HOME>Perfume

Perfume FES 東京2日目 レポ(Perfume編)

斉藤さんのステージが終わって15分。
会場の温度がどんどん上がっていくのが判ります。
斉藤さんのステージ前とは明らかに違う、高揚感と少しの緊張感。
ピストルが鳴ったら誰よりも早く飛びだそうとしている短距離走者たちのような・・・

誰に合図されたでもなくいつもの手拍子が始まります。
それが素晴らしいタイミングでした。
なんと手拍子が始まって1分後くらいにステージが明るくなったのです。

ドーーーーン!

なんちゅう音量(笑)
初めて聴くSE。
その途中から3人が登場して客席は大沸騰!
本当にさっきと同じ人たちなの?(笑)


01. Magic of Love

イントロでもの凄い歓声。
みんな跳ぶ跳ぶ(笑)
僕はメトロックで観られましたけど、今日が初めての方も多いからでしょう。
音のバランスがおかしい。
音量もオカシイ。
爆音姐さんがクールな表情で「してやったり」とニヤッとしているのが見えるようです。

Aメロ前でoioiが起こります。
間奏でまたoioi。
ヤヴェーヤヴェーという声が聞こえます。
ピョン吉くんはボー然と観入っています。
いいよいいよ~!( ̄ー+ ̄)


02. レーザービーム (Single ver)

これもイントロと間奏で毎回oioi。
なんか今日はoioiばっかりだなあ。
でも、みんなの気持ちは解るよ!
個人的にはALBUM MIXの間奏が好きなんですけど・・・
でも、久々にのっちの一斉掃射に被弾して身体中の毛が逆立って白目をむいてしまいました。
ピョン吉くんも被弾して「うおおおお!」って声に出してのけぞっていました(笑)
いいよいいよ~!(≧∇≦)ノ


03. Spending all my time

この曲が始まった時のことは忘れません。
とてもたくさんの女性が悲鳴のような歓声を挙げたんです。
泣き声も交じっていました。
さっきまでは男性の雄叫びが目立っていたのに。
こんなにも女性に愛されている曲だったとは知りませんでした。

間奏でやはりoioi・・・
でも、後半になるとoioiが起きなくなっていきました。
みんな神妙な表情になっています。

「♪信じてる・・・」

目に涙をためて。

「♪キミのこと・・・」

3人からのメッセージをしっかり受け止めようとしています。
曲が終わると・・・

うおおおおおおおおおお!

3人に応えようとする気持ちが溢れだしました。
Samtは本当にメッセージ性が高い曲ですね。
哀愁と、繰り返しと、無機質。
そこに「Perfumeがファンを信じる気持ち」が重なって・・・
これぞPerfume!ですね!

客席は、まるで最後の曲が終わったかのような多幸感。
この曲は間違いなく最初のブロックのハイライトでした。


04. ねぇ

Samtが終わって、この曲が始まるまでに少し長めの間がありました。
Samtで客席の雰囲気が少し変わることを読んでいたのでしょうか。

ああ、ゆかちゃん・・・
この日の笑顔は素晴らしかった。
笑顔もそうですが、とても細かく表情が変わります。
観客との距離が近いからなんでしょうね。

高速ステップ前に人さし指を天に挙げるゆかちゃんがサイコーにカッコよかった。
そしてここでも笑顔が!
ああ、ゆかちゃん・・・


MC1

3「ありがとうございました!」
客「イエーーイ!」
3「みなさん!こんばんはーーー!」
3「こんばんはーーーーー!」

すでに声が嗄れるている観客たち。

か「あらためて自己紹介します!かしゆかです!」
の「のっちです!」
あ「あ~ちゃんです!3人合わせて」
全「Perfumeです!」
3「よろしくお願いしまーす!」
客「イエーーーイ(拍手)」

