HOME>Perfume

Perfume WORLD TOUR 1st 台湾Neo Studioレポ しょの③

※この記事にはセトリや演出などのネタバレはありません。
  しかし、どの曲かを感じさせる表現やMCの内容もお知りになりたくない方はご遠慮ください。



MC1の後もゴージャスな構成。
サプライズや、キタ━━━(゜∀゜)━━━!!的な曲もあり大興奮!
ゆかちゃんのポージングがイチイチ(*´∪`*)ハニャ~ンなアノ曲も・・・
最前で直撃をくらった観客がのけぞったまま石になっていく様子は見てられませんでした~(T_T)
台湾にもあるという樫野記念病院は今ごろ超満員でしょうww
だからあれほど「生ゆか」は見ちゃいけないと言ったのに~( ̄∀ ̄)

MC2

の「楽しんでますか?」
客「イエーイ!」
の「よかったね!」
客「お~い(^^;)」
あ「すでに後半戦に差し掛かってまいりました!」
客「えーーー!?」
あ「どんどん盛り上げていきますよオッケー?」
客「イエーーーイ!」
あ「ここで大事な曲をやります!」

このセリフで台湾のみなさんは何かを察したようです。
だってこの時点ですんごい歓声が!

あ「○○○○○○!(曲名)」
客「うおおおおおおおおお(T_T)」

曲名は言えませんが、この曲を「大事な曲」と言った時点でもうダメです。
ウルウルしながら何気なくPAブースの方を見ると・・・
MIKIKOさんが手で顔を覆っています。
泣いているんです。
ああ・・・
その姿を見てまた涙が溢れました。
彼女たちが胸を張ってこの曲を披露している。
異国のファンに勇気を与えている。
彼女たちの成長を感じないわけにはいきません。
MIKIKOさんもそういった感慨に耽っていたのかも知れません。

この曲が終わり、大歓声の中を四つ打ちが響きすぐに手拍子が合わさります。
P.T.A.のコーナーです。
さあ、やってやるぜ!
あ~ちゃんカマ~ン!
やる気満々の客席。
でも、あ~ちゃんの様子がおかしい・・・

あ「ありがと~(T_T)」

目に涙を溜めて嗚咽と闘っています。
あ~ちゃ~ん!
みんなの熱がさらに上昇します。

あ「さあ、やってまいりましたP.T.A.のコーナー!」
客「イエーーーーーーーーイ!」
あ「このコーナーは・・・リズムに合わせて身体を◎△?×~(T_T)」

嗚咽で何を言っているのかわかりません。
そんなあ~ちゃんに温かい声援が飛びます。
ああ、それは逆効果だよ~
それでもなんとか仕切り直すあ~ちゃん。

あ「みんな一緒にできますか?」
客「イエーイ!」
あ「ボーイズ!」
客「イエーイ!」
あ「ガールス!」
客「イエーイ!」
あ「ショウ!」
客「イエーイ!」
あ「ロン!」
客「イエーイ!」
あ「ポウ!」
客「イエーイ!」
あ「小籠包!」
客「イエーーーーイ!」
あ「ショウロ・・・ンポゥ(T_T)」

みんなの弾ける姿、キラキラした笑顔。
こんなにもたくさんの人たちが私たちを待っていてくれたなんて!
こんなふうに一体になるために日本語も覚えて・・・
ゆかちゃんと、のっちとここにいられることが夢のよう。

そんな胸いっぱいのあ~ちゃんを見て、ますます弾ける観客たち。
みんなはあ~ちゃんのこの顔を見たかったんだよね?
3人のこの嬉しそうな顔に会いたかったんだよね?
3人を笑顔にさせること。
それが「ファンにできること」であり、3人への恩返し。
感動的でした。
でも、この後が笑えました。

あ「グラッシーズ!」
客「え?」
の「メガネメガネ!」
客「あ、イエーイ!」

のっちが日本語で言い直した方が通じるという(笑)

あ「コンタクト!」
客「イエーイ!」
あ「ナチュラル!」
客「イ、イエーイ!」
あ「Tシャツ!」
客「イエーイ!」
あ「Perfume Tシャツ!」
客「イエーーーーイ!」

無理やりな英語が他にも多数ありますのでお楽しみに(^^;)
後はいつものP.T.A.の流れです。
歯みがきの歌は台湾の方が大ウケかも(笑)
西脇幼稚園、ついに台湾へ進出~!ww

そして「夏の扉」に代わってみんなで歌った曲は・・・
夏よりももっと熱い歌でした!
カッコよすぎでした~(T_T)

会場のノリがいいとあ~ちゃんは「台湾很讃!(台湾最高!)」を連発。
スクリーンに字幕も出てて笑いました。
でもあ~ちゃんはどうも「台湾超讃!」と言っていたらしいですねww
そういえば「P.T.A.のコーナー」は「P.T.A.互動時間」らしい(笑)

綺麗に揃った振りの練習後、終盤の曲に突入です。

僕たちの周り(最後方)にいたオニャノコたちは、P.T.A.のコーナーからガラッと変わりました。
今まで食い入るように観ていたのが、身体を動かすようになってきたんです。
あのコーナーはただの幼稚園じゃなかったんですねww
効果抜群!

