HOME>Perfume

自分探しの旅

赤信号が青になるまで待つ。

この行動は常識でしょうか?
日本ではそうですね。
でも海外では理解されないこともあります。

アメリカでは、車が通っていなければ信号が赤だろうが道を渡ります。
それがあの国の常識なんです。
安全に渡れる状況なのに信号が変わるまで待っている日本人は滑稽でしょう。
「日本人は安全か危険かを自分で判断できないのか」とdisられることさえありますから。

日本人はなぜ赤信号を守るのか。
そして、アメリカ在住の日本人はなぜ赤信号を守らなくなるのか。

どうあるべきかなんて、この駄ブログで論ずる気はありません。
ここで言いたいのは、(乱暴な言い方ですが)「日本人は変わっている」ということです。
海外へ行くと、それに気づくことができますね。


1月23日のブログでゆかちゃんが「海外へ行くと違う自分が見つけられる気がする」と書いています。
それは、僕の実体験を踏まえてこういうことだと思います。

海外へ行くとまず、”日本人である自分”を異質なものだと認識します。
次にその異質感を埋めようとする方向に意識が働きます。
その時、日本にいる時にはしないようなこともしている自分に気が付きます。
でもそれはその国では普通のことで、こういう自分もアリなんだ!と感じます。

ブログの後半では「今年は他の国にも行ってみたいな☆」と書いています。

NYは奥が深いから何回行っても満足しない。
それなら、満足するまで行こうという流れになりがちなんですが(笑)

ゆかちゃんにとって海外旅行は単なる遊びや息抜きではないようですね。
でも、教養や感性を身に着けるためとも違う気がします。
彼女にとって海外旅行は「自分探しの旅」のような感じがします。

海外へ行くことで、嫌でも目立ってしまう自分がいます。
時には自分の知らない自分がいることも。
そんな自分の再発見を、ゆかちゃんは人一倍楽しく感じるのでしょう。

TVBrosでゆかちゃんがこう言っています。

「あたしは一番オリジナリティも自由な感覚も持っていないと思っていたので・・・」

占い師ものっちも言っていますが、決してそんなことはありません。
でも、彼女の意識としてはそうなんです。
樫野有香としては自信がないし、かしゆかとしては周囲を楽しませることを自分より優先してきたんですから。
Perfumeのため、スタッフのため、家族のため、ファンのため・・・
彼女はそのために自分で自分に多くのことを課してきたのだと思います。

ゆかちゃんは今、自分の魅力を再発見しています。
このタイミングでもっともっと海外を旅して、自信を付けるキッカケにしてもらいたいですね!
それはもちろんPerfumeの成長のために役立つでしょう。


でもそれ以上に、樫野有香がその人生を楽しむために(*^_^*)







関連記事

この記事のトラックバックURL

http://electrocat.blog113.fc2.com/tb.php/810-38df0ae3

コメント

彼女なら大丈夫ですよね
ウユニ塩湖に行きたい!と考える人ですから、間違いなく彼女の感性は鋭くて純粋で充分個性的だと思います。

NYは、たぶん下見でしょう。
あ〜ちゃんのロンドンもそうでしょう…

のっちは?下北沢かな(笑
>セラミックおじさん
コメントありがとうございます^^

>間違いなく彼女の感性は鋭くて純粋で充分個性的だと思います。

感性は鋭いけど、奥ゆかしいんですよね。
もっと出していいと思うのですが・・・

>NYは、たぶん下見でしょう。

WORLD TOUR 2cdの遠征地はもう決まっていると思いませんか?
昨年の夏が下見で、今回のは違うような気がしています。
ところで、NYでやるなら違う魅せ方を期待しちゃいますね~

>あ〜ちゃんのロンドンもそうでしょう…

グアムはどうでしょう(笑)

>のっちは?下北沢かな(笑

のっちは台湾以来海外の下見は行ってないですね。
火星は・・・まだ早いですかねwww

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】