いつものことですが、この時の客席の満足感が好きです。

あ「ずっと好きだったんじゃけぇ~さすらいの麺カタPerfume FES!!」
客「イエーイ!」
あ「イーン ダイバーシチィ!」
客「ははは」

あ「ここいいよね~」
客「イエーイ!」
あ「今日は斉藤さんと一緒の東京公演の2日目です」
客「イエーイ!」
あ「念願叶いまして、私たちも中田さんも斉藤さんのこと本当に好きで!フフフフ」
客「えーーーーー(><)」
あ「もう、ただただカッコいい!」
客「(力なく)ヒューヒュー」
あ「いるだけでオーラが出てらっしゃるじゃないですかぁ(*^_^*)」
あ「そんな斉藤さんと、斉藤さんのファンの皆さんともこの時間を共有したくって・・・開きました!」
客「イエーイwww」
あ「今はPerfumeの時間だからって遠慮し合ったりしないでくださいね~」
客「ははは」
あ「これも縁ですので、ファンの皆さま同士も仲良くなっちゃたりしてほしいです(*^_^*)」
客「イエーーーイ!」
あ「昨日もアンケート見てたら斉藤さんのファンの皆様も本当にお優しくて」
あ「もう、Perfumeちゃんたちかわいかったよ~って」
客「ヒューヒュー!」
あ「私たちが楽しんでいる姿を見れて良かったとかねぇ」
客「おおお」
あ「みんないい人ーーー!」
客「イエーーーイ!」

あ「みんなついてこれますか?」
客「イエーイ!」
あ「楽しむ準備はできていますか?」
客「イエーイ!」
あ「いいですね~最後までしっかり楽しんで帰りましょう!」
客「イエーイ!」

ここで給水タイム。

メンバーの名前が飛び交いながらざわつく会場。
なんかこの雰囲気知ってる。
・・・あ(゜∀゜)!!
取組み直前の相撲の雰囲気だ(笑)

の「おいヤカラ!」
客「はは(^^;)」
の「楽しんでますか?」
客「イエーイ!」
の「東京!」
客「イエーイ!」
の「昨日も最高だったけど、まだ楽しめきれてない!まだもの足りなーい!」
客「うおおおおおおおおおおお!(`▽´)ノ」
の「一緒に遊んでくれますか?」
客「イエーーーーイ!」
の「ありがと~」
客「はははは」

ここでゆかちゃんが合流して大拍手。

か「シュゴイ!!前までギューギューよ!」
客「シュゴイ!!ww」

いきなり萌え殺しにきてる凹○

の「みんな一歩ずつ下がろうか!女子がかわいそうなの」
か「女の子の顔がね、こう・・・」

ここで、ゆかちゃんが憑依芸でひしゃげた顔を表現して大爆笑。

か「女の子なのよ!綺麗にしてきたんだからやさしくしてあげて!」
の「ちょっとずつ後ろに下がってあげて!」
 
のっちがDJポリスになったらみんな言うこと聞くだろうな~(笑)

か「スキマできてきたね」
客「ありがとう!」
の「どういたしまして(笑)」
か「隣りのかわいい女の子に名前訊いちゃって!」
客「はは」
か「どっから来たの?とかw だけど、紳士的にね!」
客「ははは」
の「斉藤さんも紳士だったでしょ?」
客「えーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」

会場はブーイングで大混乱(笑)

か「今日のMCはダメでしょ!(笑)」
客「はははは」
か「斉藤さんって、のっちのお母さんと同い年なんですよ」
客「えええええ!?」
か「ってことは、お父さん!」
客「ははは」
か「お父さんが・・・(のっちの方を見る)」
の「誰でもいいって(>_<)」
客「ははははははは」
の「恥ずかしいよ~。お客さんたちはどういう気持ちで聞いてました?」
客「面白い!」
の「やさしい~人たち~」
客「男前!」
の「たしかに!」
客「○▲×♨!」
の「え!?」
客「なんでもない!」
の「自信持って!」
客「はははは」
か「じゃあ今日も訊いてみようかな」
客「イエーーーーーイ!」
か「ここでこんなに盛り上がるの?」

