HOME>Perfume

ノンフィクション

福祉機器業界で西日本最大の展示会は最終日に入っていた。

Dがいる会社も長年出展をしており、今ではそれなりの存在感を備えている。
高さ制限ギリギリの6mまで組み上げたブース装飾。
その巨大サインの下は、常に大勢の来場者で賑わっていた。
柔軟で斬新な発想が、今では業界内の名物として定着していた。

ブース内にはステージがあり、30分に1回のペースで商品デモが行われている。
また、1日1回行われる外部講師による特別セミナーも、数百人の集客を誇る人気企画である。


事業責任者のDにとって、この展示会はとても大切な場だった。
それは、多くのユーザーさんやその関係者の声を、直接訊くことができる場だから。

僕たちはユーザーさんの「笑顔」に、少しでも貢献できているのだろうか?
僕たちの想いは、ユーザーさんと共有できているのだろうか?

DはPerfumeのファンだった。
Perfumeを好きな理由は数えきれないほどあったが、仕事を通じてPerfumeに共感する場面も多い。
彼は展示会をしながら、彼女たちのライヴへの想いに共感するのであった。


そんなこともあり、ステージではここ数年Perfumeの曲を使ってきた。
オープニングでは、まずPerfumeの曲がかかり途中からナレーションが重なる。
エンディングでは、ナレーションのクロージングからPerfumeの曲が重なる。

明るく歯切れのよい曲は、閉塞感から解き放ってくれる。
3人の温かい声は癒しを与えてくれる。

今回は2曲を使った。
商品デモでは『未来のミュージアム』、そして特別セミナーでは『Hurly Burly』。
『未来のミュージアム』が掛かると、来場した子供が一緒に歌い出した。


最終日である3日目。
Dは、特別セミナーのオープニングでどうしても使いたい曲があった。
ユーザーさんへの僕たちの想いを代弁してくれる曲。
しかし、この曲の歌詞には「HEAVEN」や「天国」という言葉がふんだんに使われている。
この業界ではタブーとされている言葉だ。

でもそんなことは関係ない。
想いが届いたらどんなに嬉しいかを歌った曲なんだから!
あの美しいメロディーと強い意志を秘めた歌詞は、必ず僕たちの想いを運んでくれる。

ナレーターの女性にこっそり指示を出した。
曲を1回だけ聴かせて、入りのタイミングを確認させた。
音響担当のK君にも指示を出した。
K君はニヤっと笑った。

「わかりました。でもDさん、CDプレイヤーが調子悪いんですよ」
「え?どうしたんだ?」
「CDを変えると読み込めないことがあるんです」
「このCDはどうかな?確認してくれないか?」
「はい・・・あ、ちゃんとReadingが終わってスタンバイ状態になりましたから大丈夫です」
「よかった・・・」

セミナー開始10分前から呼び込みのアナウンスが始まった。
ブース内はセミナーーを待つ人で埋まっていく。
開始時間になった。
セミナーを待つ人は300人を超えている。
ナレーターがステージ脇に立つ。
Dはステージ近くで観ながらゴクリと唾を飲み込んだ。

しかし、1分を経過しても曲が出ない。
何をしているんだ!
ナレーターがアドリヴで繋ぎ出した。
そこへK君が走ってきた。

「Dさん!やっぱりCDプレイヤーが動きません!」
「なんでこんな時に・・・」

一緒にバックヤードへ駆け込んだ。
中では音響に詳しいもう一人のスタッフが懸命に対処しようとしていた。
しかし状況は変わっていなかった。

ああ、どうする!?

必死に繋いでいるナレーターに申し訳ない。
そろそろ来場者も異変に気づいてしまうだろう。
セミナーの開催に問題があるわけではない。
オープニング曲が出ないだけなのだ。
いつもの『Hurly Burly』を掛けるか?

でも、その場にいたスタッフたちにその選択肢はなかった。
Dがわざわざこの曲を掛けたいと言った想いがしっかり伝わっていたのだ。

「みんな・・・」

ああ、どうする?

どうする!?



その時・・・
ピアノの美しいイントロが大音量で流れた。
来場者のざわめきが止んだ。
その空気へ温かい歌声が沁みこんでいった。

♪どれだけ キミのこと 想い続けたら
 やわらかい 言葉じゃなくて キミに届く
 もしもね この願いがちゃんと叶うなら
 はじけて 消えてもいいよ ってどんだけ SEVENTH HEAVEN

「皆さま、こんにちは。本日は○○のブースへご来場くださいましてありがとうございます!」


Dたちの想いを乗せた『SEVENTH HEAVEN』の歌いだしが館内に響いた。
待ってましたとばかりにナレーションが続いた。
来場者たちが聴き入っているのが判った。

Dはこみ上げる涙を抑えられず、こっそりとブースの裏へ回った。
そして天を仰いだ。

あの瞬間、力を貸してくれたんですよね?



ありがとう!