しか~し!
P.T.A.明けの曲で低音が出なくなるハプニングが発生!
緊張が走るPAブース・・・のはずが!
なんと爆音姐さん(佐々さん)はチョ~冷静!
顔色ひとつ変えずに調整を続け、2曲後には前よりも強烈な重低音が轟いていました。
なんちゅうカッコ良さでしょう!
なんちゅう気概でしょう!
自分の持ち場は何があっても命がけで守りきる。
惚れ直しました~(*^_^*)

最後の曲が終わると3人は手を振りながら下手にはけていきました。
すぐに始まったアンコールのテンポが日本の倍速なのは台湾流?ww
途中からはいつもの日本のペースになりましたが表も裏も全部叫ぶのは台湾流?www
5分ほどして3人が再登場ヽ(*´∪`)ノ゛

客「かわいーーーー!」

ここからはあ~ちゃんのロングなMC。
それは長い長い感謝のメッセージ。
このメッセージは他の会場でも同じ気がしますのでひみちゅにしておきますね(`▽´)ノ

アンコールに応えて曲を披露。
最後の曲ではゆかちゃんにコレデモカ!!とトドメを指され、イチイチ悶えているところを前の日本人ファンに見られていたようで・・・( ̄∀ ̄;)

アンコール曲が終わると会場内には台風のような音がしていました。
激しい雨音の拍手に、強風のような歓声。
その中で3人が何度もお礼を言っています。
ああ・・・この後にいつもの挨拶があって終わりか~(T_T)
と思いきや・・・

の「今日は大切な仲間ができてすごい嬉しいです!ありがとうございました!」
客「うおおおおおおお!」
か「みんなが日本語を解ってくれて、一緒に歌ってくれるなんて思わなくて、
  しゅっごい楽しかったでしゅ!ありがとうございましたぁ!o(^-^)o」
猫「ゆっかぢゅわ~~ん!」

ゆかちゃんの「しゅっごい楽しかったでしゅ!」のテンションがめっちゃ高くて(*´∪`*)ハニャ~ン
なぜかここの観客の歓声が物凄かった!

あ「みなさんともっと近い仲になれるコンテンツをご用意しました!」
客「おおお?」

ゆかちゃんがいつものようにあ~ちゃんの言葉に合わせて手をグルグルしたりしてるので白目を剥いていると・・・

あ「ワールドファンクラブができましたあああああ!」
客「おおおおおおおお!ヒューヒュー」

あ「今日で満足はしていません!WORLD TOUR 1stになっていますからね!」
客「ぐおおおおお!」
あ「これからも応援をよろしくお願いします!」
客「(大歓声)」

ん?これって、もう1曲ありそうな雰囲気!
お願い!お願い!

あ「それでは!」
客「お!?」
3「Perfumeでしたぁ!」
客「うわ~ん!」

かなりの人がもう1曲あると思っていたようでした。
後方の客席から再びアンコールが起こります。
すると、それをかき消すように前方の客席から徐々に歌が拡がって行きました。

♪きっと 僕らが 生きている証拠だから~

Dream Fighterの合唱は手拍子と共にどんどん大きくなっていきました。
最後には会場全体で大合唱になっていました。

♪前を見て歩く Dream Fighter!

客「うおおおおおおおお!」

歓声と拍手が止まりません。
すると・・・

あ「みんな~!・・・ありがとう(声だけ)」
客「おおおおおおおおお(T_T)」

ここで再びアンコールが始まりダブルアンコールを期待しましたが、場内アナウンスが入りお開きとなりました。


この合唱は、台湾のファンによるサプライズ企画でした。
事前に企画内容と歌詞が入ったビラが配布されていたんです。
台湾のファンからPerfumeへの精一杯の感謝と応援の気持ち。
メンバーに伝わってよかったですね。

でも、この企画成功の裏側でこんなことが起きていたとは思いませんか?
スタッフがファンの想いを叶えるために力を貸してくれたのだと。

だって、合唱の前後の流れが不自然なんですよ。

通常ならば3人がはけたらすぐに追い出しの場内アナウンスが流れます。
しかしこの日はアナウンスが流れませんでした。
まるで歌が始まるのを待っているかのように・・・
やがてDFの合唱が始まり、サビを歌い終わってもまだアナウンスは流れません。
その後アンコールが2分ほど続いてからようやくアナウンスがありました。

僕はこう思います。
歌う時間を作るために、すぐにはアナウンスを入れないよう指示が出ていた。
歌い終わっても、また歌うかもしれないから同様の指示が出ていた。
そう考えるとスッキリしませんか?