ゆかちゃんのいたずらっ子っぽい笑顔がたまりません!(//∀//)

そしていつもの質問。
Perfumeのライヴが初めての人は1/4くらいでしょうか。
斉藤さんのファンもいたから多めなんでしょうね。
いつ好きになったのかという質問に「学園祭」と答えたお客さんに食いつきます。
だって、学園祭なんてずいぶん昔にしか出てませんからね。
そうしたら、Perfumeのコピーをやったグループがいて知ったということでした。
その人たちに感謝!

の「斉藤さんって、片手間でしゃべっている感じがいいですよね」
客「Perfumeもいいよ」
の「ありがとう!でも、あ~ちゃんがいないと締まらないでしょw」
の「2人で助け合いたい気持ちだけでしゃべってるから(笑)」
か「あ~ちゃんまだかな~」
客「あ~ちゃーん!」
の「あ~ちゃーん!」

舞台袖の方を見る2人。
ここであ~ちゃんが合流。
あ~ちゃんコールの嵐。

あ「斉藤さんの歌をライヴで聴いて、もうズッキューンってきちゃったの」
客「えーーーー!」
あ「みんなもキタでしょ?」
客「え?まあ・・・」
あ「男の人もヤラレたでしょ?」
客「ヤラレた!」
あ「ああいうぶっきら棒な人がああいう歌を歌うからいいんよ」
か「不器用だけど、俺、お前のこと好き・・・みたいなww」
あ「キャーキャー!キャーーーー!キャ~~~!」
の「ライヴの斉藤さん、めっちゃカッコいいよね」
あ「めっちゃカッコいいのに、下ネタ全開なのはどーゆーこと!?」

の「なんか足がガクガクする」
あ「ええ!?東京ドームに立った人が?」
の「へへへ」
か「久しぶりのライヴですからね~」
あ「あれ~?ゆかちゃん、泣いてたの~?」

ゆかちゃんの顔を覗き込むあ~ちゃん。

客「えーーー( ̄□ ̄;)!!」
か「みんなに会えて嬉しかったの!」
客「おおおおおおおおお!(大拍手)」

って、ゆかちゃんはまたいたずらっ子の笑顔ww

あ「汗だから、汗汗!www」

あ「じゃあ、皆さんの気合いを確認したいと思います!」
客「イエーイ!」
あ「ちょっと、ドアをバーーーン!って開けてもらっちゃいましょうかね~」
客「イエーーーイ!」

ドアを開ける仕草。

あ「ジャン!」
の「開いた(笑)」
あ「みんなも開いたーー?」
客「イエーーーイ!」
あ「男子!」
客「イエーイ!」
あ「女子!」
客「イエーイ!」
あ「ほえええ!いいね~!もう一回女子!」
客「イエーーイ!」
あ「そうでない人!」
客「イエーイ!」
あ「けっこうおるな~ww」
客「ははは」
の「ここはいい出会いの場ですからね!」
あ「そうでない人は手を挙げてる人をよく見ておいてくださいね!」
客「はははは」

この後、男子、女子、そうでない人、2階、1階、みんな

あ「気合い十分!楽しんでいきましょう!」
客「イエーーーーーーイ!」
あ「じゃあ次の曲行きます」
客「おおお」
あ「次の曲は、よくバンドの人がいい曲だねって言ってくれる曲です」
客「んん?」
あ「こーんな感じの・・・(両手を頭に)」
客「うおおおおおおおお!」
あ「聴いてください。マカロニ!」
客「ぐはーーーーーーーーーーー!(T-T)」


05. マカロニ

曲紹介の後、間髪入れずにイントロが始まります。
手拍子をしながらイントロを聴くうちに、セピア色の世界にグイグイ引き込まれていきます。
幸せな歌なのに刹那を感じるマカロニの世界。

