦。
それをしっかり受けて立つ「Perfume」。

こんな関係、そんじょそこらのアーティストじゃできませんよ!


僕には、中田ヤスタカさんのニヤニヤした顔が目に浮かぶんですけど(^^)/






samtyfc.jpg
僕が花瓶だったらもっと粘ってから砕けるのに:*:・( ̄∀ ̄)・:*:







関連記事

この記事のトラックバックURL

http://electrocat.blog113.fc2.com/tb.php/717-da4a586c

コメント

そこは
気がつかなかった~。さすがキモ(以下略)・・・。
でも3人はすっぴんも薄化粧も魅力的でして、いや、メイクもいいんですが、結局魅力的なんですね。
今回は切なげな曲だなーと感じました。
しかし健気でひたむきな曲調に制服、超能力、アイリッシュダンスかワールドオーダーかの振り付け、
相変わらず予想を裏切る斜め上です。
そのうえRIJでのライヴ!いいですね。しなやかな色気をも感じる動き。これはいいものだ!
>katanaさん
コメントありがとうございます^^

>3人はすっぴんも薄化粧も魅力的でして、いや、メイクもいいんですが、結局魅力的なんですね。

いやいや、katanaさんの方がよほどキモイ!(略さずww)

>今回は切なげな曲だなーと感じました

いまやPerfumeの曲は「切なさ」を抜いては考えられませんね。
その中でもSamtは曲も詞も切なくて、しかもそれが何度も繰り返されるので破壊力が大きいですね(T_T)

>健気でひたむきな曲調に制服、超能力、アイリッシュダンスかワールドオーダーかの振り付け、相変わらず予想を裏切る斜め上です。

超能力、開かない扉、最後に落ちるリンゴ・・・
ここまでは自分なりの解釈があるのですが、腕の数字とあのダンスがまだ説明つきません(>_<)
この組み合わせ自体にも何か意味があるのでしょうか。

>そのうえRIJでのライヴ!いいですね。しなやかな色気をも感じる動き。これはいいものだ!

衣装のせいもあるかもしれませんが、意外と華やかな感じがしました。
もちろんクールなんですけど。。
こんな味、なかなか出せませんぜダンナ(`▽´)ノ

尊攘そこらの連中って(^-^)/
私も、花瓶の破壊に粘りをいれたり、積み木を崩す方が先のほうが良いのではないでしょうか…とか、のっちの破壊する置物は木っ端微塵にして欲しいなど書きたいことが山ほどアルプスの少女ですが…
今度一緒に飲んだ時に語らせてください
m(_ _)m
>セラミックおじさん
コメントありがとうございます^^

>尊攘そこらの連中って(^-^)/

噴きました(。>_<)
尊攘って響き・・・なんとセラミックおじさんにシックリくるんでしょうww
尊攘そこらの連中って、セラミックおじさんおやびんを慕って集まった志士のことでしょうか( ̄∀ ̄)
だってレフトなファンですもんね~(笑)

>私も、花瓶の破壊に粘りをいれたり、積み木を崩す方が先のほうが良いのではないでしょうか…とか、のっちの破壊する置物は木っ端微塵にして欲しいなど書きたいことが山ほどアルプスの少女ですが…

かな~り重症だとお見受けします。
置物になりすましてのっちに木端微塵にされたいとは・・・
たしかにそういう話をできる相手は僕も社内にはいません。
今度尊攘の志士の集まりでぜひ(^^)/

でも今度っていつですか!( ̄∀ ̄;)
キモスト2元放送「ハイジとペーターのドMの宴」でもやりましょうか(笑)

>非公開の拍手コメ主さん
コメントありがとうございます^^

近くにいなくても萌え死んでますがww

いつも拍手コメをくださって嬉しいです(*^_^*)

そうです、ロックなんです
「Perfumeの生きざまは演歌歌手」というフレーズをどこかのブログで拝見したことがあります、それに加えて最近思うのは、「Perfumeはロックだぜえ」です。
たとえば、
アジアツアーでは、日本語の通じない異国の地で、若干名の仲間(PTA会員)と狭い箱の会場に、真正面から(つまり、強力な後ろ盾とか、国際的なまたは日本主催のイベントやフェアといったものを利用せず)殴りこみ勝負を挑む(または、やり逃げする?)3人は、まさにロックです。
>sugamoさん
コメントありがとうございます^^

>「Perfumeの生きざまは演歌歌手」というフレーズをどこかのブログで拝見したことがあります

有名なので、こういうのがあります。

見た目アイドル
曲はテクノ
経歴は演歌
ライブはロック
MCはお笑い芸人

僕も過去に記事で触れたことがあります。
http://electrocat.blog113.fc2.com/blog-date-20100217.html

毎年、夏フェスの記事になると、彼女たちがロックであることを痛感しますね(^^)/
今回は新曲のMVにもそれを感じましたので記事にしました。
静かな中にも熱い心が秘められているんですよね~(*^_^*)

>日本語の通じない異国の地で、若干名の仲間(PTA会員)と狭い箱の会場に、真正面から(つまり、強力な後ろ盾とか、国際的なまたは日本主催のイベントやフェアといったものを利用せず)殴りこみ勝負を挑む(または、やり逃げする?)3人は、まさにロックです。

ロックですね~!(`▽´)ノ
彼女たちのロックな部分を挙げだすと一晩中語れますね(笑)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】