知らなかったのは3人だけ(^_-)
みんな3人が大好きなんですから!
仕方ないですよね~(*^_^*)

WORLD TOUR 1st@台湾Neo Studioは、こうして爽やかに幕を降ろしました。
LIQUIDROOMが伝説になったように、このNeo Studioが伝説になるのでしょう。

Perfumeの海外での快進撃は、このステージから始まったのだと。




***************************************************

(おまけ)
終演後・・・
ライヴハウスの入口付近にいると、会場で僕の前にいた日本人ファン(Sさん)が横に来ていました。
少し談笑していると・・・

S「もしかしてブロガーさんですか?」
猫「え?あ、一応・・・なんでわかりました??」
S「電脳猫さんじゃありませんか?」
猫「そうですけろ!なんでわかったんですかーーーーーーーー!」
S「なんとなく( ̄∀ ̄)v」

たしかにゆかちゃんコールばかりしてましたけど・・・
そりゃゆかちゃんに「ぐはぁ」とか「(*´∪`*)ハニャ~ン」とか言ってましたし・・・
でもその程度で判るもんですかね~(◎-◎;)

その後、Sさん、タツさん、きりひとさん、かな坊さんと軽く反省会をやって帰ることに。
適度な疲れと達成感の中で、絶妙なテンションでのキモイ会話は楽しかったです。
Sさんは感激していました。
今までライヴの後にこういう場がなかったので今日は嬉しいと・・・
よ~く解りますとも!
みんなそうですから。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、再会を約束して解散することに。
Sさんは翌日帰ると言っていました。
言っていましたが!
あんな大事件があるとは言っていませんでしたよ~!o(`ω´*)o

さ~Sさん!
何があったのかを白状してください。
コテンパンにしてやりますから!ww






関連記事

この記事のトラックバックURL

http://electrocat.blog113.fc2.com/tb.php/766-aa8bb8ab

コメント

号泣じゃぁ
これって、妄想小説ですよね…?

まさか、現実の出来事じゃないですよね?

そんな…まさか…

もし現実の出来事だとしたら…

どんな妄想をすればいいんですか!(^-^)/
呼ばれました?
こんばんわ SことSawmasuです。
猫さんとは台湾で出会い、楽しい夜を過ごさせてもらいました。
呼ばれたようなので来ました。今から報告することは大事件です!
読むときは深呼吸を。飲食しながら読むのはやめたほうが良いです。



どうしようか、悩みましたがまずは結論から先に言います。
空港のエリアの内側で、日本へ帰る飛行機に搭乗していくPerfume一行に遭遇しちゃいました!!

僕は彼女達の搭乗便のすぐ後の便で帰国予定だったのでただの偶然です。
航空券予約したのは8月ですから・・・。

この場所に立ち会うことが出来たのは、同じく後の便で帰国予定の僕を含めた日本人ファン3人です。

彼女達を待つ中で、次のことを取り決めました。
迷惑になるといけないから写真、動画撮影はやめよう。
ファンだとわかるようにグッズを身につけよう。
僕はWorld Tourのバックを持ってたので、それが見えるように。

台湾のライブの思い出や、お互いのJPNツアーの参戦歴など話しながら、その時を待ちました。

いよいよその時が訪れます。
彼女達は一般のお客さんに迷惑にならないように一番最後に搭乗します。

まずラウンジからのっちとかしゆかがもっさんと出てきました。
声をかけて手を振るとのっちは少しびっくりした様子で手を振り返してくれました。
ゆかちゃんはなななんとこっちを向いて丁寧にお辞儀してありがとうございますと言ってくれました。

しばらくして最後にあ~ちゃんが来て、こちらの声かけに対して笑顔で手を振りながら飛行機の中に消えていきました。

帰国時の3人の服装を動画や写真でご覧になった方も多いと思いますが、
のっちはモデルみたいに素敵。のっちはのっちでしたw
ゆかちゃんには自然と黒タイツのお脚に目が行きましたよ。汗 足細くて、長くてきれい!
実身長では差があるはずの2人が同じ背丈に見えたのでゆかちゃんはかなり高いヒール履いてたようですね。
あ~ちゃんはホント顔小さい!ワンピースが似合うし、身につけるものが良さそうなもので芸能人オーラが出てましたね。
思ったよりもに華奢で小柄な印象。平面と実物が一番ギャップあるかも。とてもかわいかったです。

こうしてPerfumeチームは台湾を去っていきました。
そういえば搭乗口まで台湾の関係者が見送りに来てましたが、こういう人ってセキュリティエリアの内側に入れるのでしょうか。

