HOME>Perfume

楽しみ方と仕上げの魔法

JPNツアーで初参戦を果たしたSという友人がいます。
参戦後、彼は敢え無く廃人と化しました。
しばらくは「ヤヴェ~よ」しか言いませんでしたから( ̄∀ ̄)v

彼はアルバムを全部聴き込んで臨みましたが、やはりライヴは別物だったようです。
その彼が一番衝撃を受けた曲は『FAKE IT』だったとか。
この曲はどのアルバムにも入っていませんでしたからね。
彼が初めて聴いた『FAKE IT』はライヴでの”完成形”だったんです。

その後コンピアルバム『LTW』で曲だけを聴いたらアレンジが違うと感じたようです。
あのライヴの熱さとは別物のようなクールな曲だと。
ライヴを先に経験しているから、逆にインパクトが大きかったのだと思います。

なんか・・・逆?

でもアルバムも聴かないで参戦する方も多いですし、敢えてそのような状況を作る方もいるでしょう。
Perfumeは本当にどこからでも楽しめるんですね!
この話を聞いて、自分のPerfumeの楽しみ方を振り返ってしまいました。
そして恐らくいつものあの事にやっぱり決着するわけですが(*^_^*)

僕は、受け取った印象を次々に塗り替えられていく小気味良さを楽しんでいます。
だから新曲がリリースされる時なんか最高に楽しいです(^^)
だんだんPerfumeが完成していく感覚を楽しめるんですから。

まず曲の一部が公開されます。
着うた、CM、ラジオ・・・
低音質&ショートから高音質&フルへ。
この、徐々に全貌が明らかになっていく過程がまず楽しい(*^_^*)
一部分を聴いて「ふ~ん」とか「あれ?」だったのがフルを聴いて土下座したりww
そうやって大騒ぎしている界隈がまた楽しかったり。

高音質でフルの音源が手に入ると早速曲を楽しみます。
シンプルかつインパクトのある曲。
独創的で抜ける音。
巧妙で変化に富んだアレンジ。
曲ごとに違う3人の声の組合せと加工。
いろんな見方ができる歌詞。
切なさを含んだ世界観。
中田ヤスタカさんの世界にまず引き込まれていきます。
でも、この段階ではまだ「未完成」なんです。

PVが公開されるとまた大騒ぎww
新しい解釈とのギャップを味わいつつ、映像に込められた想いを汲み取ろうとする楽しさ。
3人の表情や仕草もキモ~くチェック( ̄∀ ̄)
いやいや、まだ未完成です。

TVで披露されると曲にダンスが加わります。
それは、中田さんの挑戦状に対するMIKIKOさんとPerfumeの答え。
曲とダンスと”3人”が一体となって複合芸術「Perfume」が完成します。
本当に完成するのはフルを演った時ですが・・・

曲だけじゃPerfumeじゃない。
曲とダンスだけでもPerfumeじゃない。
3人のスキル、キャラ、表情・・・その魔法のスパイスが加わって初めてPerfumeになります。
中田さんもMIKIKOさんもスパイスを想定して味付けしてますよね(^^)

でもPerfumeが本当に完成するためには、もうひと振りの魔法が必要です。

それは、熱狂する観客ですね(*^_^*)


LVまであともう少し。
シンガポールの観客によって完成されたPerfumeがもうすぐ観られます。
こちらの声はきっと3人にモニターされていないでしょう。
でも、それでもみんなで声援を贈るのだと思います。
温かいような切ないような気持ちで、仕上げの魔法を掛けるんですよね。
その光景を想像するだけで・・・


ヤヴァイです(T_T)




関連記事

この記事のトラックバックURL

http://electrocat.blog113.fc2.com/tb.php/774-9cca22c6

コメント

Sさんって一瞬僕のことかと思いましたw
僕は、Perfumeの媒体はすべてのモノが「ライブ」のために作られていると思っています。
音、ダンス、そして演出などが加わってすべて結合して、1つの作品として表現される場所がライブです。
Perfumeに関してはその場で出会い、その場でしか味わえない一期一会の体験がとても素晴らしい。
この素晴らしい体験を何度も求めて、日本中、そして海外へ彼女達を追いかけて旅をしてしまうと・・・。

「CD」ライブへ向けての予習用音源、そして復習・・・。
「DVD」ライブの思い出共有装置&彼女達のダンス、動きをリピート再生して楽しむモノ
「TV」リピート再生して、彼女達のダンスや細かい動作を楽しむモノ
すべてライブを楽しむため、もしくはライブの記憶を蘇らせるものだと。

これは1年という短期間ですが、ある程度Perfumeに染まった人間の個人的意見ですw
「PV」の定義づけがないのは許してください(^_^;)

しかしいろいろと能書き垂れてみましたが、これって常に、予習→ライブ→復習→予習→ライブ・・・。
というサイクルで回り続けてる気がするんですよ。
このループをどの地点からスタートしても問題は無さそうな気もします。
一回転してみて、自分の通ってきた道を振り返って整理するとこのような結論になるのであって、
ちょっと前の僕みたいにPerfumeワールドに飛び込んだばかりの人にはライブからスタートしているような気がするのかもしれません。

わかりづらくなってしまいましたが、この記事読んで思い浮かんだことをコメントさせてもらいました。
今改めて読んでみると、定義づけに関してもツッコミどころ満載な気がしますが、ご容赦くださいm(__)m

いよいよLVあさってですね。
台湾で猫さんに出会い、帰りの空港の事件で始まった思い出深いこのツアーの総決算となります。
気づいてみたらこのツアー見るの3公演目です!何やってるでしょう自分・・・(__;)

それぞれの会場で弾けましょう!!
>Sawmasuさん
コメントありがとうございます^^

>僕は、Perfumeの媒体はすべてのモノが「ライブ」のために作られていると思っています。

僕も最近はそう思います。
でもヤスタカさんは微妙です。
最初からライヴを想定していたかどうか・・・

今ではSawmasuさんがおっしゃる通りだと思いますよ~

>このループをどの地点からスタートしても問題は無さそうな気もします。

なるほど!
そう思えば解りやすいですね。
スタート地点で変わるのは最初の1周だけですね~

>気づいてみたらこのツアー見るの3公演目です!何やってるでしょう自分・・・(__;)

僕もJPNツアーでそう思いました。
妻にはもっとそう思われましたが( ̄∀ ̄;)

明日は他の会場に負けないように。
そしてシンガポールに負けないように楽しみますよ~(^^)
最近は、なかなかPerfumeを聞く余裕もない日々でしたが、明日は西*井に突撃します。久しぶりに氷結summer nightの動画を見ました。何回見ても本人たち登場のところは鳥肌たちます。まあさすがにそんなことにはならないわけですが、盛り上がってはじけたいと思います。
>SUMさん
コメントありがとうございます^^

>明日は西*井に突撃します。

同じ会場ですね~(`▽´)ノ
ご挨拶できたら嬉しいんですが(*^_^*)
会場のド真ん中あたりで巨神兵と一緒にいるのが僕です(笑)

>何回見ても本人たち登場のところは鳥肌たちます。

あそこの歓声の凄さに何度見ても涙が出ますね。
あそこにいるのはファンばかりじゃないんです。
明日のシネコンもそんな風になればいいですね(*^_^*)

一緒に弾けましょう(^^)/

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】