HOME>Perfume

動くアルバム

1998年に公開された『アルマゲドン』という映画をご存知でしょうか。
僕がこの映画を時々観たくなるのは、たった5秒間のシーンが好きだからです。
 ※この記事は映画に関するネタバレを含みます。

『アルマゲドン』は、地球に直撃しようとする小惑星に着陸して爆破させようとする話なんですが、
壮大なストーリーや特撮よりも、親子の愛がいつまでも心に残る映画なんです。

父ハリー(ブルース・ウィリス)と娘グレース(リヴ・タイラー)の最期の交信シーンも泣けますが・・・

クライマックスで、ハリーが爆破スイッチを押す時、ハリーとグレースは同時に目を瞑ります。
そして爆破スイッチを押すと、彼の眼に幼い頃の娘の姿が映ります。
それは地球から娘が送っている父親への感謝の想いなのでしょう。
草原でブランコに乗り、父を慕って走ってくる娘。
8ミリ映画のような懐かしい映像。
そして美しく成長し、花嫁衣装の娘へ・・・

ここで大爆発が起こり、小惑星もろともハリーは宇宙の塵と消えます。


興味のある方はこちら⇒アルマゲドン エンディング



Perfume Global Compilation”LOVE THE WORLD”の初回限定盤に収録されている『ポリリズム - Historical Live Act Version』を観ると、先の映画のワンシーンと同じような気持ちになります。
この映像作品が、誰の発案で制作されたものなのかは判りません。
でも僕は、Perfumeから徳間さん(今日は敢えてさん付けw)への感謝をヒシヒシと感じます。
幼い頃から、たくましく、美しく成長するまで育ててくれたことへの感謝。
次々と登場しては消えていく懐かしい映像たち。
どの時代のPerfumeも、活き活きしているのは、徳間さんが支えてくれたから。
この映像作品は、Perfumeから徳間さんに贈られた4分12秒の動くアルバムなのだと思います。
結婚式の日に娘が父親に渡すサプライズのような・・・



でも徳間さん!

大爆発して宇宙の塵にならないでくださいね( ̄∀ ̄)




※『FAKE IT』の発音が『Thank you』に聞えるのも、わざとだったりして(泣笑)


関連記事

この記事のトラックバックURL

http://electrocat.blog113.fc2.com/tb.php/737-4db3af50

コメント

Thank you
アルマゲドン、爆発シーンで場内明るくなって自身を客観視した事しか覚えてない‥すみません!

今もコンピ聴いてます、ホント総てにチョチョThank youです。
私、恥ずかしながらCD音源として7天初めて聴きました。
‥美しくて落涙
>アシュラさん
コメントありがとうございます^^

>爆発シーンで場内明るくなって自身を客観視した事しか覚えてない

はは(^^;)
そういうのわかります。
スクリーンの世界に入り込んでたのに、客席が見えちゃって現実に引き戻される感じ(笑)
僕はあのシーンの時、スクリーンの世界にあまりにも入り込んでいたようです(>_<)

>私、恥ずかしながらCD音源として7天初めて聴きました。
>‥美しくて落涙

ああ・・・なるほど!
アシュラさんのような方もおおいのでしょうね。
ピアノが美しいですよね~(*^_^*)
今そういう楽しみ方ができるのもある意味羨ましいです(^^)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】