最近はまたこの曲を披露する機会が増えてきて嬉しい限りです。
なぜなら、当時とは違う曲に思えるからです。

今の3人は「最後の時」が来ることを受入れながら冷静に今を楽しんでいる・・・
いや、最後の時が来るからこそ、今を楽しめるのでしょうか。
現実と重なって、ステージが滲んできます。
曲が終わるまで、観客は誰も声を出しませんでした。
それぞれの想いで、ステージの3人をただただ観ていました。

曲が終わると堰を切ったような歓声と拍手。
それはとても優しく温かいものでした。

そこへ・・・あのピアノのイントロが・・・


06.SEVENTH HEAVEN

イントロの美しいピアノ。
その1拍目で叫びだす観客。

客「うおおおおおおおおおおおお!(T-T)」
客「ヤヴェ~~」

「♪どれだけ~ キミのこと 想い続けた~ら」

ピアノと戯れるように歌い踊る3人は本当に天使のようです。
間奏のたびに声にならない賞賛の声が浴びせられます。
その声を浴びながらますます優しい表情になっていく3人。
そのうち足が宙に浮いて、客席の上を軽やかに飛び回るんじゃないだろうか。

「♪体の力が抜けてくの 天国へ~」

ブレイク後の「♪どれだけ~」で客席はもうカオス。
終ったあとの歓声の激しさは、この日最高だったでしょう。

隣のカップルの彼女が鼻をすすっています。
あれ、あなたは付き添いなんでしょ?

止まない歓声にかぶせるように次の曲が始まります。


07.スパイス

この流れ、いいですね。
JPNツアーのセトリの中盤を思い出します。
激しい流れのカタマリと、落ち着く流れのカタマリ。
双方を引き立てるという意味だけではありませんね。
近い雰囲気の曲を続けることで、それらの曲の世界にしっかりと引き込みます。

Perfumeはセトリの組み方がどんどん上手くなっているのを感じます。
曲目が増えたこともあるでしょうけど、観客のリアクションをしっかり見ているのでしょうね。

マカロニ⇒SEVENTHという奇跡のコンボに続くスパイス。
なんか、落ち着きました。
いや、さっきまでが落ち着きがなさ過ぎたんですけどねww
遠くへ行ってしまった3人が、また近くに来てくれたような安心感を持ちました。


P.T.A.のコーナー

あ「やってきましたP.T.A.のコーナー」
客「イエーーーイ!」
あ「後ろの方も見えてますからね~!」
客「イエーイ!」
あ「気を抜いて鼻くそほじくったりしてるのも、見てるからねーーーー!」
客「はは(^^;)」

コール&レスポンス。
歯磨き、サバイバルダンス、ウルトラソウル。
再度コール&レスポンスの後・・・

あ「初披露!だいじょばない!」
客「ヤッターーーーーーーーーー!」


08. だいじょばない

この曲は思った通りライヴ向けですね。
歌が楽器のように他の音と絡んで歯切れいい。
ダンスはキレッキレでシンクロ率の高い部分と、ゆるい部分の緩急が心地いい!
腰を横に振りながら両手を上下する振りがカッコかわいかった~(*^_^*)

隣りの彼女がめっちゃ踊っています!
あなたの肘が僕の左脇にめり込むんですけど( ̄∀ ̄;)
ってアレ?
Perfumeファンの彼氏の方がジミなんですけどww
ファンの彼氏を置いてけぼりにしてフィーバーする彼女、恐るべし(笑)

間奏のところの振りがまたヤヴァイ!
なんかシクシクやエレワ的な振りも混ざっていたような・・・
そしてこの振りも。





opx.jpg






MIKIKOさんは掟さんをリスペクトしてフィーチャーしたんじゃないかとwww
な~んて思っていたら、最後の最後にとんでもない核弾頭が仕込んでありました。

3人が客席に向かってキックって・・・(◎-◎;)
しかも、ゆかちゃんは一際高~いハイキック!
これですよこれ!
このキックを何度夢に見てきたことか!!! o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o

『だいじょばない』のラストで、ステージ袖から「ニャッ」と跳びだす猫。
そしてゆかちゃんにキックされて客席の頭上を弾丸ライナーで場外へ消えていく・・・
アデューアデュー・・・
いつの日かそんな幸福な時間はやってくるのか・・・

おっと!
我に返ると大好きな曲が始まっているジャマイカ!


