HOME>Perfume

児玉裕一氏の愛情②

以前『ナチュラルに恋して』のPVに込められた、児玉裕一氏のPerfumeへの愛情を記事にした。
 ⇒児玉裕一氏の愛情
その記事自体は妄想やら想像やらの内容だが、TV Brosの児玉氏のインタヴューを読んでも、Perfume愛がしっかり伝わってくる。



TV Bros 4/17>>>4/30
PerfumeといえばPVも要チェック#2「ナチュラルに恋して」PV監督 児玉裕一さんに聞く より

―「ナチュラルに恋して」PVのコンセプト
 少しだけ不思議(SF)な世界の中にいながらも、おかまいなしに平然と振舞うPerfumeを描く
ことで、そんな場所や時間でも変ることの無い3人の関係性や、「Perfume」という強いコンセプト
を描きたいと思いました。
 PVのラストは僕らを置いてけぼりにして、あっけらかんと先へ先へ進化して行く3人をイメージ
してます。いつまでもファンをいい感じに裏切っていって欲しいし、ファンもその背中を追い続け
たいのではないでしょうか。かるーく海外へも飛び出して行ってほしいです。


―『シークレットシークレット』と比べて3人が変ったなと思うところ
 3人とも清く正しく美しくなり、キラキラ感が倍増してました。
でもそういう外見的な変化はさておき、僕が撮影中に感じたのは3人の「変わらなさ」のほうでした。
超多忙スケジュールの合間をぬっての、しかも24時間に近い撮影だったのにもかかわらず、
納得いくパフォーマンスができるまで繰り返すプロ意識、そして周囲のスタッフへの気配りは2年前
とまったく変わっていませんでした。
 撮影終盤の早朝7時、その場にいる誰もがボロボロな時間帯にかしゆかちゃんがポツリとつぶや
いた一言。「わたしが盛り上がって、まわりもアゲアゲにしなくちゃね~♪」そんな言葉がナチュラル
に出てくるところが本当に素敵です。


―児玉監督がPerfumeに対して込めた思い
 3人で腕を組んで歩いてるところが、今回一番最初にイメージしたシーンでした。
いつまでも、どんな時でも3人で立ち向かえばとにかく大丈夫。ですよ。



どんな場所や時間でも変ることの無い3人の関係性をPVで表現しようとした児玉裕一氏。
十分に理解していたはずなのに、実際に撮影をしてみて一番感じたことはやはり3人の「変わらなさ」だった。
その言葉に、児玉氏は嬉しさを隠さない。


「いつまでも、どんな時でも3人で立ち向かえばとにかく大丈夫」


3人の変わらない(変わってはいけない)部分が、Perfume最大の武器なんですよ!
ここにも一人、プロの世界の目利きが、目を細めながら教えてくれている。



※ゆかちゃんのくだりはもう(T_T)・・・本当に健気ないい子たちでもう(>_<。)
※Perfumeにとって、日本と海外の壁なんて撮影スタジオの壁とたいして変わらない?
 気がついたら飛び出していた!な~んて、Perfumeっぽいかも^^


        photo[1]



関連記事

この記事のトラックバックURL

http://electrocat.blog113.fc2.com/tb.php/90-e83a4bd6

コメント

本当に素敵ですねPerfumeも児玉さんもSTAFFさんも
かしゆかのさりげない言葉も素敵ですね
>名無しさん
コメントありがとうございます^^

MIKIKO先生もそうですけど、業界のクリエイター達が、彼らの目から見たPerfumeの魅力を何とか伝えようとしているのがわかります。
私達はPerfumeと仕事が関わることができませんので、彼らから聞くしかなく、とても興味があります。
彼らが感じていること、Perfumeが言っていること、そして僕達が感じていること。
これらに違和感がないから嬉しくなりますね^^
No title
よくアーティストの最愛の妻がそのアーティストの才能やインスピレーションを引き出すという話がありますが、Perfumeにもそういう効果があるような気がしますね。もちろん彼女たちは主役ではあるんですが。
>ngo900jpさん
コメントありがとうございます^^

場の空気が演者に与える影響を十分に理解している彼女達ですからねぇ。

それと、Perfumeはいままでいい人たちと関わって来れたんでしょうね^^
いろんな人が、いい仕事をするために必要な事を、仕事の中でたくさん教えてくれんだと思います。
人として大切なもの。
それが仕事として大切なものにしっかり繋がっているように思います。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】