HOME>Perfume

『Dream Land』の解釈

先日、Perfumeの曲はいろんな解釈ができるという記事を書きました。
『LEVEL3』のラストソング『Dream Land』もそういう曲ですね。

『Dream Land』を最初に聴いた時、「come again」のリフレインが印象的でした。
「Perfume worldにまた来てね」と言われているように感じたんです。

でも、TV Brosでゆかちゃんがこの曲のことをこう言っていました。

「夢から現実の世界に引き戻す感じ、ありますよね」

「Dream Land」は痛みのない甘美な世界。
いつまでもそこにいたいけど、そのままでは自分を見失ってしまう。
Perfumeがキミの腕を引くから現実の世界に戻ろう。

そんな意味でしょうか。
現実逃避をするのではなく、夢を現実にしなさいと言っているのかもしれません。
それでもいい歌です。
でもそれは一つの解釈です
ゆかちゃんも「感じ、ありますよね」と断定はしていません。

僕は逆に、現実から夢の世界に連れていってくれるという意味に聴こえます。
やはり「Dream Land」=「Perfume world」だと思いたいのかもしれません。
「come again」は、「Perfume worldにまた来てね」という意味であってほしい。


僕はこう解釈しています。

夢の国=Perfume world
全て完璧な場所=現実
偽りの世界=現実
気持ちのないやさしい言葉の毒=現実

計算で造られた現代社会で、自分を偽りながら生きている僕たち。
やさしい言葉にも気持ちがない。
でも自分の居場所を失うのが恐いから気付かないふりをしている。
このままでは自分を見失ってしまうよ。
負けないで!
まだ本当の自分に戻れるから。
私たちがあなたの腕を引いて夢の世界へ連れて行くよ。
come again


この曲がドームライヴのラストであってほしいなぁ(*^_^*)





関連記事

この記事のトラックバックURL

http://electrocat.blog113.fc2.com/tb.php/955-7e1a4d55

コメント

DreamLandの解釈
今回もすばらしい解釈有難うございます。
Dream Land いい曲ですね。
初めて聞いてから涙が止まりません。
電猫さんの解釈を読んだ後、一気にもやもやが解けました。

出だしのガムラン音楽の竹木琴に似た音作りと、ベース部分の4つ打ち・・・、
特にさびの部分はあふれる音の洪水とあわせ身体中に染み込み、
心が震えます。

あと、自分なりに感じたのは、Dream Landと、Dream Fighterは
繋がりがあるのではと思いました。

現実世界の私たちは、その大小に関わらず夢(目標)を持っています。
名も無きDream Fighterと言えるでしょう。

現実世界では、夢という目標を達成する為に、
様々な困難に突き当たり、身も心も傷つくでしょう。

その、Dream FighterがPerfumeに導かれ集える場所が、
Dream Land=Perfume Worldではないかと勝手に思った次第です。

今度のDOME TOURは、今までのLIVEには無い、
何か凄い事が起きそうで、わくわくが止まりません。
本当に楽しみです。


>ひさやすさん
コメントありがとうございます^^

>電猫さんの解釈を読んだ後、一気にもやもやが解けました。

この曲、フラゲ日のCD店内で掛けまくっていたので聞こえてしまいました。
それだけであのコーラスが耳に貼り付いて剥がれませんでした。
そしてcome againがとても印象的な言葉。
Perfumeにそう言ってほしいんです。。

>出だしのガムラン音楽の竹木琴に似た音作りと、ベース部分の4つ打ち・・・、
>特にさびの部分はあふれる音の洪水とあわせ身体中に染み込み、心が震えます。

ティンパニのような音も入っていますよね。
ドラマティックで、ドームのような大箱にはピッタリだと思います(*^_^*)

>Dream Landと、Dream Fighterは繋がりがあるのではと思いました。

共感します!
なので次の記事でもご紹介しちゃいました(^^)

>今度のDOME TOURは、今までのLIVEには無い、何か凄い事が起きそうで・・・

よりダンサブルで、よりハイテクで・・・
でも、より自然体なPerfumeがいる気がします。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】