09. Spring of Life

最初からoioi。

この曲もJPNツアーを思い出しますね~ (*^_^*)
そして、やっぱこの曲は好きだな~

もちろん曲もアレンジもダンスもイチイチいいのですが・・・
「見せ場」が用意されているのがまたいいですね。
3人が一人ずつセンターバックからフロントへ出てきて踊ったり。
あの間奏とか。

もう、間奏からあとはずっとヤヴァイヤヴァイ言っていました。
そして相変らずMVを思い出してウルウルな猫。

曲が終わると凄い歓声!
隣りの彼女はもうおかしくなっています。
あなたの声が僕の左耳に突き刺さってるんですけど( ̄∀ ̄;)

この曲も人気がありますね~ヽ(*´∪`)ノ゛

あ「さあ皆さん!声出してもらいますよ~!」
客「イエーイ!」
あ「まだ力は残ってますか?」
客「イエーイ!」
あ「チョコレイト?」
客「ディスコ!」
あ「チョコレイト?」
客「ディスコ!」
あ「チョコレイト!!」
客「ディスコオオオオ!」
あ「チョコレイト・ディスコ!」
客「うおおおおおおおおおお!」


10. チョコレイト・ディスコ (2012-Mix)

素晴らしい!
なんという一体感!
広い会場も壮観ですけど、狭い会場の密度も凄い!

途中の「チョチョッチョチョ」からもう一段盛り上がって最後まで猛ダッシュ(笑)
あ~ちゃんに「もっと!もっと!」と煽られるのが嬉しくて(^^)

おおおおおおおおお!

曲が終わると、観客はみな同じ達成感を覚えて急激に仲間意識が強まります。
楽しいね~

あ「ありがとうございます」
客「イエーーーーイ(大大拍手)」
あ「もう次の曲が最後の曲です」
客「えーーーーー!」

ここでなんとピョン吉くんが叫びます。

ピ「ヤダーーーーーー!」

ピョン吉よ。大きくなったな( ̄ー+ ̄)

あ「次の曲はみんなで作ります」
客「お(゜∀゜)!!」
あ「こんな日なので、最後に一つになって終わりたいなぁと思います」
客「おおお!」
あ「やってくれますか?」
客「イエーーーーイ!」
あ「私がせーの!って言ったら手を上に大きく挙げてください」
客「イエイ!」
あ「1回しかないので気持ちを合わせていきましょう」

会場がシーンとなります。

あ「せーーーの!」


11. MY COLOR

ポン!

「♪手のひらが世界中 繋がるウィンドウ・・・」

今日も見事な手のひらの花が咲きました。
この瞬間、どうしても嗚咽してしまいます。
みんな目をキラキラさせて、3人に向って精いっぱい手を伸ばしています。
その手が曲に合わせてだんだん揺れていきます。
まるで風に揺れるひまわり畑のように。
この風景はステージから観たらもっとグッとくるでしょうね。

そしてあの振り。
もうすっかり定着しましたね。

あ「いくよー!」
あ「一緒にー!」
あ「ありがとう!」

あ~ちゃんが一生懸命みんなに語りかけます。

この日は生歌成分がめっちゃ高かったのですが、この曲に至っては生歌だけだったと思います。
1コーラスが終わったところであ~ちゃんが「ありがとう」と言いながら目を潤ませています。
振りの練習ではとても綺麗に揃いました。

チョコで得られた達成感はまだ手前の頂だったんですね。
ここにきてやり切りました。
もうすぐ始まるWT2。
Perfumeのライヴが成功しますように!
Perfumeが楽しめますように!
みんなが無事でいられますように!