**************************************************

※福祉機器:障害者の生活・学習・就労と、高齢者・傷病者の生活や介護、介助の支援のための用具・機器






関連記事

この記事のトラックバックURL

http://electrocat.blog113.fc2.com/tb.php/860-e80480a5

コメント

神々の見えざる手
いつもながらさすがの文章運びですね、つい引込まれてしまいました。これはノンフィクションという名のフィクション?なんでしょうか。実際の話のような気もするけど登場人物の名前がどうもストンと落ちないんだな( ̄ー ̄)

もし仮にフィクションだとするとドーム公演を題材にした記事を思い出しました、ステージパフォーマンスマシン「エンジェル」が出てくるヤツですよ。最後のセンテンスがグッと来るんでした。
今回の記事も最後にグッと来るんですな。
はてさて、フィクションかノンフィクションか、それは貴方次第です。( ̄ー ̄)
>ヤジオShowさん
コメントありがとうございます^^
って、和尚さんのハンネがぁ!w

>これはノンフィクションという名のフィクション?なんでしょうか。

左カラムの「電脳猫の作り物」にリンクしていないということは?w

>登場人物の名前がどうもストンと落ちないんだな( ̄ー ̄)

ん?
電脳猫のDなんですけどね・・・
あ、もしや老眼で「O」に見えちゃいましたか?(笑)

>「エンジェル」が出てくるヤツですよ。最後のセンテンスがグッと来るんでした。

ありがとうございます。
じつは僕もあの話を思い出していました。

今回、最後に僕が「ありがとう」と言った相手が誰なのかは、ご想像にお任せします(*^_^*)
お疲れさまでした。
選曲はバッチリだったのですね。
子供達が一緒に歌いだす部分でニヤっとしてしまいました。
しかしながらこんな作り話のようなエピソードが実際に起こってしまう事があるんですね。
でもそれがelectrocatさんに起きた事だと思うと何となく納得してしまう自分がいます。
Σ(゚д゚;)
ホントにSEVENTH HEAVENやったんですね…よくクレーム来なかったもんですw
CDプレーヤーが不調だったとの事ですが、僕だったら『天国へ〜♪』をリピートしちゃったら、とか考えて躊躇しますねえ(;^_^A

ぜひこの次はナレーターの後ろでフリコピも披露したらどうでしょう?(笑)
グッジョブです♪
大成功だったようで何よりです(^^)
7天の冒頭部分なら最適な歌詞ですね~
イントロも最高です♪
いいなぁ〜
あの歌詞からのナレーションなら、Perfumeの熱烈なファン以外の方々は、オリジナルソングだと思ったと思いますよ…いいセンスですね… 因みにPCでCDを焼いた場合は読み込まれなくて普通だと思っておいたほうが良いみたいですね
>mtstさん
コメントありがとうございます^^

>選曲はバッチリだったのですね。

バッチリでしたよ~o(≧▽≦)o!!!!
みらミュはめっちゃ自然でしたし、ハリバリのイントロはめっちゃカッコよかったです!
そしてあの曲は・・・感涙ですぅ(T-T)

>子供達が一緒に歌いだす部分でニヤっとしてしまいました。

今回は大人のパフュファンは見つかりませんでした。
でもみらミュを一緒に歌う子供には癒されました。
ドラえもん好きの子どもたちにPerfumeが浸透してて嬉しいですね(*^_^*)

>こんな作り話のようなエピソードが実際に起こってしまう事があるんですね。
>でもそれがelectrocatさんに起きた事だと思うと何となく納得してしまう自分がいます。

いや、よくあることですよ。
ただ、よりによってあの曲の時に起こって、それが自然に解決したことになにか見えざる力を感じました。

>めたぼedgeさん
コメントありがとうございます^^

>よくクレーム来なかったもんですw

しっかり聞かせたのは最初の部分だけですので大丈夫です。
むしろお客さんを引きつけられたと思いますよ!(^^)/

>僕だったら『天国へ〜♪』をリピートしちゃったら、とか考えて躊躇しますねえ(;^_^A

うっ・・・
それを考えるとコワすぎます(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
そうならなかったのは、きっとパフュの力なのねwww

>ぜひこの次はナレーターの後ろでフリコピも披露したらどうでしょう?(笑)

やっぱフェイキですかね~(笑)
>smileさん
コメントありがとうございます^^

>大成功だったようで何よりです(^^)

ありがとうございます!

>7天の冒頭部分なら最適な歌詞ですね~
>イントロも最高です♪

ざわついていたお客さんたちが急に静かになりました。
あのイントロは神々しいですもんね(^^)
やってよかった!ww
>セラミックおじさん
コメントありがとうございます^^

>Perfumeの熱烈なファン以外の方々は、オリジナルソングだと思ったと思いますよ…

そうでしょうか(*^_^*)
そうなら嬉しいです!

なんか新たな妄想にインしそうです・・・


>因みにPCでCDを焼いた場合は読み込まれなくて普通だと思っておいたほうが良いみたいですね

そこはちゃんと確認済だったんです。
今回はプレイヤーが ボロだったのが原因です。
掛けている途中にもバグったりしてましたし(^^;)
音響業者のヤーツ、壊れた人には壊れたものを貸すわけですね( ̄∀ ̄;)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】