HOME>Perfume

『BEATNIK JUNCTION』のゆかちゃん

10月10日に公開生放送されたZip FM 『BEATNIK JUNCTION』をつべで聴きました。
これはUST配信もされていたんですね。
お陰様で3人の(*´∪`*)ハニャ~ンな映像付きで楽しめました。

3人とも嬉しそうですね~
手を振りまくり、お客さんとジェスチャーでやり取りしたりして・・・
ゆかちゃんなんて、お客さんからの(たぶん)投げキッスをパクパク食べていましたww



bnj5.jpg

bnj6.jpg

bnj7.jpg

bnj8.jpg

bnj9.jpg



た、たまらん(◎-◎;)


曲やCMの間はもちろん、話しながらもずっと手を振って微笑んでいますね。
いつも感じるのですが、彼女たちのこういう姿が「仕事」と思えないんです。
もちろんこれも彼女たちの仕事なのですが・・・
でも、この光景はファンサービスではなく、心からファンを愛している姿です。
きっと彼女たちの天職なんでしょうね(*^_^*)


USTの映像はこちらです。







この中で、ゆかちゃんの話がとても印象的です。
まずは2番目の映像の0'00"~です。
 ※イ=ナビゲーターのイレーネです。

イ「ドラえもんの秘密道具もしもボックスがあったら、かしゆかさんはどんなもしもを叶えますか?」
か「私は買う前の服を着たいです」
の「えー?」
あ「どゆこと?」

その謎の答えの真相を後で解説しています。
同じく2番目の映像の3'30"~くらいからです。

イ「かしゆかさん」
か「はい」
イ「もしもボックス・・・」
か「んー」←この声が(*´∪`*)ハニャ~ン
イ「なんでしたっけ?」
か「えっとぉ、買う前の服が着れたらっていうことにしたんですけどぉ・・・」
あ「それなに?」
の「試着ってこと?」
か「いや、あのね~買う前の服って着て外出れないじゃないですか」
イ「うん」
か「お店の中じゃないとダメだけど・・・」
あ「そりゃそうよ!買ってないけぇ」
か「そうなんよ!でもぉ!実際買ってみてもさぁ、おうちに帰ったら
  自分の持っとる服と相性がいいか?とかわからんしぃ、
  意外とこの服ちょっとサイズ違ったとか、そういうのがあるからぁ
  もしもで、それを一日だけちょっとレンタルみたいに着て買うことを考える」
の「んーー!?」
イ「結構なサービスですよねそれは」
か「ふふふ。お店も勝負に出ないとですけど」
イ「本気で選ぶってことですよね」
の「欲しい服が手に入るとかいうもしもじゃなくて試したい?」
か「そ!試して考えるっていう・・・」
イ「ショッピング本気になっていますかしゆかさんみたいな」
3「ははは」
イ「ということはやっぱりこだわって買いたいと思うんですよね?」
か「そうですね。せっかく買うならずっと長く着れるものとか
  すごい好きになったものを着たいから・・・」
あ「そうじゃね~」
か「おうちに帰って、やっぱりこの子登場するタイミング全然ないわっていうのは
  可哀そうなんで、それしたいですね~」
イ「そうかじゃぁ服とかも長持ちしてるんですねけっこうねぇ」
か「そうですね。なんか、なんでかわかんないけど寝かせたりします」
イ「ええ?(笑)シーズンがまた来たりとか・・・」
か「買った年は着ないで次の夏着るみたいなのもアリマシュ!!」
イ「えーーー!?でもそうやって賢い買い物できたかもって思えて嬉しいですね」
か「そうですね、すぐ飽きちゃうよりは」
イ「う~ん、そっかぁ」


なんでも叶うんですよ!?
それならのっちが言うように欲しい服を手に入れようとするのが普通だと思うんですよ。
でも、ゆかちゃんは次の点で特徴的です。

1.自分に合う服を自分で見つけたい
2.服を大切にしたい

自分に合う服を自分で見つけたい。
それは結果だけが欲しいのではなく、プロセスを楽しみたいということです。
人生を楽しめる人なんだなぁと思います。

そして服に愛情を注いでいるのが判ります。
成功している人なら、合わない服は処分してしまう人もいるでしょう。
でもゆかちゃんは、服をまるで人との出会いのように大切にしているようです。

いいですね~
成功しても驕らず、謙虚で、人生の楽しみ方が備わっている。

努力の人ゆえの真実だと思います。

こんなお遊びの会話にもそれが見えてしまうところが愛おしいですね(*^_^*)





関連記事

この記事のトラックバックURL

http://electrocat.blog113.fc2.com/tb.php/961-ef56bd90

コメント

やっぱりねえ。
スイマセン。記事をアップされてからこんなに経ってからのコメで。
このラジオのことは今、知りました。そして、さすが猫サマ!
まーさぁに、私好みのゆかさん情報を逃さずフォーカスしていただき、
感謝、感謝!です(笑)。