その場に立ち会えたラッキーな3人は、ライブでの再会を約束して別れました。
それぞれ、心の中は大変なことになっていたはずです。僕も例外ではありません。

この後私は魂を抜かれた状態で飛行機に乗り、機内食を食べている時間以外はひたすらPerfumeを聴きながら放心状態で帰ってきました。

もう少し続きます。
空港にて その2
時間を少し巻き戻します。

検査場を越え、パスポートに出国のスタンプをもらって搭乗口の待合室へ来ると、
至る所にPerfumeスタッフの方が座っているではないですか。
その中にはなんとMIKIKO先生の姿も。
僕はグッズを身につけていることを良いことに失礼は承知で、
MIKIKO先生にライブのお礼とこの先のツアーの成功を祈る旨の挨拶をさせてもらいました。
先生がライブの時の3人のような深いとお辞儀して「ありがとうございます。」と言ってくれたのが印象に残っています。
突然の声かけにものすごく丁寧に対応していただき、こちらが恐縮してしまいました。

これが台湾の空港で帰国時に僕が体験したすべてです!!

このような体験をネット上に書き込むことに賛否あると思いますが・・・。
台湾の空気を少しでもみなさんにお分けしたいというそれだけの気持ちです。
このコメントの扱いはこのブログの管理者猫さんにお任せします。

空港でPerfumeに会えたことも、猫さんとのエピソードもすべて実話です。
今振り返ってみるとうまく出来過ぎな台湾遠征でした。
すべて台湾の風土がプレゼントしてくれたものだと思っています。
台湾とPerfumeが今まで以上に大好きになった忘れられない旅になりました。
事実は小説よりも奇なりw  台湾&Perfume很讃!!
いい話です(T_T)
いかにもP.T.A.なエピソードです ねぇ(T_T)
やはり台湾から始めた事には意味がありました。
猫さん、Sさん、素敵なエピソードをありがとうございました。

スゴいです。
>S「電脳猫さんじゃありませんか?」
判るものなんですね。
「(*´∪`*)ハニャ~ン」は偉大ですね(笑)
と言うか台湾まで行ってelectrocatさんのブログを読んでらっしゃる日本人の方が近くに居られただけでもミラクルです。

Sawmasuさん(初めまして)の空港でのエピソードもスゴいです。
あまりにも落ち着いたその対応は以前のelectrocatさんの記事がお役に立ったと言う事でしょうか。
>セラミックおじさん
コメントありがとうございます^^

>これって、妄想小説ですよね…?

Perfumeの夢は妄想より高し(*^_^*)
Perfumeの周りに起きる奇跡は妄想より奇なりww

>どんな妄想をすればいいんですか!(^-^)/

ほら、かしゆかは俺の嫁とか( ̄∀ ̄)
>sawmasuさん
コメントありがとうございます^^

いらっしゃいませ~(^^)/
台湾では不思議な出会いでしたね。
でもそれが帰国後の新しい交流に繋がっていて嬉しいです。

空港での事件は一生の思い出になりましたねグギギ。
その「ファンが3人しかいない」というシチュがプレミアム感MAXじゃないですかグギギ。
そしてゆかちゃんに頭を下げさせただとおおおおお(o≧д≦)o
くっそsawmasuくっそ!o(`ω´*)o

>すべて台湾の風土がプレゼントしてくれたものだと思っています。

きっとsawmasuさんの中で機が熟していたのだと思います。
そのタイミングでの台湾で、しかもとんでもないオプション付き!
ヤヴァすぎwww

今回台湾に行かなかったらと思うとゾッとしますねww

不思議な縁に感謝しつつ、これからもよろしくお願いしま~す(^^)/

>スーさん
コメントありがとうございます^^

>いかにもP.T.A.なエピソードです ねぇ(T_T)

Perfumeはどこへ行ってもPerfumeままでしょうけど、受け手は違いますからね~
Perfumeのツボが日本と外国では違うと思うんですよ。
だから日本のライヴのような空気が出来上がるのか興味深かったのですが・・・
素晴らしかったです(T_T)
愛が溢れていました~

>やはり台湾から始めた事には意味がありました。

台湾から始めることに3人には何の迷いもなかったと思います(*^_^*)
台湾のファンが長く熱く待ち続けていることを知っていたでしょうから・・・
>mtstさん
コメントありがとうございます^^

>判るものなんですね。

でしょ?w
僕も「なんでーーーー!?」でしたよ。
その後もメールでまた「なんでーーー!?」って聞いちゃったくらいです。
何度も説明してくださったのにいまだに不思議なのは、単に僕がおバカなせいでしょうか( ̄∀ ̄;)

>落ち着いたその対応は以前のelectrocatさんの記事がお役に立ったと言う事でしょうか。

ああ、もしそうなのならあの記事を上げた甲斐があったというものです(*^_^*)
でも反面教師になってたりして(>_<)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】