この手のひらが、海の向こうの手のひらと繋がりますように!

3「ありがとうございました~」

大歓声を浴びながら深々とお辞儀をすると、3人はすぐにステージを捌けていきました。
その直後に起きたどよめきが印象的でした。
一斉に横を向いて、共感し合う観客たち。
ヤヴェー!かわいい!スゲー!激しい!
いろんな声が聞こえてきます。

隣りの彼女は彼氏にマシンガントークを始めています。
最初と逆になっていますよww

あれ?ピョン吉くんはどこへ行ったのでしょうか(笑)


そしてENCOREへつづく・・・かもw
なんとも間の悪いレポでした~( ̄∀ ̄;)










関連記事

この記事のトラックバックURL

http://electrocat.blog113.fc2.com/tb.php/909-6d88f614

コメント

う〜ん
絶妙な生殺し感のレポありがとうございました。w
BSの時代劇(笑いながら怒ってる人のやつ)を横目に読み進めていたら相乗効果で感情の揺さぶりがオカシな事になりそうでした。(TV は単に可愛い赤子が出てただけですが)
なので決着をつけにLV参戦してきます。(意味不明)


>エレ中おやじさん
コメントありがとうございます^^

>絶妙な生殺し感のレポありがとうございました。w

はは(^^;)
そんなつもりはなかったのですがww

>相乗効果で感情の揺さぶりがオカシな事になりそうでした。

知らんがな(笑)

>なので決着をつけにLV参戦してきます。(意味不明)

LVはよかったですね~!
3人はとても活き活きしていました。
欧州のお客さんを楽しませようと全力で当たる3人が、あまりにもいつも通り、いや、最近日本では見られない原点のような光景に泣けました。


私もいまさら上げましたw
東京にいけなかったのでレポ楽しくよませていただきました^^

なぜか偶然ですが、私も名古屋二日目のレポを先ほどあげたところですw なんでいまだったんでしょうねw

猫さんほどの文章力はありませんがよかったら、ちらっと見てもらえると嬉しいですw mixiで書いてた奴を上げなおしただけですけどねw

http://ameblo.jp/sinkaizan/entry-11568261835.html
二日目が一番!
初日に行きましたが、二日目は初日の反省から改善!され、エロ準備もあり最高といわれ、どうしても知りたかった内容!
細かにありがとうございます 昨日のLV含め、ひと月以上前なのに、ナンだろうこの幸福感! 多謝!!
>たーさん
コメントありがとうございます^^

>私も名古屋二日目のレポを先ほどあげたところですw
>ちらっと見てもらえると嬉しいですw

見てきましたよ~(≧∇≦)ノ
僕のレポはいつもMCに気合を入れています。
MCは会場によって違いますからね~
たーさんのレポを読んで、やっぱMC部分が楽しかったです(*^_^*)
お互いに似たタイプのレポかも・・・

って、たーさんがブログやってるって知りませんでした!
これからは時々お邪魔しますね~
>kintaさん
コメントありがとうございます^^

>どうしても知りたかった内容!

僕は2daysの場合はいつも2日目を狙います。
音質が断然よくなっていますし、3人もリラックスしていますから。
レポがお役に立てたなら嬉しいです(*^_^*)

>ひと月以上前なのに、ナンだろうこの幸福感! 多謝!!

LVの後だから余計にリアルなのかも知れませんね^^
さて、書きかけのアンコール編はどうしましょうか・・・ww
突然すいません!
今Perfume関連のことを調べててこの記事を見つけました!
なんでコメントしたかというと…
実は、この記事の途中にある学園祭でPerfumeを知ったという人が僕なのです笑
このことを、是非筆者さんにお伝えしたくてコメントさせていただきました( ´ ▽ ` )ノ

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】