前々から3人のなかでゆかさんのオシャレに対する「前傾姿勢」は感じてました。
それもその着こなしに彼女のインテリジェンスのようなものも感じていて、
私はそれをいつも感心しながら見つめていました。
この猫サマが拾ってくださったエピソードを読むにつけ、
ハヤリだから、とかこのブランドが好きだから、というセレクトはしないんだろうな、
彼女の審美眼にかなうものをしっかりと選んで着こなしているんじゃあ...
と密かに思っていたことを裏付ける内容だったので、ついコメしてしまった
次第です。

ワタシの今の仕事の前職が「オーダーメイド」の仕事をしていたこともあり、
探す、見つける愉しみと、自らが思う好みを創るという愉しみの両方をつい
最近まで行き来をしていました。
ゆかさんを見ていると、きっと自分の好みはもう既にハッキリと出来上がってるように
見えます。何が好きで何が自分には必要ないか、ということを。
でもそんな中でも、自分の好みという殻に安住することを良しとしない、
何かもっと面白いことはないかな、キレイなモノがあるんじゃあないかな、と
いう探究心が旺盛なようにも見受けられます。
私なぞからすると、その「若さ」が何ともウラヤマシイ。
すでにその愉しみも彼女の掌中にあるのかもしれませんが、自分の理想を
いろいろなやりとりを重ねながら、じっくりと創り上げていく「オーダーメイド」の
たのしさこそ、ゆかさんに相応しい絶好の「遊び場」であるように
思えるのですが(笑)

その旺盛な探究心や好奇心は、セレブにありがちな散在によって満たされる
ことなく、一着一着との出逢いを大切にしながら、自分のワードローブを
拡げていっている。ということなんですよね。
なんて健気で賢いお嬢さんなんでしょうか。
その在りようが何ともチャーミングで!

きっとゆかさんは着るモノに限らず、身の回りの総てのモノに対して
そういった価値観で接しているんでしょう。
音楽やアートや文学とかのフィールドにも彼女ならではのセンサーが
張り巡らされているようにも感じられます。
そうやって積み重ねていく日常が、ゆかさんをますます磨いていく。

彼女自身とPerfumeがこれからどんな風な成熟を魅せてくれるのか。
猫サマの記事はその愉しみを一層かき立ててくださいました。
あー。何だろう。この清々しい昂揚感!
素晴らしい記事をありがとうございました!
>チョービギナーさん
コメントありがとうございます^^

>スイマセン。記事をアップされてからこんなに経ってからのコメで。

いえ、書いている方とすれば新しい古いは関係なく、どの記事にも思い入れがあります。
特に古い記事が埋もれていくのを寂しく思います。
何年前の記事だろうがコメをいただけるとその記事が報われます!

>私好みのゆかさん情報を逃さずフォーカスしていただき、
>感謝、感謝!です(笑)。

そりゃ~チョーさんとは同類ですからw
え?ライバリュですって?(笑)

>前々から3人のなかでゆかさんのオシャレに対する「前傾姿勢」は感じてました。

前掲姿勢ですよね~(*^_^*)
インテリジェンスと共に、深い愛情を感じますよね!
もしかして人と同じように、縁や相性のようなものを意識しているのかもしれませんね。

>ゆかさんを見ていると、きっと自分の好みはもう既にハッキリと出来上がってるように見えます。

そこがインテリジェンスな部分ですよね。

>でもそんな中でも、自分の好みという殻に安住することを良しとしない、何かもっと面白いことはないかな、キレイなモノがあるんじゃあないかな、という探究心が旺盛なようにも見受けられます。

なるほど。
ゆかちゃんのモチベーションの一つに「自分を変えたい」という根強い願望があると思います。
オシャレはそれを具現化するひとつの手段。
オシャレをすることで、内面も少し変われる気がする・・・
探究心は意外とシリアスな想いを反映しているのかもしれませんよ~

>いろいろなやりとりを重ねながら、じっくりと創り上げていく「オーダーメイド」のたのしさこそ、ゆかさんに相応しい絶好の「遊び場」であるように思えるのですが(笑)

さすが元本職!
説得力がありますね~(*^_^*)
なにしろ、チョーさんの出で立ちはまさにその遊び心のカタマリですし!

>一着一着との出逢いを大切にしながら
>なんて健気で賢いお嬢さんなんでしょうか。
>その在りようが何ともチャーミングで!

彼女が自分の部屋で服と会話している様子を覗いてみたいです。
きっと服に「キミは」とか「あの子が」とか語りかけていますよね(笑)
あ、部屋を覗くことに他意はありませんたぶんw

>音楽やアートや文学とかのフィールドにも彼女ならではのセンサーが張り巡らされているようにも感じられます。
>そうやって積み重ねていく日常が、ゆかさんをますます磨いていく。

僕もそう思います。
愛情を注ぐものにはトコトン注ぎながら、新しい世界への好奇心も旺盛。
そして彼女は内面からどんどん磨かれていくんですね (*^_^*)

>素晴らしい記事をありがとうございました!

いえいえ、チョーさんのコメを読むと背筋が伸びます(笑)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】